« わしゃ、もうヘトヘト | トップページ | 「青い山脈」 »

2017年9月 6日 (水)

あぁ~果たせない夢

昨日のボログ(「わしゃモウヘトヘト」)ですけれど…

艇のすぐ脇まで引き寄せて、タモを取り出し、エイの頭に当ててみたのだった、エイの大きさを計ろうと…
わたしの身長は177㎝です、両手を広げると、ほぼ身長ほどある、エイはわたしが両手を広げても、左右のヒレの巾には足らない、尾を観ると、すっごく太く、長い、竿のようだった、もうコレ以上キャツにかかわるのは危険だと思い、ドラッグを締め、竿を直に伸ばして引っ張ったら、簡単にハリスが切れた、

播磨灘にはこんな大きなエイが居るのですよね、
エイは水中からいきなり飛び上がる習性がある、“空を飛ぶ”ように見える、全身宙に舞います、
艇の近くでいきなり飛び上がられたら肝がつぶれます、

“フィシャーマンズ・トーク”と言うて、釣り人の話は、とにかく大仰すぎる、確かにそのきらいはある、
が、ホントの話です、

さて、今朝も早起き、深夜2時起床、
GREEEEN(日本の現役4人組・音楽グループ)の曲をユーチューブでアレコレ聴き漁っています、
わたし、以前は、この種の音楽には興味がなかった、
が、いつの間にか、ごく自然に聴けるようになっとる、
実は、彼らの曲群の中から、“チンドン曲”に取り上げ得るのはドレだろう、と、探っている、

“チンドン屋”の定番は「美しき天然」だ、と、この他にも、タケス(「竹に雀」)とか、「四丁目」などがある、
“チンドン・バ-ジョン”を作ってみようかと思いましてね、既に11曲作成(?)しました、
作成と言うても、新規に作曲と言うことじゃない、ありきたりの曲を、街でチンドン太鼓と共に演奏する、と、したら…の、思いの中で、見直しているってこと、コレも隠居遊びです、
チンドン屋は街に溶け込める曲を演奏せなアカン、それなら、GREEEENの曲も加えるべきだ、
と、いうわけです、

わたし、“チンドン太鼓セット”が欲しいなぁ~、と、思っとる、ネット検索では、約20万円、高い、高額だ!!!
あぁ~果たせない夢、

この歳になって、こんなものに夢を観るなんて、思ってもみなかったなぁ~~~、


追記
”言うは易く行うは難し”を只今、身をもって実感中、
どの曲も、尺八でチンドン風に吹くには難儀・難儀、
で、少し方向を変えて、他の曲を模索し、「ここにいるよ」をチンドン風に尺八譜へ採取しようとしています、
が、コレも、尺八で吹くには無理難題の曲、作業は続けていますが、所詮ダメ、撤退は間違いない、
ワシャ、なに、やっとるのだろう???

追記 2
「ここにいるよ」採譜完了、試し吹いて、即、匙投げ、
コレを尺八でチンドン吹きするなんて不可能、
チンドン囃子の原点を探します、

|

« わしゃ、もうヘトヘト | トップページ | 「青い山脈」 »

コメント

10年位、爺さんのブログでお世話になっています。(気分転換に)

フィシャマンズトーク。自分の釣果の後にこれは、すばらしいです。
 
似たような話に、

釣果の話を聞くときには、釣り人の両手を縛ってからにしろ。

釣り人の時世には、「過去と未来があって、現在は無い」

があります。

好きです、こういうの。

投稿: やまもとひろみ | 2017年9月 6日 (水) 13時53分

ひろみドン

アッハッハ、貴兄、波平の心を読んでいなさるな!!!

投稿: 波平 | 2017年9月 6日 (水) 15時07分

爺殿

三木には、今春まで娘がいて何回も行ってます。
時間が合えば、一緒に魚釣りしたいですわ。釣れても釣れなくても面白いでしょうね。

投稿: やまもとひろみ | 2017年9月 6日 (水) 16時41分

おやおや、そうでしたか!!!

月刊雑誌に「ボート倶楽部」ってのがあります、
たまたま10月号が昨日発売になり、今日、わたしの手元にも届けてくれました、
この、28・29頁に、わたしのことが掲載されていて、魚釣りの様子が写真などですぐにわかります、もし、よろしかったら本屋で立ち読みなどなさってみてください、
が、最近は時間が取れなくて、めったに沖へは出ていない、出てもごく短時間ですわ、

投稿: 波平 | 2017年9月 6日 (水) 17時15分

爺様、おはようございます。
山陰の田舎ですので、本の方手配して読んでみます。

しかし、今年の日本海はおかしいですよ。梅雨位から北や東の風がかかりおまけに水温が高いんです。魚が深いところに行ってしまって釣れるべきものが釣れない。昔は舟持ってたんですが、今は乗せてもらう方。今年は、全然お呼びがかかりません。

僕は、爺様のブログを読んでいますから爺様像が判るが、爺様は、僕を知らないので不利ですよね。時たまコメント入れますので、自己判断で春先にメバルでも釣りに連れて行ってください。

投稿: やまもとひろみ | 2017年9月 7日 (木) 07時18分

わたしは幼いころ山陰・柴山で育った、
本籍もココですわ、そして心の故郷もココ、

もう幾年も故郷へ戻っていません、
今年は、戻ってみたいと思っていましたが、果たせそうにない、コレ、わたしの心の痛みになっとります、

あぁ~、わたし、繊細な釣りは苦手でしてね、メバル釣りはほとんどしたことが無いのですよ、
竿先に鈴をつけ、幾本か船縁に並べ立て、鈴が鳴ったら慌てて竿を掴むのです、横着釣りですわ、

そうですか、貴兄は、日本海側にお住まいでしたか、

投稿: 波平 | 2017年9月 8日 (金) 05時31分

爺様
心の痛みは、解かねば成りませんぜ。

三木からですと車でゆっくり走っても3時間。晩秋には、米子道で大山の壮大な紅葉も見られます。僕の所の近くには、足立美術館もあります。
もし、
来られるようでしたら、両手を広げて歓迎いたしましょうし、案内もさせていただきます。 ぜひ奥様とご一緒にいかがですか?

投稿: やまもとひろみ | 2017年9月 8日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わしゃ、もうヘトヘト | トップページ | 「青い山脈」 »