« この時、世界は動いたのだと | トップページ | 聞け、暗闇に住む影たちよ »

2018年2月27日 (火)

生きるか死ぬか、殺すか、殺されるか…ですか???

播磨灘・大阪湾の春の風物詩・イカナゴ漁が昨日(2月26日)解禁された、今年は昨年並みか、少し上回る漁が期待できるだろうとのこと、
そうかなぁ~~~、
甘すぎる見方のように思いますがねぇ~~、
昨年はあまりもイカナゴの生育が悪いので漁期を短縮したのだった、
今年、我慢しきれず通年並みの漁獲を目指したら、見た目は、漁獲は上がるでしょうが、イカナゴ資源は大きな打撃を受けることになる、
ヤバイなぁ~~

わたし、先週木曜日(2月22日)午後短時間でしたが岸から約半マイルほど沖まで出てみたのだった、釣り糸を垂れてみた、が、竿先はピクリともしなかった、
また、様子見に沖へ出てみようとは思っとるが、まず3月中旬近くにならないと沖へ出てもナァ~ンも釣れないと思う、あぁ~小豆島周辺の真鯛釣りは可能かも、が、ココまでは遠すぎてわたしにはもう無理だ、片道約30マイルもあるからなぁ~~、燃料がねぇ~海が凪いでいてもガソリン80~90㍑は必要だ、こんな釣り、年金隠居にデケルはずがない、ヒシャクでちょこっと掬った程度の燃料しか使いたくない、
ナンジャソレ!!!

海水温が今年は昨年より2度以上も低い、コレでは魚魚は縮こまってしまって餌を食いませんわ、昨年も(海水温)低かったが今年の低さは半端じゃない、

どうやら黒潮の大蛇行が大きく影響しているらしい、
あたたかい黒潮はその支流が紀伊水道へも入ってきて、淡路島と紀伊半島との間の“友が島水道”を経て大阪湾へ流入する、と、鳴門海峡からも播磨灘へも流入する、
が、が、が…
今年の黒潮本流は南へ大きく蛇行し本州南岸を離れてしまっとる、あたたかい海水が紀伊水道へ入って来ない状態だってこと、いつもの年なら紀伊水道の海水温は20度以上あるが、今年はなんと16度ほど、これじゃぁ~大阪湾も播磨灘も冷たいままですわ、ヤットレン状態だってこと、

「海流図」
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/2018cal/cu0/qboc2018036cu0.html

「明石海峡水深5メートル水温状況」
http://www.hyogo-suigi.jp/suion/daily_graph/pc_dpgwaka50.html

黒潮は対馬海峡を経て日本海へも流入しますが、今年の日本海側も漁師さん・遊漁者ともにシンドイかもね、黒潮支流の流量が例年比大幅に少ないかも…

五輪関連ニュース、感動の数々、しばらく楽しめた、
朝鮮半島南北融和のキザシ、見え見えウソっぱちの動き、コレ、いつまで楽しめ(?)ますかね、
“楽しめる…”なんて言い方、穏やかではないですよね、
生きるか死ぬか、殺すか、殺されるか…ですか???

|
|

« この時、世界は動いたのだと | トップページ | 聞け、暗闇に住む影たちよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この時、世界は動いたのだと | トップページ | 聞け、暗闇に住む影たちよ »