« 「涙に濡れた豆満江」 | トップページ | 「トラジ」 「みちづれ.」 »

2018年2月 7日 (水)

兄弟船2隻、遭難中と晴れ場、対比が奇妙ですなぁ~~~

昨日、北朝鮮の歌・「涙に濡れた豆満江」を尺八で試し吹き、異次元感覚があって吹き辛かったのだった、
どこがどう異次元感覚なのだろう、
今朝は、北朝鮮の他の曲を探し出して片端から聴いている、
ヤッパ、異次元感覚だぁ~~、
戦時歌謡とでも言うべきか、軍歌と言うべきか、
の、なかで、コレはってのがあった、「トラジ」だ、
さっそく尺八譜へ採取した、夜が明けきったら試し吹いてみよう、

と、更に、アレコレ探って…
日本の演歌が北朝鮮でも好んで歌われているらしいことが気になった、
その様子をパソコン検索、
半端じゃないですね、
どれもこれも素晴らしい!!!
日本語で歌って、2番はあちらの朝鮮語、キット、それなりの替え歌になっとるのであろうと思うが、スンバラッシイ!!!
“北朝鮮の歌は異次元感覚” とは、わたしの能力不足の致すところだった、
参ったなぁ~~、わしゃナニやってもダメなヅヅイだ、

イロイロ聴き入っていて、どうにも我慢が出来なくなった曲がある、
「みちづれ」だ、尺八譜は既に採取済、遠藤実作曲・水木かおる作詞の曲、牧村三枝子唄、
日本版・牧村三枝子が歌うのを聴いてみた、しっとりした歌いぶりだ、すばらしい、
さらに彼女の他の曲「友禅流し」を聴いてみる、コレもすばらしい、が、「友禅流し」は未だ尺八譜へ採取していなかった、今日の仕事になる、

あぁ~、
今回、北朝鮮の管弦楽団を乗せて韓国へやってきた万景峰92号は、1992年に北朝鮮を支持する在日韓国・朝鮮人の寄付で集めた資金で建造されて北朝鮮に寄贈された船だそうですね、初代の万景峰号は今ロシアのウラジオストック港外で燃料・食料切れで遭難信号を出した、と、先ごろ報じられたが、その後、どうなっとるのだろう???
兄弟船2隻、遭難中と晴れ場、対比が奇妙ですなぁ~~~


寒いです、
午前7時現在、わが家の室外マイナス6度、室内23度、
室内ですが、ナンボ暖房効かせてもこの温度、
フトコロですか???
もっと寒い

|

« 「涙に濡れた豆満江」 | トップページ | 「トラジ」 「みちづれ.」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「涙に濡れた豆満江」 | トップページ | 「トラジ」 「みちづれ.」 »