« 生身の人間がロボットになっとる、 | トップページ | 中国も、なかなか、やるもんですなぁ~~~、 »

2017年12月20日 (水)

間違った二人がガナリあっている、

暴君であれ、賢君であれ、民主主義のルールの中で順次交代することで、世の中は模索模索のなか、安定社会を得る、
左に偏しすぎた政治、右に偏しすぎた政治、施政者が後退することで中庸が保たれる、
この見方からすると、トランプ大統領の出現は、時代の要請に沿ったものと言ってよい、
が、偏しすぎると、時代の要請は急速に逆転変化し、トランプ排除の要請が噴出するカモ、

トランプ大統領は、一昨日、「国家安全保障戦略」を発表し、米国中心の力による国際秩序構築に向かう方針を示した、
コレ、ホントに、今の時代の要請に対応した方針と言えるだろうか???
アジアの隅の小国・北朝鮮の暴発にさえ手を焼く状況じゃないか、

北朝鮮は中国と同盟を結んでいる、かつてはソ連とも同盟関係にあったがソ連が崩壊し、この同盟はなんとなく消えた状態だと思う(??)、
大和堆に北朝鮮の粗末な漁船が出漁する状況を報ずるニュースの中で、
“北朝鮮の日本海側沿岸一帯の漁業権はすべて中国に売却し尽くさていて、北朝鮮は遠くて危険な大和堆あたりまで出漁しなければ漁ができない”
とかの解説があった、
北朝鮮の石炭や、もろもろの鉱物資源は中国がほぼすべてを安価で自由に採掘しているのではないか、と、思ったりするがどうなのだろう、
労働力も、北朝鮮の人たちを安く使い倒しているのではないかと思う、
要するに同盟関係をかざして、北朝鮮を食い物視し得ている状況が在ったように思うがどうか、この利権を中国は米国のために、すべてを投げ出すことができるのだろうか、
北朝鮮と、ロシアの関係でも同じように言える部分があると思う、

昨日の報道の中に、日本海上空に中国機は飛来し、韓国・日本がスクランブルをかけたニュースがあった、
いよいよ米国が北朝鮮へ一気に攻撃を仕掛けようとした際、中国とロシアが、戦闘機数機を日本海上空に飛ばせば、日本海に入り込んだ米国原子力空母の動きは、一気にコレへの対応に追われ、作戦遂行が不可能になるのではないか、
このような、事態すら、すなわち、中国やロシアに、このような邪魔すらさせないほどの、軍事力を米国は持とうとすること(上述「国家安全保障戦略」)ができたりするだろうか???

日本の片田舎の尺八ヅヅイですら、この程度は思いを巡らすことがデケル、
トランプ氏は間違っている、と、思う、
北の金氏も間違っている、
世界は、今、間違った二人がガナリあっている、

韓国外相が安倍総理に、平昌冬季五輪への出席を求めた、の、今朝の日経新聞1面、
この緊迫した情勢の中、日本の総理がそんなことに応じたりはデケンだろう、
バカなことを要請する、あきれてものが言えん、
日本は、平昌冬季五輪開催を中止の方向へ舵を切るべきではないだろうか、

|
|

« 生身の人間がロボットになっとる、 | トップページ | 中国も、なかなか、やるもんですなぁ~~~、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生身の人間がロボットになっとる、 | トップページ | 中国も、なかなか、やるもんですなぁ~~~、 »