« 栃ノ心の国・ジョージアの国歌他 | トップページ | 音楽理論の世界 »

2018年1月31日 (水)

乗りたくないが仕方がない、

今朝も、例によってヒマなことをやっとります、
BGMに使われる曲群のことが気になりましてね、どんな曲が中心になっとるのだろうと調べてみたくなった、
病院で血圧測定などの検査室では「ジムノペディ」って曲がよく使われているらしい、
ナンジャソレ???
パソコン検索窓に「ジムノペディ」と書き込んでロン!!
“エリック・サティが1888年に作曲したピアノ独奏曲”と出てきた、
ユーチューブへのリンクもあったから、ロン!!!
聴いてみるとダラァ~とした感じの曲だった、採れそうだったから尺八譜へ採取した、

さらにアレコレ検索を進めて、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベル が作曲した曲で、「パッヘルベルのカノン」ってのに行き着いた、
カノンてのは輪唱で歌うことだと思うが、そんなのは尺八1本では吹奏不可能だ、が、さらに探るとなんとか採れそうな五線譜が見つかった、#記号二つの譜で音域が3オクターブもある譜だった、ヤッパし尺八では対応不可能みたい…
が、あれこれ考えて、コレを♭記号ひとつの曲へ移調すると、カツカツ尺八吹奏可能かな、と、思った、移調度数6度にもなるが、やってみましょうかねぇ~、
と、今日も、五線譜と睨み合う日になりそう、

あぁ、もう一つ用事があった、
友人Mと三木市立中央図書館で出会う約束がある、
図書館は、最近、老人の時間つぶしの場所になってきたような気がする、
館内は暖房が聴いている、奇麗なトイレがある、新聞や雑誌がある、出会いの場所としては最適な環境だ、駐車場も広く無料なのがうれしい、

軽四を購入したのだが、納車約束日が過ぎても未だ届かない、寒波や積雪の影響らしいが困ったものだ、納車までの間、代車を用意してくれたが、コレが買った車よりずっと上等のハイレベルの車で、車がわたしを見て“どうじゃ、畏れ入ったか!!!”と、ふんぞり返っているような印象がある、代車にバカにされているようでオモシロクない、買ったのは、最安バージョンの軽四ですわ、
が、コノ・“畏れ入ったか!!!”に乗って、図書館まで行くことになる、
乗りたくないが仕方がない、

追記・
上述の2曲、「ジムノペディ」「パッヘルベルのカノン」は、なんとか尺八譜へ採取できたけれど、試し吹いてみて、尺八の1本吹きでは曲趣が吹ききれない曲だと言わざるを得なかった、
BGM曲は、しっかりした伴奏があって初めて生きるってこと、尺八1本だけの棒吹きではダメ、残念、

|
|

« 栃ノ心の国・ジョージアの国歌他 | トップページ | 音楽理論の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栃ノ心の国・ジョージアの国歌他 | トップページ | 音楽理論の世界 »