« 歯と、国際問題、 | トップページ | ”四季” 補足 »

2017年3月 3日 (金)

この国にも四季はある、コレ、間違いない

坂上忍さんのバラエティ番組で“日本の四季”について語られたのがキッカケになって、“日本の四季”は他の国には無い特別なもの、か、どうか、の、議論になってきたようだ、

わたしは、わが国の四季感覚は、他国のそれとはだいぶ違う特別なものだと思います、
四季感覚は他の国にもある、これは確かだ、
しかし、わが国の四季感覚と比較すると、だいぶ、緩やかで、あるいは逆に激しすぎたりして、早い話が、俳句の季語的な感覚には馴染まないのではと思う、

日本の四季感覚は、ある種・精細すぎて、他の国の方々には理解が難しいような気がする、

と、思いつつ…

実は、今、ベートベンの交響曲第6番「田園」をユーチューブで聴いていましてね、
エエですなぁ~、
44分23秒の曲らしい、今、15分辺りを聴いている、

コレ聴く前に、すでにビバルディの「四季」の「春」を聴きました、10分強ありました、

チャイコフスキーにも「四季」って曲がありますな、
少し聴いてみました、あとで、ユックリ、シッカリ聴いてみようと思う、コレ、ロシアの「四季」の曲ですわ、

シャンソンはフランスの曲、ヤッパ、四季感覚はありますよね、「枯葉」なんぞがある、四季感覚を歌った歌は多い、

日本の四季感覚は他国のそれとは違った、趣深い物だろうとは思う、が、他国の四季感覚をケナシタりは間違っとる、
日本人には理解の届かない四季感覚があるってことを知らないとダメダ、

トランプ氏にも、彼なりの四季感覚がある、
北朝鮮にも四季はあり、それなりの趣があって、人間が住んでいる、
北朝鮮の四季の唄ってどんな曲なのだろう???
ネット検索したが、ワッカラン、体制賛美の唄は聴きたくない、が、この国にも四季はある、コレ、間違いない、

|
|

« 歯と、国際問題、 | トップページ | ”四季” 補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯と、国際問題、 | トップページ | ”四季” 補足 »