« 「モルダウ スメタナ」 | トップページ | 仏間のホトケ様方も、ナンジャコレ??? »

2017年8月16日 (水)

陛下は祭壇中央の標柱を見つめられ、しばし動かれなかったようだ、

まだ若かったころ、何かに憑かれたように、乱読・乱読の日々を送っていたことがある、
乱読に柳田国男や折口信夫や福田恒存などなどもあった、やたら速読で全集を買い込んでシャニムニ読んでいたが、大半はもう覚えていない、遥か何十年も昔の話だ、

今朝の日経1面“春秋”に柳田国男の「先祖の話」のことが載っていた、
「人が死ぬと霊は…」
の、話の中で柳田国男は、こう呼びかけている、と、ある、
「子をなさず戦死した若者を新たにわたしたちの先祖に迎え彼らとともに戦後社会を再建しよう、…と」

確かめてみようと、書棚を調べたが、この話はちくま文庫第13巻にあるようだが、我が書架にはなかった、
折口信夫や福田恒存などは全集欠かさず未だに置いてある、が、記憶の中でも、柳田国男の全集を買い込んだ覚えはない、バラバラ読んでいて、改めて全集を買い込むのが無駄に思えたのだろうと思う、ちなみに書棚の柳田国男全集第1巻は定価1130円だった、全32巻だから、当時全集を買い込めば3万円弱だったろうと思う、買っておけばよかった、が、もうそんな余力も知力もない、

第13巻だけでもしっかり読んでみたい、
三木市は田舎だが市営図書館はある、
きっと所蔵してあると思う、10時会館だ、出掛けてみるつもりだ、

昨日は日本武道館で全国戦没者追悼式があった、陛下がお言葉を述べられた、
お言葉を読んでみた、
陛下は祭壇中央の標柱を見つめられ、しばし動かれなかったようだ、

北朝鮮がまたミサイル発射の構えだ、
北は、脅しをかけて、米側の反応を見つめているらしい、
話しの落としどころを想う、
 米国本土到達の大型ミサイルの保有は承認しない
 が、中小型ミサイル保有だけなら認めようの、
あたりで手打ちになりそうだ、の、見方があるようだ、

これで、手打ちなら、日米安保はどうなるのだろう???
いわゆる“核の傘”は、なくなることになるが…

あらためて思う、
米国は、わが国に、2発も原発を打ち込んだ国だった、

|
|

« 「モルダウ スメタナ」 | トップページ | 仏間のホトケ様方も、ナンジャコレ??? »

コメント

三木市立図書館には、“ちくま文庫”は所蔵されていなかった、が、筑摩書房刊「定本・柳田国男集」全31巻・別巻5巻があり、この第10巻に「先祖の話」の稿があった、見開きB5版76頁の大論文だった、全文に目を通したが“春秋”欄に記載されている文意に似た著述はあるが、同じ記述はなかった、柳田国男氏の著書は非常に多い、氏の書作のどこかに春秋欄に掲載の文があるのだろうと思うが、ひょっとしたら、春秋コラム記載氏が、終戦記念日と盆をくっつけて、1文を起こされたような気がする、

投稿: 波平 | 2017年8月16日 (水) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「モルダウ スメタナ」 | トップページ | 仏間のホトケ様方も、ナンジャコレ??? »