« 「エーデルワイス」 | トップページ | 目覚めて、この世住まいが申し訳ないような… »

2017年8月13日 (日)

「シエナンドー」

19世紀、西部開拓民はミヅリー河を超えて西へ向かった、
で、曲の別名を、「広大なミズーリ川を越えて」(Across the Wide Misouri)とも呼ばれている、と、ウィキペディアにあった、シエナンドーは先住民の娘の名らしい、

コレ、先の曲「エーデルワイス」同様、考坊氏の調整五線譜を吹かせていただいた、1か所だけ、わたしの勝手で触っている、

地区老人会の例会が来週16日にある、
わたし、合同老人会芸能大会で尺八吹くことになっとる、
その前に、所属老人会のこの16日月例会で、吹奏曲を披露しようかと思う、
実は、どれを吹こうか迷っていたのですわ、
この曲に、今、決めました、

|
|

« 「エーデルワイス」 | トップページ | 目覚めて、この世住まいが申し訳ないような… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エーデルワイス」 | トップページ | 目覚めて、この世住まいが申し訳ないような… »