« 土手脇の肥溜 ・「シューベルトのセレナーデ」 | トップページ | 嬉しいこと、疑問に思うこと、困ること、 »

2017年3月15日 (水)

ハシゴ酒

現役サラリーマンだった頃、帰宅途中、JP三ノ宮駅~同元町駅の立ち飲み屋で、たびたび安酒をひっかけハシゴ酒などした、

ふと思う、最近は、歌(曲)のハシゴをしている、と…
自宅仏間に迷い入って、脳裏に浮かび出た曲をハシゴする、仏壇のご先祖様らには、さぞ迷惑なことだろう

昨日は、「シューベルトのセレナーデ」にハシゴった、
今日は、コンチネンタル・タンゴ「小雨降る径」にハシゴろうかと思う、

思う、
ひょっとしたら、歌(曲)をとおして、人間の心の動きを、探り訪ねているのかも、
また、思う、
心の動き、それって、波平はもう歳で、錆びて、鈍ってきているのに…と、

歌(曲)には、イロイロなジャンルがある、
今までは、ただ、なんとなく聴いていた歌や曲…
その気になって、訪ねると、どれもこれも、違った趣をもって聴こえてくる…
老いた心には、ってことなのだが…
若かった頃、もしコレを深聴きしていたら、自分の心は今頃どうなっとったのだろう、
歌(曲)を聴き、尺八でなぞり吹く老いのハシゴ酒、

タンゴは、アルゼンチンが本場だ、
ヨーロッパに広がってコンチネンタル・タンゴが生まれた、
わしゃ、倍賞千恵子さんが歌う日本の叙情歌(唄)が大好きなヅヅイ、タンゴの世界には、いまいち馴染まない、
「ラ・クンパルシータ」(アルゼンチンタンゴ)は好きじゃない、
が、「小雨降る径」(コンチネンタル・タンゴ)には少し心通うところがある、コンチ…には他にも「小さな喫茶店」や「夜のタンゴ」などがある、


新聞やTVやネットのニュース、
 米国国務長官が今日来日するらしい、ひょっとしたら、北朝鮮への武力行使の根回しかもと思う、が、稲田防衛大臣は自分を守るに汲々たる状況だ、どうするのや???
 東芝が潰れかかっている、
 小池劇場が大団円を迎えつつある、
 韓国は混乱が続きそうだ、大統領は後年必ず逮捕され国民総スカンのなか命を落とす羽目になる、なのに、なりたがる変な者らが居る、
 今日は、トルコ関連ニュースがヒットしないなぁ~、
 ネット情報にコレから先は有料、の、サイン、わしゃ、タダ分だけで充分、

今日は3月15日、
明日は16日、明後日は17日…
尺八吹いていたら、かならず、こうなってくるはずだ!!!

|
|

« 土手脇の肥溜 ・「シューベルトのセレナーデ」 | トップページ | 嬉しいこと、疑問に思うこと、困ること、 »

コメント

初めまして
釣り吉ということで、親近感を抱き、誠に勝手ながら
宜しければ、アドバイスして頂きたいのです
尺八を手に入れ、一週間自己流で吹いています
ドの音が出せません
本には、あごを引いて(レの運指)吹くとありますが、
どうしても出せません
なにか、コツとかあれば、ご教授して頂けないでしょうか


投稿: kouyuuzenn | 2017年3月15日 (水) 08時12分

>尺八を手に入れ、一週間自己流で吹いています

エエツ!!!
豪傑ですなぁ~~、

わたしで、お役に立つようなら、ナンボでもアドバイスしますが、もうすこし、状況を教えてほしいです、
尺八をいきなりドレミで吹こうとなさっとるの???

投稿: 波平 | 2017年3月16日 (木) 18時36分

ドレミ音楽出版社「やさしい尺八入門」広瀬一憧 著
を購入したのですが、尺八を吹いてる者でも、ドの音は難しいとの事
甲の音さえ、私には、難しい状況ですが、
「唇を少し絞めるように」の一言だけです
やさしい尺八入門は、わたしには、とても手強いです

神戸塩屋で釣りに明け暮れております
現在は、ワカメを採ったり、ヒガンフグ(フグ免許有)を釣ったりです
釣りは、ルアー全般、落とし込み石鯛、のべ竿のメバル釣り等、
以前は、スピア―フィッシングもしておりましたが
保安庁がうるさいので・・・
ボートは手漕ぎボートで悪戦苦闘
昨年は、手漕ぎボートでナブラ打ちして、肩を痛めてしまいました 
なので、クルーザーでの釣り、うらやましい限りです

投稿: kouyuuzenn | 2017年3月16日 (木) 20時46分

”ドの音”とは、ハ長調譜の下第1線のことですか???
これを、1尺8寸で吹く際は、尺八の音穴を全て塞ぎ、メッて吹きますが、このことですか???
尺八譜では”「ロ」の大メリ音”になりますがこのことですか???
この音を正しくキッチリ吹くことは、余程の名人でも難しいのですよ、

もし、貴兄が、初心者のお方であれば、コレは吹けない音だと諦めたほうがエエです、
潜りをおやりになる、未だお若いお方でしょうか???
もし、五線譜をお読みになれるなら、移調して、吹き得る律まで上げて吹くようにすべきですよ、

言葉ではなかなか、吹くコツなんぞは、説明するの難しいです、

ヒガンフグとは、腹がザラザラのフグを言うておられるんかな???
コレは、ショウサイフグより毒が強く危険度が高いですよ、わたしは、腹ツルツルのショウサイフグしか釣りません、

投稿: 波平 | 2017年3月16日 (木) 21時19分

ありがとうございます
年齢は、今年、58歳です
ヒガンフグは、かなり太ったフグですね 

ロの大メリ、吹けないものなのですね
練習曲をチェックしてみましたが、なるほど、使われてなかったです
最後に、もう一つだけご教授頂けないでしょうか
甲の音、本では「唇を少し絞めるように」とだけ解説
簡単に吹けないのですが、何かコツなどあるのでしょうか
みなさん、最初から吹けたのでしょうか

投稿: kouyuuzenn | 2017年3月16日 (木) 21時47分

フグの呼び名は、所によって微妙に呼び分けますよね、毒の在り様も、海域によって差があるようだ、腹がザラザラのは、塩屋沖のデモ、ヤバイと思いますよ、

わたし、単なるド素人尺八吹きですのでね…
貴兄、ひょっとしたら、ナニか洋楽器を触られているんのかな???
五線譜楽理にお詳しいのではないの???

今、私は「北国の慕情」って曲を、五線譜楽譜から、尺八譜へ直し採る作業をやっとりますが、五線譜楽譜では下第2線~上第2線までオタマジャクシが躍っていますわ、
既に貴兄お気付きのように、尺八では下第1線が吹きつらいのですよね、
で、私は、譜全体を1オクターブ上げて、尺八譜へ直し採っているところです、が、コレでは上は第5線までしか吹き得ない、で、この辺りは、ゴマカシでオクターブ調整を解除します、

貴兄、MIDIフアイルを読み取れますか???
読み取れたラ、読み取りソフト上で、適宜移調が可能だ、単にオクターブ調整するだけではなく、当然ながら、まず、移調を試みますですよ、

あぁ、わたし、以前塩屋に住んでいました、塩屋の海でよく遊んでいましたよ、

甲音の吹き方でしたね、
稽古して要領を得るしか無いですなぁ~、
尺八を常の楽器と同じような感覚で触ろうとしてもナカナカ上手くいかんですよ、

投稿: 波平 | 2017年3月17日 (金) 05時45分


稽古して要領を得るしかない>これが答えですね

師匠のように(一方的で済みません)好きな曲が吹けるよう努力したいと思います
できないながらも、すっきりとした気分です
本当にお世話になりました 

投稿: kouyuuzenn | 2017年3月17日 (金) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土手脇の肥溜 ・「シューベルトのセレナーデ」 | トップページ | 嬉しいこと、疑問に思うこと、困ること、 »