« ブラック・ユーモア | トップページ | 「うまれてきてくれてありがとう」 »

2017年9月24日 (日)

野暮用以前のもっとつまらんことバッカ、

安室奈美恵さんが1年後に引退なさるとか、
が、わたし、彼女の曲で、知っているのはナァ~ンも無い、
まったく知らない、
研究(?)のため、1曲、尺八譜に採取して吹いてみたいと、と、思いはするが、どの曲を選んだらエエのかワッカラン、

今朝の日経朝刊最終紙面「私の履歴書」に、今月は音楽評論家の“湯川れい子”さんが執筆中だ、今日・9月24日(日)掲載に記事には㉓の番号が振ってある、昨日書かれた原稿ってことかな、
なかに、以下のような言葉があった、

「…拳を振り上げる歌があってもいい、でも、言葉を超えて人の心に響くものが本当の音楽ではなかったのか、音楽と言うものは『あぁ、すてき!!』という毛穴感覚から始まり、好きだから聴く、そう信じてきたのに世間はそれを許さない…云々」

いやぁ~、まったくそのとおり!!!
わたしも、彼女と、おなじ気持ちだ、

彼女の安室奈美恵さんの歌への想い・評価が知りたくて探ってみた、
が、判らない、
で、湯川さんのツウィターを読み込んだりしている、
世の中には、すごいお方が居られるなぁ~、の、思いにまたまた突き当たった、


あぁ~、昨日は昼から、短時間(2時間半)だったが沖へ釣りに出た、
潮満がよかったので、5号ハリスでツバスを狙った、が、すぐにブチ切られる、10号ハリスに変えてハマチを3本獲った、これ以上釣っても処分に困る、すぐに港へ引き返した、港を出て1マイル足らずの近場だ、ベタ凪だった、
次回の釣り行きは来月になりそう、
隠居業(?)もそれなりにアレコレあって気儘な時間はありそうで意外と少ない、
野暮用があってのことではない、野暮用以前のもっとつまらんことバッカ、

|
|

« ブラック・ユーモア | トップページ | 「うまれてきてくれてありがとう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラック・ユーモア | トップページ | 「うまれてきてくれてありがとう」 »