« 「I Will Always Love You」 | トップページ | 七つも穴があれば、天地を見渡すに十分だ »

2017年3月31日 (金)

気儘の突き当たりに住まっています

隠居のヒマヒマ時間は、油断ならんのです、ボヤ~とナァ~ンもしないで寝てばかりいたら、すぐに“廃用性認知症”に↘落ち込んでしまう、
あぁ~、“廃用性認知症”ですが…
こんな言葉があるのかないのか、思い付きで言うてみたのだが、気になって調べてみたら、シッカリありますなぁ~~~、ビックリだ、

と、いうことで…
次はビートルズの曲で気に入ったのを、数曲、尺八で吹いてみようかと思う、
わたし、23・4・5・6歳のころ、三曲合奏(箏・三絃・尺八による、地歌合奏)に凝っていて、三絃師匠のところへ四六時中通っていました、
師匠宅の2階が稽古場で、二階部屋の南側廊下から垂水の砂浜が見えました、広がっていました、真夏になると、ここに海水浴場がデケテ、海水浴客目当ての海の家が建てられた、
この“海の家”で、若い衆らが、気ままな合奏を楽しんでいた、なかに、上手な者らの集まりがあって、ビートルズの当時売り出し中の曲をガンガンやっとった、

師匠宅へ尺八合奏に行きますとね、部屋の戸を閉め切って、海の家からの雑音を遮断して三曲合奏の稽古をしますが、時々、師匠(すでにご高齢のバァチャンでいらした)が「波平さん、今日は、コレを聴きましょう」と言うて、海辺側の戸を全開にし、素人合奏団がかき鳴らすビートルズを聴いたりしとった、

あぁ、ジョン・レノンと、リンゴスターは1940年の生まれだ、わたし、も、1940年生まれ、後の二人は1942・3年の生まれ、ですわ、
わたしと同い年のイギリス人がこんな曲をやっとるのかぁ~、と、三絃師匠と二人で二階から聴いていたのだった、
コノ頃のことを思い出しましてね、すこし、ビートルズをたどってみたくなった、

ユーチューブでビートルズを検索し、ヒットした曲を片端から聴いています、
この中で、オモロイナァ~と思うのを数曲尺八譜に採って吹いてみようかと思う、
まず最初は、「Hey Jude」を採ってみよう、
採れたら、稽古して、また、ココにアップしてみようかと思うけれど、いつになるかワカッラン、
アッハッハ、わしゃ、気儘の突き当たりに住まっているのだ、

|
|

« 「I Will Always Love You」 | トップページ | 七つも穴があれば、天地を見渡すに十分だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「I Will Always Love You」 | トップページ | 七つも穴があれば、天地を見渡すに十分だ »