« 曼珠沙華 | トップページ | 「書の世界」 »

2016年10月23日 (日)

「長崎物語」「湯島の白梅」

「長崎物語」

「湯島の白梅」

天性の拍子下手に加えて、ヤッパ歳だよなぁ~、集中力が続かない、
結果、どこかに油断が顔を出してヘマをする、
が、まぁエエことにしよう、
有料演奏しとるわけじゃない、波平我流の勝手吹き、

|
|

« 曼珠沙華 | トップページ | 「書の世界」 »

コメント

長崎物語の唄い出しの部分を聞いた時に、ちょっと違和感があって、確かめました。

「あかい~~~」と聞こえるのですが、何の根拠も無く、

「ああか~い~」の方が自然なように思えて・・・

でも、ユーチューブで原曲を聴いて見たら、
「あかい~~~」で正解でした。

勝手な先入観でした。イケませんね~・・・。

投稿: 河童爺 | 2016年10月24日 (月) 18時03分

河童さん

ありがとうございます、

わたしの間延び奏法は、ヤッパ根本的に間違っていますです、が、このことを自覚デケル段階にまでは達し得ていましてね、が、が、が・・・自覚レベルが上がるほどに、ワシャやっぱダメダ、の、落ち込みにもなってくる、

近々、また、某所からのボラン訪問要請に応じようと思って、貴兄を真似てカラオケバックに独自の奏法を試そうかと考えていましたが、断念し、素吹き対応することにしましたよ、

伴奏は、シャベクリ対応で代行です、
が、シャベクリが、わたし、これまた下手なのですよねぇ~、
でも、自分をごまかしたスタンスで対応すること、コレだけはデッタイしないつもりでしてね、

って、ことは・・・

下手丸出しの、素吹き、自分勝手なダジャレ付き、ボラン訪問ってこと、
進歩しないですなぁ~~~、

投稿: 波平 | 2016年10月25日 (火) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曼珠沙華 | トップページ | 「書の世界」 »