« 海に浮かんでいさえすれば正気がもどる、 | トップページ | 「海に来たれ・イタリア民謡」 »

2017年11月29日 (水)

哀しいですなぁ~~~

エネルギー、運動量…ある物体を垂直真上に打ち上げるエネルギーを、真上じゃなく出来るだけ遠くに飛ばす方へ使ったら、どれくらい遠くまで飛ばし得るか、は、エネルギー・運動量の計算で簡単にわかるような気がする、
北朝鮮がミサイルを久しぶりに打ち上げたようだが、高度4000キロ超えていたらしい、
4000キロ上空から日本の某都市目がけて垂直に核弾頭が落ちてくる図があり得る、
こんなのは、ナンボ安倍総理が頑張っても、小野寺防衛相が頑張っても、破壊デケンのじゃないかな、遠くに飛ばすと何処まで届きますかね???

の、半面で、日本海側北陸沿岸に、北朝鮮の漁船とみられる遭難・漂着船が次々出る、

ニュースの中で大和堆は、わが国。日本の領土内の漁場だと報道では簡単に触れられたりするが、これは正確ではない、広義の大和堆は南北二つあって、南側の大和堆はわが国の排他的経済水域だ、が、北側は、日本の排他的経済水域の外になっとる、北朝鮮漁船が北側の大和堆で操業するだけなら、それは自由だと思うがどうなのだろう???
微妙ですよね、TVに映るあの木造船が高性能BPSを備えていれば判るかも、水深が深い海域だ、魚探も特殊なのが必要だ思うがどうなのだろう???
南北に分かれた二つの大和堆の間には深い溝(峡谷)がある、その溝幅は約2キロらしい、
1マイル強の溝というか峡谷というか…
Photo_4


Photo_5
http://cms.sanin.jp/p/matsunoe/aji/3/1/から拝借

リマン海流・黒潮分流の対馬暖流、が、せめぎ合う海域だ、絶好の漁場、
たった2キロしかない峡谷ナンゾ気にしていたら漁なんぞデケンと思う、


あぁ~、わたし、大和堆の真上から釣り糸垂らしてみたかったなぁ~~~、

平成18年の初夏だった、愛艇「はなちどり」を駆って、気持ちの上では大和堆を目指していた、能登半島の遥か北の孤島・舳倉島までは航行したのです、が、ここでトン挫した、大和堆はあきらめた、単身・弧艇での危険な航行はこのあきらめが肝心だ、艇には予備燃料タンクを積み込み700㍑の軽油を搭載していた、アレコレを積み込み艇の喫水線は既に危険域に達していた、
余談ながら孤島・舳倉島で給油しましたが、本土価格の約2倍の値でした、サラリーマンOBが退職金はたいての夢の航行です、夢は大きいが財布は小さい、ついでながら、わたしの肝っ玉もビビっていた、

別の話を少し、
監視カメラの世界最大手は中国の会社らしい、監視カメラ大流行りで急成長中らしいですね、わが家も2機設置しています、1機は駐車場の屋根下に外から見え見えで設置、残る1機は玄関インタホーンが監視カメラ機能を持っとる、
取り付けた際は、わが家の蔬菜園を荒らす不埒者を特定し、警察へ通報しようと思っとった、
で、しばらく作動させて様子をみたが、わたしの気持ちに変化が生じた、
見つけたら、近所のお方だったらどうしましょう???
“盗人を捕らえて見れば我が子なり”ということわざがある、
監視カメラの作動スイッチを切りました、
監視カメラの会社が急成長かぁ~~~、
哀しいですなぁ~~~

|
|

« 海に浮かんでいさえすれば正気がもどる、 | トップページ | 「海に来たれ・イタリア民謡」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海に浮かんでいさえすれば正気がもどる、 | トップページ | 「海に来たれ・イタリア民謡」 »