« 衛藤公雄作曲で「湧き出づる力」というのがある | トップページ | あぁ~我が人生 »

2017年7月17日 (月)

まさか!!!!

またまたグチ・グチと愚痴りますが…

“バカにつける薬はない”って、言いますよね、
おなじように…
“ジジイ”に、つける薬はない!!!

自分では、気力も、体力も、それなりに、今しばらくは大丈夫かと思っとる、
が、コレって、かなり疑問なのですよね、

沖へ出て魚釣りするのは、自分の健康法のひとつだって思っとる、疲れたりしない、逆に、疲れが取れて元気になる、と、思っとる、
コレ、きっとウソですよね、

沖へ出る都度、“事故”と、言うほどのことでもないが,なんか、思わぬシクジリがある、
事故モドキのシクジリ頻度が半端じゃなくなってきた、
先月は、艇のアンカー(錨)を海へ落とし失った、
アンカー・ロープの劣化を見落としていたのが原因です、千切れ残ったロープを点検したら、いつ千切れても不思議じゃない状態になっとった、

タコ釣りする際は、艇から、太長く重たいチエーンを海底へ投入し、海底を曳きづって、艇が潮に流されるのを、抑え調整するのですが…
このアンカー・チエーンも、失ってしまった、
チエーンに結んでいるロープの末端を、艇にくくりつけおくのを、ついうっかり忘れとった、
チエーンを投入したら、尻手ロープごと全部・すべてが、アッという間に、海の中に吸い込まれてしもうた、

小さな艇での沖釣りはけっこう疲れるのです、体力が必要です、が、60年間以上も、コレやっとるので、慣れで、習慣で、いつもの癖で、コトを済ませるのです、これで油断事故が生じなければ変ですよね、

昨日は、ゆりたろう(未だ50代)と二人で出ました、
彼が同船してくれると、まず、大丈夫です、
わたしは疲れてしまったが、彼は、セッセ・セッセ釣りまくって、釣ったタコ・タコの重みで艇が沈没するかと思った、ビックリするほど仰山釣ったってことですわ、
巨大なタコも釣ったですよ、ソヤツを釣り上げたら、播磨灘の水位がドボッと下がったよ、
ホントですよ、
まさか!!!!

|
|

« 衛藤公雄作曲で「湧き出づる力」というのがある | トップページ | あぁ~我が人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衛藤公雄作曲で「湧き出づる力」というのがある | トップページ | あぁ~我が人生 »