« PPAP パイナポー・アッポーパイ・ウン!!! | トップページ | 戦争観が違うのだよなぁ~ »

2016年11月25日 (金)

わからんことだらけ

トランプ氏のことを、とんでもないオッサンだ、大統領にはふさわしくない男だ、
と、批判していた方々が、次々とトランプ政権要職に抜擢されてゆくようだ、
どうなっとるのや????

抜擢され、登用される方々は、現在は州知事であったりする、トランプ政権要職に就任となら、現職を例えば州知事を離れるのだと思うが、米国内は、この種の空いた席をめぐる後釜選挙戦でも始まっとるのかな、わっからんですなぁ~、

長女の夫のクシュナーって若い人が実はキーマンらしい、トランプ氏を操ている男だという、
ナヌ!!!
ユダヤ教徒???
親日家のウワサ高い超お綺麗な長女のイバンカさんも、結婚するにあたって、ユダヤ教徒に改宗なさっとるようだ、
イスラエルとどういう関係があるのだろう、
ナァ~ンも無いわけないよなぁ~、イスラム社会にもそれなりの強い思いがあるお方だと思う、
キリスト教が生まれる前の旧約聖書に根っこをおろした古い宗教がユダヤ教だと思うが、このユダヤ教からイスラム社会を観たらどう見えるのだろう???
トランプ氏はイスラム教徒の入国を禁止すると言うていますよね、この陰にユダヤ教徒の娘婿が居る、
オッソロシヤァ~~!!!
米国には「反縁故法」ってのがあって、身内は政府要職には就くことが禁止されとるらしい、
こんな壁は、トランプ氏は平気でぶっ壊すのでしょうなぁ~、オッソロシヤァ~~!!!

トランプタワー、スゴイ宮殿ですね、
氏は超金持ちで、何でも好き放題デケルのでしょうなぁ~、
金で買えないものはナァ~ンモない、専用自家用飛行機はセスナなんぞじゃない、巨大な旅客機ですぜ、ソレで米国中を飛びまくり、米国民の人心を自分の物にしてしもうた、金の威力を良く知る男だ、
が、金持ちほど金には汚いっていうじゃないですか、オッソロシヤァ~~!!!

トランプ氏のムチャクチャを、新しい社会基盤の再構築が始まったとか言うて、今まで長い歴史のなかで育て守ってきた価値観を見直そう、捨て去ろう、の、方向がチラチラ見えますよね、
“流れに棹させば流される”
で、流されまいとし始めている、
あぁ~、
この言葉の出自は夏目漱石「草枕」の出だしの文句ですわ、

正しくは…
「山路 ( やまみち ) を登りながら、こう考えた。 智 ( ち ) に働けば 角 ( かど ) が立つ。 情 ( じょう ) に 棹 ( さお ) させば流される。意地を 通 ( とお ) せば 窮屈 ( きゅうくつ ) だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画ができる…」

短編小説ではありません、長編と言うほどではないが、すごい小説です、
上に書き出した出だしの文句の中の、最後の“詩が生まれて、画ができる…”の、詩・画を⇒政治・政策に読み替えると、トランプ氏のメチャクチャ政治・政策が診得てくる、わたし、そんな気がしてならん、
要するに、氏は、遊んどるのです、
画を観たり、音楽聴いたり、芝居見物したり、の、気分で、娘婿や娘さんらと遊んでいる、
こんなことでエエはずはない、コンな気分(金持ちの遊び)の中で米国政治は動かされようとしている、
オッソロシヤァ~~!!!

あぁ、夏目漱石の小節「草枕」は、でんでんオッソロシイことないですよ、静かに澄み切った薫り高い小説です、
今日は、コレ読み返してみようと思っとる、わしゃ、夏目漱石全集は書棚に座らせとる、いつだって取り出して好き放題読むことがデケル、魚釣りもオモロイが小説の読み返しも時にはオモロイ、

こんなボログ、ダレが本気で読んだりするものか!!!
ダラダラ、書いたらこうなっただけ、
あぁ~バカバカしい!!!!

|
|

« PPAP パイナポー・アッポーパイ・ウン!!! | トップページ | 戦争観が違うのだよなぁ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PPAP パイナポー・アッポーパイ・ウン!!! | トップページ | 戦争観が違うのだよなぁ~ »