« 「偽・花祭り」 | トップページ | 南スーダンへ駆けつけ警護・自衛隊部隊を派遣する前に »

2016年11月21日 (月)

プッカン、プッカン

朴槿恵大統領は今や容疑者になったようですね(今朝の日経朝刊記事)、
国政介入疑惑について、韓国検察は「大統領も共謀」した、と、見ているようだ、

どうなっとるのや???
およそ、韓国内で生じるすべてに大統領は関わっている、大統領は責任がある、
…と、これが、絶大な権力を与えられた国の最高責任者・大統領でしょう、
国政介入疑惑について、大統領がかかわった疑いがある、なんて、倫理矛盾も甚だしい、

極論を言えば、韓国内で生じる悪質犯罪にも、大統領は深く責任を負うている、の、ですよね、国内の治安維持は大統領の責任です、国の最高責任者とはそういうことでしょうが!!!

韓国はある意味で“つぶれる”でしょうよ、こんなことでは…
で、やがて、いつかは、新たに生まれ変わった国になる、かも、かも…
どのような国に生まれ変わりますかね???
それは、朴槿恵氏のような人物は、最高権力者になれない国でしょうよ、
が、その前に、戒厳令とか、クーデターとかの、変な政体下の時期を経ることが必要かも、
いっそのこと、隣国に併合されたらどうでしょう、
北朝鮮とか、中国とかに…
日本は、ラブコールもらっても、求愛されてもイヤダ、北方領土は返還受けてもエエ、が、韓国は避けたほうがエエ、
“覆水盆に返らず”です、
なんのこっちゃ???
あぁ、太公望の言葉です、意味解説は遠慮しましょう、


さて、米国のトランプ氏、
A) 不動産王の名があるらしい、不動産業界からTPPを見ると…と、このプロファイリングが必要でしょうよ、
B) 日米同盟ですが、変化せざるを得ない、根底からの見直しが必要だ、“孫氏の兵法”の時代は終わった、と、言うことかな、
C) 領土・人種・宗教、これら人間社会の基盤が揺らぐと思う、どうなるのかワッカランので、世界中がトランプタワーを仰ぎ見ている、
D) 余分なことながら…豊洲市場ですが、不動産王トランプ氏ならどのような建物建てますかね??? トランプタワーの地下はどうなっとるのやろ???

 
昨日は、昼前から所在なくて港へでかけ、浮桟橋にモヤイ付けた愛艇に乗り込んで、プッカン、プッカンしてきた、
陸から⇒海へ、です、
異次元世界に入ったような気分になる、
わしゃ、桟橋にモヤイ付けた艇に乗っているだけで充分に嬉しいし、楽しい、
シィ~~アワセ、


|
|

« 「偽・花祭り」 | トップページ | 南スーダンへ駆けつけ警護・自衛隊部隊を派遣する前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「偽・花祭り」 | トップページ | 南スーダンへ駆けつけ警護・自衛隊部隊を派遣する前に »