« 「人生の並木道」 | トップページ | 「中国地方の子守歌」 »

2017年8月23日 (水)

「からたちの花」

北原白秋と山田耕筰は、大正2年に「詩と音楽」という冊子を創刊し関東大震災で廃刊までの間に13冊出している、
廃刊に至った事情は定かでないが、この曲「カラタチの花」は廃刊後の作である、二人の交友は廃刊後も変わらなかったようだ、

山田耕筰は苦学の人だった、
幼い頃、カラタチの花の垣根のもとにへたり込み、泣きながら腹の足しに黄色く酸っぱいその実を食べたことがあったらしい、
この話を北原白秋にして、白秋は詩に創った、
詩を観て山田耕筰はたった5分でこの曲を作曲したとある、

出だしは4分3拍子、3小節目から4分2拍子、8小節目に4分3に戻り、以下、幾度も頻繁に拍子が変わる、単純ながら極めて奥深い曲だ、半端な心地では吹奏デケン、

“詩と音楽”かぁ~~、
またまた、図書館へ出かける用事がデケタ、
創刊号からの全巻を読んでみたい、
三木市立図書館に所蔵されているとは思えない、
読んでみたい!!!

余談ながら…
わしゃダラダラ文なら、なんぼでも書き散らす、
が、詩作は逆立ちしてもダメ、書けない、
詩作デケルような澄んだ心は持っとらん、
アッハッハ、言うまでもないことだった、

|
|

« 「人生の並木道」 | トップページ | 「中国地方の子守歌」 »

コメント

ホント難しい曲ですね~!!!

伴奏の音源を聴いても、サッパリワッカラン!です。


ところで、今朝は、ボケ老人の携帯に、ヤフーカスタマーセンターを名乗る詐欺メールらしきものが突然着信して、

「何とかの料金が未払いなので、今日中に連絡しないと法的処置を取ります。」なんて脅し文句が書いてあって、狼狽えましたが、
ネットで調べたら、同様の詐欺メールが増えているそうで、メールを削除することで対応しましたが、貧乏老人をカモにするなんて、暮らし難い世の中になってしまったもんです。

投稿: 河童爺 | 2017年8月23日 (水) 11時25分

詐欺メールですか!!!

わたしも、脅されましたよ、
ウロタエますよねぇ~、
が、変だ、と、気が付きましてね、難を逃れました、

あぁ~、「詩と音楽」ですが、復刻版があるそうな、
復刻版の別冊もあって、パソコンで閲覧がでけました、
いっきに読みました、
コレです、
http://deutsch.c.u-tokyo.ac.jp/~Gottschewski/semi/2014/sitoongaku/kaisetsu.pdf
非常に面白かったです、
こんなのを、時間気にせず読めるなんて隠居業も捨てたもんじゃないですな、
復刻版の閲覧は、これから図書館と相談してみます、

投稿: 波平 | 2017年8月23日 (水) 13時01分

「詩と音楽」の復刻版ですが、

所蔵する図書館を探してみましたが、大阪市立図書館にあるようですな、が、閲覧するには、そこまで出かけなければならんと思う、オシッコの近い老人には無理な旅になる、閲覧すること、あきらめました、
わしゃ、思い入れも深いけれど、あきらめるのも早い、

北原白秋ドンですが…
やたら、”散文”を軽んじているような気がする、
が、わたしは、散文は詩情を丸ごと呑み込む力があると思っとる、このあたり、ホントのところ、どうなのでしょうなぁ~~、

投稿: 波平 | 2017年8月23日 (水) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人生の並木道」 | トップページ | 「中国地方の子守歌」 »