« 歌と政治 | トップページ | 有意義な老後の過ごし方 »

2016年10月16日 (日)

魚のアラ煮

親が、幼い実の子を虐待して殺したり、河原に足や手や首がバラバラに捨てられていたり、の、ニュースが朝・昼・晩の食事時間にTVで報道される、
TV局報道関係者の神経はどうなっとるのだろう???

鉄パイプが解体中のマンションから落下し、下を歩いていた人の頭部を直撃し、被害者死亡、
火事があって、焼け跡から焼死体、どうやら身内の者の犯罪かもの報道、
どこそこの病院で入院患者の不審死が続いている、精神異常者による連続殺人か…

もうこんな事件がらみのニュースは見たくないですわ、
TVニュースの在り方を、見直すべきだと思いますなぁ~、
もっと他に報じるべき大切なニュースがあるだろう!!!

都道府県・市町村の、首長さんや議員さんらが、公費をだまし取っている、
政務活動費???
なんじゃそれ???
発覚して、しばらくは知らぬ存ぜぬを強弁する、が、証拠を突き付けられて辞職の構図、

日本社会は、他国に比べると平穏で安全な国だそうですね、
あぁ~そうですか、
すばらしいですなぁ~~~

昨日のこと、
例によって、わたし、愛犬・春子と、いつもの道を散歩していましたら…
幼い女の子が走ってきて、
「おじちゃん、(この子・犬に)触ってもいい???」と問うた、
「あぁ~、いいよ」と、わたし、
春子(愛犬)も、場を読んでニコニコ顔で小さな女の子にジャレつき、手や顔を舐めまくる、
女の子はキャキャ言いながら犬を触っている、

「おい、おい、これからどこかへ行く途中じゃなかったの??」と、わたし、
「○○ちゃんのところへ行くのよ」と、女の子、
「待たせるのはダメだよ、なん年生かな??」と、わたし
「3年生」と女の子、道に座り込んで春子とじゃれている、

座り込んだまま、女の子はわたしを見上げて言葉を継いだ、
「残念だけど、名前と家は言えないのよ、個人情報になるから…」
なんと、コレ、未だ小学校3年生の女の子の言葉ですぜ、
わたし、ビックリした、

実は、他にも「春子ちゃ~ん」と大きな声でわが家玄関先へやってくる子が居ましてね、
その都度、春子は玄関まですっ飛んで出るのですわ、
ソレを追って、わたしも外へ出ましてね、やってきた子が、帰るまで付き合います、
どこからやってきた子か、なんて名前か、わたしワッカラン、

「春子ちゃ~ん」は、バァサンの声だったりすることもある、
散歩中のバァサンが遠慮がちに声かけなさる、
と、鋭く声を聞きつけて春子はすっ飛んで出る、
この場合はかみさんが出る、わたしは室内待機、ベンチ要員って感じかな、

わたし、結構忙しく暮らしているのですぜ、

あぁ、最近は、食事時は、テレビは切っていますです、
バラバラ殺人ニュース観ながら、釣ってきた魚のアラ煮は食えんですわ、

|
|

« 歌と政治 | トップページ | 有意義な老後の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌と政治 | トップページ | 有意義な老後の過ごし方 »