« 真っ当な生きざま | トップページ | 良きにつけ悪しきにつけ »

2017年1月26日 (木)

「悲しき竹笛」

昔(終戦直後)、これが流行った頃、わたしは6歳だった、今、76歳になってコレを吹く、

1尺7寸・地無し延べ竹で吹いている、
師匠の江夏白龍師が、ご趣味の大型バイクで加古川の土手を竹材探して走りまくり、採取し、尺八に造った1品だ、
「アンタが吹くと鳴るなぁ~」と、言うて、持って行け、と、くださった、
まさに素竹、歌口もナイフで斜に切っただけ、

もうボランティア吹奏からは撤退した、
自分の楽しみで、手持ちの尺八譜を見直しがてら吹いて遊ぶだけ、
この譜もこの際だいぶ書き換えた、
上手下手には拘らない、

|
|

« 真っ当な生きざま | トップページ | 良きにつけ悪しきにつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真っ当な生きざま | トップページ | 良きにつけ悪しきにつけ »