« 「波濤を超えて」 | トップページ | 「太湖船・中国民謡」 「雨夜花・台湾民謡」 »

2017年12月17日 (日)

最近は、愚痴り、ボヤくにも骨が折れますな

韓国・文在寅大統領の中国訪問中の動きは、我々日本人からみると、異常に中国側へすり寄ったブザマな動きに見える、
韓国は、かつては日本に併合され完全に国の体制を失っていた時代がある、
この中から、今の韓国は立ち上がってきたのだったが、自力で立ち上がったというよりは、日本の無条件降伏によって、言い方は悪いが“反射的利益”を得て、独立を果たせたのだった、
が、その後、たちまち3年間に及ぶ朝鮮戦争の勃発で、結果、朝鮮半島は南北に分断された状態になっている、

韓国・文在寅大統領のいわゆる歴史認識は、われわれ日本人とはだいぶ違うようだ、
そして中国人から見る歴史認識とも異なっているように思われる、
文在寅大統領の歴史認識は極めて姑息で、自己中心的のような気がしてならん、

日本の無常降伏により朝鮮半島は、形の上では独立を取り戻した、
が、既に世界はソ連と、米国を中心とする西側連合国の、2大勢力台頭の時代になっていて、事実上、ソ連と米国のなかでの話で、朝鮮半島を、38度線境に南北分断統治する形に収めざるを得なかったのだった、
この中(南北が向き合っている中)で、北の金日成が一気に朝鮮半島を統一し、真に自主権を持った国にしようと策して南側へ侵攻した、コレが朝鮮動乱だ、
中国は動乱勃発当初は、参戦していなかった、いまだ、中国自身にその力が無かった、が、参戦し北側に着いた、戦いは米軍と中国の戦いの様相になってきたなかで、ようやく、現状の休戦状態を得て今がある、

韓国・文在寅大統領はナニを勘違いしとるのだろ、
以上の経過は波平ヅヅイ理解の中でのことだが、実は、端折りすぎてもいるし、そもそもが正確なものではないと思う、
韓国・文在寅大統領の理解する歴史の流れは、もっと違った流れになっとるに違いない、
そこには、従軍慰安婦が泣いていて、南京大虐殺事件があるのだろうと思う、
どの場でも日本帝国の悪の影があるのであろうと思う、
氏の視野は、濁った陰で覆われすぎているように思う、澄んだ視野をお持ちのお方だとは思えないのだよなぁ~~、
こまったものだ、

またまた書きすぎたかも、
わたし、最近、すこしイライラしとる、
平常心を少し失っとるような気がする、
常套句で締めくくります、

以上、書き散らしたアレコレは、決して深読みしないでくださいね、
すべては認知症気味の、尺八老人のボヤキ節ですからね、

最近は、愚痴り、ボヤくにも骨が折れますな、

|
|

« 「波濤を超えて」 | トップページ | 「太湖船・中国民謡」 「雨夜花・台湾民謡」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「波濤を超えて」 | トップページ | 「太湖船・中国民謡」 「雨夜花・台湾民謡」 »