« 昨夜も寝苦しい夜だった、 | トップページ | 「人生の並木道」 »

2017年8月22日 (火)

音楽文化と図書の関係についてひと言、

音楽文化と、図書館の関係だが、どうなとるのだろう???
音楽が軽んじられているような気がしてならん、
音楽関係書籍の所蔵をあえて避けているみたい、

音楽書籍の中心は“楽譜”だ、
コピー機で、簡単に幾枚でも複写が可能、
著作権侵害!!!
だから、楽譜を所蔵しないの???

そうじゃない!!!
わが国は音楽文化を軽んじている!!!


図書館に楽譜掲載図書は原則として置かないの???
コレって変じゃないか!!!
こういう原則の自治体図書館が現にあるのですよね、
わたしの住む三木市の図書館には、ほんのすこしですが、楽譜掲載書籍が閲覧棚にならんでいます、
書棚の前に立つと、首を上下左右に振ることなく、書籍全部が視野に入ってしまう程度ですけどね、

東京へ行きたいなぁ~~~
東京・上野には東京文化会館がある、“音楽資料室”がある、ココ、わが国最大の音楽(文化)図書館かも、
が、都民だけが対象の“音楽資料室”だ、
わたし、三木市立図書館経由でココに楽譜の館外貸し出しをお願いした、が、断られてしもうた、

わが国は、音楽文化を、もっと大切にするべきだと思う、
図書館には楽譜所蔵があってしかるべきかと思う、
著作権が侵害されるとなら、音楽関係者に別枠の手立てを考えたらエエ、
もうすこし言うなら、
図書館には音楽ホールを併設すべきだ、小さいのでエエ、


さて、以下は余談、
「さよならの夏」を尺八で吹いてみようと思ったのですわ、
もうそろそろ夏も終わりですよね、
だから…
実は、この曲、尺八では吹き辛い曲ですぜ、
専門用語になりますが、
 大メリの「ロ」の乙音
 {レ}の半音や、「ツ」「ハ」のメリ音も多い、
移調しまくり、わたしにでも吹けそうな尺八譜に調整したのでした、

「さよならの夏」

隠居には似つかわしくない曲だよなぁ~~~
吹き辛いはずだ!!!

|
|

« 昨夜も寝苦しい夜だった、 | トップページ | 「人生の並木道」 »

コメント

誰でも自由に楽譜を見たり、耳コピーしたりして楽しむことが出来ないと、歌が世の中に広まり難いので、音楽全体が発展しないのではないかと思うし、
それでは著作者の生活はやって行けないから、著作物にはお金を払って当然だとも思うし、その為の著作権保護が、音楽の発展を阻害しているとも思うし・・・

何の為の音楽なのか? 
如何あるべきなのか?

答が出ないような・・・?

投稿: 河童爺 | 2017年8月22日 (火) 10時52分

年金生活ヅヅイには、楽譜の購入は無理ですわ、
図書館で楽譜管理してもらって、タダで閲覧させていただける仕組みがほしいです、

既に多数の楽譜集が刊行されていますよね、
が、図書館の多くは、これを図書として備えることに積極的ではない、これが難儀、

投稿: 波平 | 2017年8月22日 (火) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨夜も寝苦しい夜だった、 | トップページ | 「人生の並木道」 »