« ぜんぶ冗談ですよ | トップページ | タコ釣りに出る暇もない »

2017年6月22日 (木)

稽古場は自宅和室仏壇前

久しぶりに父母と会った、夢のなかでのことだ、
父は完全にボケていた、母は大丈夫だと思って話しかけたがダメダこりゃ、

起きてトイレに立って…寝なおそうと思ったが、そのまま起きた、又、あの夢の続きを見るのはイヤだ、午前2時前、

阪神淡路大震災の時、父母は神戸に住んでいた、
駆けつけた、
以下は夢ではない、現実の話、

家の前にご近所の方々が集まっておられた、
地震発生は午前5時46分だ、大騒ぎの中、わが家・父母の姿が見えないことにご近所の方々が気付き、玄関を叩くが反応がない、玄関鍵を壊して中の様子を確かめようとの相談真っ最中だった、
わたし、合鍵を使って中に入る、
と、二人は布団の中だった、ドキッ!! 
“死んでいる”、
が、父母は目覚めて、何事かと、びっくり顔、
二人は地震にも気づかず寝ていたのだった、

わたしは、父・母のボケ具合を読み間違っていたようだ、見方が変わり、父母を三木のわが家へ連れ帰ったのだった、
父はこの年の秋にあの世へ旅立っている、
母もすでにあの世住まいだ、

わたしと、かみさんは、当時の父母の年齢に近づいた、
互いにボケ始めたことを自覚していて、ボケを責めあうことはしていない、
続けてきた尺八吹奏ボランティアは、もうやめているが、自分の“ボケの管理不安”が最大原因だ、
約束のボラン訪問日に出かけて、訪問約束日が違っていたことが数度ある、
訪問し、会場に入り、さて、吹奏を始めようとして、尺八持参を忘れていたことが2度ある、

実は、明日は、久々の、尺八ボラン訪問の日になっている、
民営の大きな某・総合病院へ出かける、
このことがあっての、今朝の夢だった、と、思う、
尺八稽古は、自宅和室を締め切った仏壇前だぜ!!!

|
|

« ぜんぶ冗談ですよ | トップページ | タコ釣りに出る暇もない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぜんぶ冗談ですよ | トップページ | タコ釣りに出る暇もない »