« わしゃ、知ィ~~ら、ネェ~~~~ | トップページ | 今朝は、あまり寒くない、大丈夫 »

2016年11月11日 (金)

武満徹 Songs

明日12日(土)、三木市堀光美術館で武満徹Songを聴く催しがある、プロのピアニスト・ソプラノ歌手が演奏される、
入場料無料、ただし事前に予約券を頂戴しておくこと、
わたしは、早くから、予約申請し、予約券を頂戴しとる、

正直言うて…
わたし、武満徹の曲は、なんだかケッタイナ感じがあって好きじゃない、
が、非常に興味がある、
氏が、日本の音楽を必死に理解なさろうとしてイロイロ挑戦なさっとることは解る、
氏に協力された尺八家・横山勝也氏は尺八界の巨人だ、
横山氏は古典尺八本曲の大御所、氏が日本全国を回って採取された古典尺八本曲譜は、ホボ全巻友人から譲り受け、わたし、大切に宝物にして持っている、

今日は、朝から、明日のこの催しでの演奏曲をユーチューブ検査し、聴いています、
演歌感覚や、童謡唱歌感覚からは別の世界だ、違和感がある、音程狂いがあるような気がしてならん、要するに、曲が理解デケン、

明日の曲目ではないが、大きな曲に「ノヴェンバー・ステップス」がある、本格的フルオーケストラの中に、琵琶と尺八が参加した曲だ、
曲は五線譜で書かれているらしい、が、琵琶と尺八の部分は、シルシ的な図形化されたもので、演奏するに随分自由度の高い楽譜(?)になっとるらしい、拍子の有様も、間の取り方が、琵琶・尺八の間を生かした作りになっとるようだ、
楽譜実物を見てみたいですなぁ~、
大きな図書館・県立図書館でなら閲覧可能だろうか???

わたし、迷い迷いの中で、時折、ギターやその他の洋楽器と合奏を試みることがある、
その都度、洋楽器群が、五線譜の世界が、尺八本来の世界からは異質な世界だなぁ~と思う、

明日の“武満徹Songsを聴く”を楽しみにしている、
所詮は、ワッカラン、と、思うが、とにかく聴いてみニャけりゃ、さっぱりワッカラン、

|
|

« わしゃ、知ィ~~ら、ネェ~~~~ | トップページ | 今朝は、あまり寒くない、大丈夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わしゃ、知ィ~~ら、ネェ~~~~ | トップページ | 今朝は、あまり寒くない、大丈夫 »