« バカと煙は高い所へ上(のぼ)る | トップページ | エキセントリック »

2017年11月11日 (土)

ホテル・カリフォルニア問題

“ホテル・カリフォルニア問題”って言葉がある、
「一度入ったら、好きな時にチェックアウトは出来ても、根本的に逃れることは決して出来ない」という現象・状態を揶揄した言葉だ、
アメリカ・ロックに「ホテル・カリフォルニア」って曲がある、架空のホテルを舞台にした曲だとウィキオペエディアの解説、

実は今朝TVで「サワコの朝」(阿川佐和子がゲストと話すトーク番組)」を観ていたら、林修先生が今日のゲットで、イロイロ面白い話だった、
の、中で、林先生がお好きな歌はナニ??って、話になり、「ホテル・カリフォルニア」を氏は挙げられた、

で…
今日は、コレから、この曲を尺八譜へ採集してみようと思う、
面白い曲だ、聴けば聴くほど、おもむき(趣)深い曲、

あぁ~、
冒頭にあげた、“ホテル・カリフォルニア問題”のことだが…
わたし、古今東西の曲を、片端から尺八譜へ採取し、試し吹くことを始めて以来、この面白さに憑りつかれてしまったようだ、
曲にとりつき、尺八譜への採取を試みてダメだコリャと、投げ出すことがしばしばだ、が、もう、このようなことは止めよう、と、は、ならん、まさにコレ“ホテル・カリフォルニア問題”の典型的症状かも、
この曲、尺八1本の、伴奏無し、コード無関係、の、棒吹きで、こなせるような曲じゃない、
途中で投げ出さすこと、ほぼ確実、
さぁ~、憑りつくぞ!!!

|
|

« バカと煙は高い所へ上(のぼ)る | トップページ | エキセントリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカと煙は高い所へ上(のぼ)る | トップページ | エキセントリック »