« 14~17 | トップページ | 19~22 »

2016年12月12日 (月)

18

18
ボブ・デユラン氏の友人がノーベル賞授賞式で歌ったのは「激しい雨が降る」って曲だそうな、
どんな曲や???
ネット探索で有料(2百円)のMIDIを見つけ、ダウンロード、
作曲ソフトへ取り込み、五線譜仕立てにし、コレから尺八用に編曲採取しようとしているが、非常にムツカシイ、
とてもじゃないがわたし・波平には荷が重すぎた、
2百円損した気分、無理してダウンロードしたのは間違いだった、

|
|

« 14~17 | トップページ | 19~22 »

コメント

無駄の無い人生なんて、有りえない。

無駄も又、楽しからずや。

そうじゃ無きゃ、生きていること自体が無駄になる様な。

大袈裟な! 

投稿: 河童爺 | 2016年12月12日 (月) 18時13分

大袈裟に言うと…
今まで生きてきた全てが“無駄”だった心地がしますわ、
全部が無駄だった、
そして今が在る、
が、
すぐに、“コノ・今”、も、⇒また“無駄”になる、

あぁ~“魚釣り”ですが、
無駄・無駄・無駄…時間の無駄使い
延々たる時間・無駄使いの中で
瞬間、竿先が魚信に震えることがある、

投稿: 波平 | 2016年12月13日 (火) 05時03分

ボブ・ディラン
中学生だった頃、オープンリールレコーダーにラジオから録音した音源を何度も何度も聞き、コード進行をコピーして5000円で買った中古クラッシックギターでそれらしく歌っていました。意外と簡単だったと記憶してます。
以前どなたかのコメントにありましたが、以後流行したフォークソングやエレキサウンドは尺八で演奏するにはノリが難しそうです。

「正信偈」読んでいると前のコメントに書きましたが、「念仏・和讃」が難しい。
が、これ、尺八で読むと実に簡単に坊主顔負けに演れる。

ポップス尺八っていうんですか。歌謡曲の尺八演奏がネットにもたくさんあり、なかにはいいなぁと思うのもありますが、私は声に自信があるのでマイク片手に楽しんでます(^_^;)

「般若心経」も中国やインド読みだと、尺八が実によく合う。
今度お寺で読経の尺八伴奏してみようかなぁーー
今までそんなこと一度も聞いたことないのですが、意外に面白いかも…    甚三郎

投稿: 甚三郎 | 2016年12月13日 (火) 10時58分

実は、ボブ・ディランの曲・楽譜集を図書館から借り出そうとしていましてね、
が、探しますが、兵庫県内の公立図書館にはナァ~ンも無いようです、
で、今日は、三ノ宮の、ジュンク堂まで出かけて探しました、在りました、が、高額で年金隠居には無理だ、

神戸市立図書館ですけれど、
ビックリしました、
音楽関係の本が非常に少ない、楽譜掲載の本はほとんど皆無に近い状態でした、

久しぶりに繁華街に出て、滅茶滅茶に疲れてしもうた、

「正信偈」なら読めばある程度意味がわかる、
が、真言宗のお経になると、意味不明でサッパリわからん、般若心経は、出だした確か双調でしたよね、

投稿: 波平 | 2016年12月13日 (火) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14~17 | トップページ | 19~22 »