« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

竹隠銘の地無し継ぎ管「美仙」で吹いてみた

早春譜.WAV

気合を入れて吹くのと、軽く晴れやかに吹くのとは、競合(?)するような気もするがどうなのだろう、
わたし、気合を入れて吹きました、軽く晴れやかに吹こうとして気合を入れた、
が、いまいち、思うような音にならん、

古典尺八専用の尺八で吹いています、竹隠銘の地無し継ぎ管「美仙」の音です、

| | コメント (0)
|

お譲りする気は毛頭ないけれど

すみれの花咲く頃.WAV

午前中に、桜並木の中を歩いてきました、ほぼ満開です、
明日かな満開は…
週明けにはサクラ吹雪の風情になるかも…

この曲の“すみれ”ですが、これから先始める花だ、わが家は庭にバンジーをぎょうさん咲かせている、だいぶ前から咲いている、スミレの改良型の花で、イロイロな色のがある、

実は、今日は、リチャード・クレイダーマンのナニか1曲を、どの曲にしようか迷って「愛のオルゴール」を採取しましたが、尺八では曲趣が生かせないなぁ~、
ヤ~メタ、

採取を試みて、こりゃダメだ、の、ことが結構ありましてね、「すみれの花咲く頃」も、わたし的には、いまいちだなぁ~、の、思いがある曲です、

話は代わりますが、尺八に似た(電子吹奏)楽器に“エアロフォン”ってのがありますね、
どんな音がするのだろう???
ナンボほどで買えるのだろう???
わたしが今吹いたのは、竹友が手製の1管ですわ、こんなのを今どき買ったらナンボほどになりますかね、
わたし、タダでコレ頂戴しましたが…もしコレを譲ってくれの話が来たら、百万円でもダメ、2百万・3百万でもお断り、ダメ、ダメ、
お譲りする気は毛頭ないけれど、何千万か積まれたら、シブ・シブ手放すかも、ご希望のお方居られませんかねぇ~~~、

| | コメント (0)
|

少しビビっとるのです

ここ数日出かけることが続いて、疲れが出てしまって…、
昨日の神戸高校吹奏楽部の定期演奏会は聴きに行けなかった、
疲れが…、こんなことは若い人には判らんと思うけれど…

相変わらずアレコレ書き散らす毎日だ、
どなたがご覧になるのかワッカランままに…
ご覧になるのは、リタイヤ爺さんが多いような気がするがどうなのだろう???
朝、7時・8時の時間帯に閲覧カウンターが上昇するような気がするが…

時々数日分をまとめ閲覧くださるお方も居られるみたい、
波平ズズイはマダ元気かな??? って、覗いてくださるのだと思う、

わたしより年長のお方は少ないように思う、
わたし等が現役だった頃、未だパソコンは普及していなかったからなぁ~、
OBになって以後、パソコンに馴染む環境があったかどうか…

昨日、昔の職場の先輩からTEL頂戴しましてね、
「あんた元気なら、出会って昼飯でも一緒にしないか??」だった、
出会う場所・時間などを指示され…
「承知しました…」と、お受けし、さらに少しご様子をうかがおうとしたら…
「耳が遠くなってねぇ~…」と、のんびりした返事、
80を超えておられる大先輩、ご体調もあまり良くないようだ、
「もう年は越せそうにないと思っとが、また…」と、ぶつぶつ言うておられた、
氏は、わたしがブログ遊びしとるなんぞはご存じないお方、
が、パソコンはお使いですぜ、
📳電話…、そんなものは持っとらんだったが、
パソコン、きっとナニか学術的なことを研究なさるにお使いなのだと思う、

ナニをご研究なさっとるのだろう、
さっぱりワッカラン、
わたし、少しビビっとるのです、だいじょうぶかいな???
出会って、一喝されたりして…

| | コメント (0)
|

2018年3月30日 (金)

ショパンがらみの曲

高音で・喫茶店の片隅で.WAV

低音で・喫茶店の片隅で.WAV

高音・低音で、惜別の唄.WAV

ショパンのノクターンとエチュードは、“無料楽譜ショパンデジタル図書館”に掲載のを見せていただきました、
遠近両用メガネに老眼鏡の上からかぶせて五線譜を観ますがたびたび見間違いがあります、採取した尺八譜にも間違いがキットある、今回は間違いダラケを承知の上でのアップです、叱られたら即時削除します、
チョット試し吹いたら、難しくて…
で、この代わりに、前ブログのなかでお話した曲を、2曲吹いて上にアップしてみました、
こんなヒマなことやって、ナニがオモロイのや……
と、自分でも思っとりますが…
他に、することもないもので…

「img001.jpg」をダウンロード

「img002.jpg」をダウンロード


| | コメント (1)
|

セレナーゼ・ノクターン、と、魚魚の春

軽四のナビ機に、倍賞千恵子さんの歌声を略3時間分取り込んで、セットしていましてね、車に乗る都度都度鳴らし聴いていますがね…
昨日も長時間車中で聴いていて…
「喫茶店の片隅で」の歌詞のなかの“…ショパンのセレナーデ…”が気になった、
帰宅後、それってどんな曲だろう、と、探すがワッカラン、
イロイロ調べて、倍賞さんが歌詞を間違えたのだと分かった、正しい歌詞は
⇒“ショパンのノクターン”だ、この曲です、
https://www.youtube.com/watch?v=eTqRxSHKwOk

恋人と出会っていた喫茶店に鳴っていたのだよなぁ~~~
わたしには、こんな経験ありませんが、真似たかったなぁ~~~

この曲、既に尺八譜へ採取済だ、♭記号三つの曲、8分12の曲、
五線譜(メロデイ部だけ)そのまま尺八譜へ移し採取しているので、尺八では極めて吹き辛い曲になっとる、採譜はしたが吹けません
で、今日は、コレを、なんとか尺八でも吹奏可能にならんか工夫してみよう、
 譜全体を下へ3度下げ⇒ハ長調へ移調したら少しは吹き易くなるかも、メロデイ譜を概観すると、低音部が五線譜内にすべて収まっている、で、3度下げても大丈夫、尺八では下第1間までしか吹奏デケンのです、無理吹きしても下第1線までが限度、
 8分12の曲だ、が、尺八譜(古典尺八本曲)には小節の区切りそのものがありません、曲テンポの観念自体があやふだ、尺八譜の記述に“8分12”をどのように表記しようか、ひとくぎり(1小節)中に、△を四つ縦向きに並べ書きましょう、△感覚で読めるように工夫デケンかってことですよ、
 ピアノ速弾の箇所は、首を振ったり、ゴマカシ吹きしたりするしかないなぁ~~、指繰りがややこしい箇所は譜を間引けばエエ、

あぁ~、ショパンにはセレナーゼは無い、が、エチュード(練習曲)のなかに、セレナーゼとしか言いようのない素晴らしい曲がある、
なかでも、別れの曲 エチュード Op.10-3 pf.は、叙情歌(唄)の頂点だ、

ショパン・ノクターンが採譜し得たら、エチュードも並べ吹いてみたい、
音楽・専門家の世界とは、別の世界、趣味人の遊びです、ゆるしていただきましょう、

昨日、釣りに出たが、魚魚等はナニを想っとるのだろう???
ナァ~~ンも釣れなかった、

| | コメント (0)
|

2018年3月29日 (木)

日の本は 難儀難儀の 桜かな

「花見カレイ」を釣りに出てみようかと思う、
 二匹目のドジョウ???
 桜の下にいつもドジョウが居るとは限らない、
1日中ポカァ~と沖で竿先を眺めて過ごします、これ以上の幸せは他にあるとは思えない、

また大きなのが釣れたらどうしよう???
どこかへお届けし、美味しく食べていただく、これが、また大きな喜びだ、
が、問題がある、
 喜んで受けってくれたら大変うれしい、
 迷惑そうな顔で「要らないです…」だったらどうしよう、

「また釣ってしまいましてね、わが家はもう食べ飽きたから、もらってくださる??」
コレって、上位の者から⇒下位の者への下げ渡しの関係、嫌な図式ですよね、
油断したら、お届け先に、この印象を持たれてしまう、
デッタイにコレは避けねばならん、

A) 1番大きな魚をお届けする
B) 1尾しか釣れなかった場合は、その貴重な1尾をお届けする、

魚釣りして、釣果を持ち帰って…
毎度毎度、この問題に苦労しとるのです、
だって、釣った魚をすべてわが家で食べ尽くのは物理的・生理的に不可能、デケン、
多すぎて…

<さてさて…今朝の日経朝刊から>
I. 琵琶湖疎水の遊覧船が今日から運行を始めるそうだ、桜のこの時期は料金ひとり8千円だとか、どんなお方らがお乗りになるのだろう???
II. 紙面5ページ最下段に週刊誌2社の広告、昭恵夫人のことがアレコレ載っとるらしい、この時期だ、バカ売れするのだろうなぁ~~、
III. 第1面トップ記事は“中朝和解”、金夫妻と習夫妻が並び立つ写真が載っている、
IV. 第3面、トランプ氏と文氏の写真、トランプ氏は在韓米軍の撤収をチラつかせ、米韓の自由貿易協定を米国有利で妥結、「米国の通商交渉上で極めて大きな勝利だ」って言うとるらしい、
V. の、上述Ⅳ記事の横隅に、安倍総理の小さな写真、「安倍外交、日米連携に暗雲」の記事、

 日の本は 難儀難儀の 桜かな  波平

| | コメント (1)
|

2018年3月28日 (水)

「帰れソレントへ」 「オホーツクの舟唄」

帰れソレントへ.WAV

オホーツクの舟唄.WAV

昨夜、海の友人らから「お前のことが話題になって、で、どないしとるのか電話してみようってことで、…で、元気かぁ~~??」と、電話口に交代で集まっとる方達から、声が掛かった、
懐かしくてたまらん、わたし、大声で話に応じたが、かみさんが「パッパは海のお方らとの時は声が違うわネ」ってビックリしとった、

で、今朝は起きてからも、気分は潮っぽくなっとって、海の曲が吹きたくなった、

「帰れソレントへ」は2尺1寸の長管で吹いた、
「オホーツクの舟唄」は1尺8寸、メロデイは「知床旅情」と同じだが、「オホーツク…」の歌詞が先にできたらしい、先の方が曲趣に合うように思う、この気持ちで吹いている、

| | コメント (0)
|

凪いだ海は丸かった

まだ子供だったころ小さい地球儀を与えられ、以来ずっと身近に置いていた、
捨てた記憶がないのに無くなった、
結婚し別所帯の際、親元に置いたままにしたような気がする…
父も母も既に亡く、家も、地球儀も、すべて処分済、

欲しいのですよねぇ~~、地球儀が、
が、わたしのような老人には、地球儀なんてものは無用の長物の最たるものだ、
が、欲しい、それも海洋型(海流図や海底地形なども凸凹表示)のが欲しい、

指先でちょっと触れたら、どこかをチョイ触ったら、その場所に関わる叙情歌(唄)が鳴りだすのが欲しい、
例えば、イタリアのナポリあたりをチョイ触ったら、「帰れソレントへ」の曲が鳴りだすなんぞはシビレル!!!

昨日3月27日、天皇陛下、皇后陛下は在位ご最後に、沖縄を行幸啓された由、
戦艦大和は沖縄を救うべく海上特攻出撃し、鹿児島県枕崎沖に沈没したのだった、
昭和天皇から「…沖縄はもう救えないのか…」のご下問があった後だったとかの話もある、
枕崎沖約200キロ当たりの海上をチョイ触ってみようか、
「軍艦行進曲」が鳴り始めたりするかも…

大きな文具店に行くと、展示スペースの隅っこに、地球儀が少し並べられている、
店の隅っこに…
売れ残りの陰りをまとって…

わが家は三木市内の山林を切り開いた民間業者の小規模住宅団地の片隅に略50年前に建てた、
分別収集ゴミ置き場に、先日、使い古した木製の銃剣が置かれていた、
その家のご老人がお亡くなりになったのかな、と、思った、
わたし、いつも興味津々、ゴミ捨て場を観る、
ココから、拾いあげ、持ち帰った物も多い、全然傷んでいない上質の釣竿などイロイロだ、
地球儀は未だ見かけない、

地球は丸い、地球儀を大きくしたら地球になる…

昨日は、朝起きて、天気図確かめ、大急ぎで準備し、沖へ出た、
「花見カレイ」が3枚釣れた、妹宅へ1枚、ご近所へ1枚、わが家は一番小さいのを1枚、
最小でも37・8センチはあった、
凪いだ海は丸かった、


| | コメント (2)
|

2018年3月27日 (火)

春子ビックリのご馳走

安倍内閣支持率急落が気になりますね、
20%台⇒10%⇒ひと桁%
内閣総辞職、衆院解散…
揺らぎ崩れる日本…
トランプ氏は悪態ついても助けてなんかくれないですぜ、

ダレが国政立て直しに出てくるのだろう???
進次郎氏???
石破氏???

諸悪の根源は⇒自民党政権の驕りかも、
国民は国政関与にウン(倦む・あきらめ嫌になる意)でいる、

日本は激変するのかな???
日米安保体制から
⇒米国とどの程度距離を置くかが、論じられ、争点になり…

巨大な自然災害勃発や、原発事故などが心配だ、

政府組織が健全であり続けることが出来るかどうか、
日本国民は、徐々に、このことに気付き始めている、
憲法9条云々なんぞは、小さい、チイサイ、

現政権は、オゴリ(驕り)のなかにあるみたい、
コレこそが現状混乱の原因、
“下手な鉄砲数撃ちゃ当たる”
の、無茶苦茶国政では困るのですよね、
オイ・オイ・オイ…!!!

毎朝起きたら、まず最初に天気予報を確かめます、
春・春・春…
わが家の愛犬・春子は昨日、満3歳の誕生日、
いつものドックフードの上に、すこし厚目のちっちゃなローストビーフひと切れ、
春子ビックリのご馳走だった、

| | コメント (2)
|

2018年3月26日 (月)

「誰か夢なき」 「ラメール(海)」 「ラメール(海)」

誰か夢なき.WAV

ラメール(海).WAV

小雨降る径.WAV

今日は、この3曲の他に、「セルビアの理髪師」を⇒尺八譜へ採取しようと頑張ってみた、が、コレは、単純な曲のように思えたが、音域幅がやたら広く、たびたびオクターブ調整が必要で、この調整が曲趣をぶっ壊す、
で、あきらめて、今日は上の3曲だけで我慢だ、
あぁ~おもしろかった!!!

| | コメント (0)
|

大物を釣り上げたときも、こんな気分になるのだよなぁ~~~

陸・海・空・自衛隊の吹奏楽演奏が大好きだ、ココへの入隊はキットすごい難関になっとるにちがいない、その卵等が、ひょっとしたら高等学校吹奏楽団かな、と、思う、
すっかり高校・吹奏楽にハマってしまった、

このわたしの様子を知った竹友から、昨日の昼前、兵庫県立高等学校創立110周年記念芸術祭が、今、(昨日のこと)神戸ポートピアホテルで開催されているぞ、と、知らされた、わたし早昼すませ会場へ駆け込んだ、
わが家から軽四走りで1時間半の距離、既に(芸術祭)催しは始まっていて最初の合唱の部は終わっていた、テノール・バリトン・ソプラノの独奏や、ピアノ・ギター・の独奏・合奏、そして吹奏楽団演奏などは堪能できた、
みなさんプロ級の腕だ、と、いうより、ホンモノのプロ音楽家らが当校卒業生からぎょうさん出ており、この方々も参加なさっておられた、在校生から~ホンモノ・プロに至るまでのある種の流れの中で、生き生きと奏でられる貴重極まる音楽祭になっとった、

13:00~18:50、休憩時間にトイレに立った以外は、わたし、身動きもせず聴き入った、感動した、心に染み入る貴重な時間を過ごし得た、

あぁ~、この芸術祭を教えてくれた竹友(尺八の友達)は、この兵庫高校・吹奏楽部のOBだ、今はトランペットではなく、尺八を楽しんでいてプロ級の奏者、わたしが常用している尺八は彼の作だ、彼が手作りの名品で、彼から無理やりネダリ頂戴したのだった、
彼は、後継者育成にも力を注ぎ広く深く活動中だ、

タダ意味もなく感動し聴き入っていただけではない、未熟ながら、音楽好きだってことでは、年齢的にも、わたしもひょっとしたらベテランの域かも、ド素人の物好きレベルではあるが…
古典尺八本曲、地歌など箏・三弦の世界、民謡のチョイ齧り、そして昨今は、古今東西の叙情歌(唄)を漁り吹く毎日でもある、
感動して聴きながら、けっこうアレコレの想いがこみ上げるのはもう抑えようがない、
ホンの少しだけ感想を言うてみよう、
 指導者の力量が半端じゃないな…と、思った、
 吹奏楽は息・呼吸が音になる、極端な言い方になるが吹き手の人間性がそのまま音になる、昨日の皆さんは現役生徒も含めすでにこのことを把握なさっとるような気がした、
 現役生徒と、OB・OGの合同演奏が面白かった、歳の差50・60の者らが、互いに呼吸を合わせながら曲を生み出すべく集中し吹き奏でていた、感動を生む原点だ、
 多人数の合奏ではあるが、不思議と上手下手が居られるのは判る…ような気がする、フルート奏者に素晴らしく上手なお方が居られた、
 司会者が、曲の案内を言い間違えた場面があった、緊張なさってのことだ、言い間違えはあり得ることだ、が、この後の、修正というか対応に冴えが光り、このお方、タダ者じゃないな、と、コレはコレなりに感動した、

楽しい1日だった、
沖へ釣りに出て、大物を釣り上げたときも、こんな気分になるのだよなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2018年3月25日 (日)

タダで音楽聴いたり、タダで芝居観たりの都市に、ホンモノの文化なんぞ育たない

45数年前、神戸文化ホールが造られた、未だ建設中から市職員が配置され、完成後の活動に備える準備を行った、完成し、文化ホール運用をリードすべく、館独自の“自主事業(興行)”を行った、わたし、実はこの自主事業(興行)業務に直接携わった事務職員の一人、

懐かしいなぁ~~、一昨日、ホント久しぶりにかつての職場・神戸文化ホールに入った、昔のことがウワ~~~と蘇って身体が熱くなった、
母校(長田高校)吹奏楽部が使ったのは中ホールだった、館内はホボ当時のままだったが微細なところに新たな工夫がなされていた、高齢社会への配慮が嬉しかった、

館内のプレイガイドは当時は直営たっだ、が、コレはもう外部業者だと思う、
窓口に、音楽会やその他の催しのパンフレットがたくさん並べられていた、
一部ずつ頂戴してきた、
なかに、幾枚も、市内他高校の吹奏楽部・定期演奏会のパンフレットがあった、
どうやら、今は、その時期にあたるようだ、
メモ帳に、それら定期演奏会開催日時を書きこんだ、
すべて入館無料かと思っていたら、有料になっとる学校もあった、
うれしいですなぁ~~、

市民がこの種の文化に身銭を切って援助する、の、文化底上げ機運が市内に育ってきたってことだ、
開館当時様々な自主事業(興行)は市の一般会計を削り使って開催した、市民の税金だ、赤字は避けたい、どの催しも有料(興行)形式だった、

わたしは、自主事業(興行)の意味(目的)を…
⇒市民が、音楽や演劇やの文化に、金を払う習慣を創ること、と、考えていた、
コレ、当時の上司がわたしに説いてくれたのですわ、
芸人や音楽家も、生活費が稼げなければ生きとれん、あったりまえのことですよね、
文化には金がかかる、
タダで音楽聴いたり、タダで芝居観たりの都市に、ホンモノの文化なんぞ育たない、
わたしの仕事は、有料チケットを市民に売りつけること、
シンドかったがおもしろかったなぁ~~~、

今、某・県立高等学校の吹奏楽部の定期演奏会が入場料チケット500円で開催されようとしている、感慨、胸に迫るものがある、
言うてしまいましょう、兵庫県立兵庫高校吹奏楽部第30回定期演奏会です、
わたし、当日は、500円握って出かけようと思う、
が、遊び半分の甘えたナマクラ演奏だったら、ワシャ、銭返せ!!!
って、言うかもよ、

| | コメント (0)
|

2018年3月24日 (土)

「SAKURA」 「早春譜」

SAKURA .WAV

早春譜.WAV

今、吹いてみて…自分の尺八が如何に律狂いが激しいか、の、実感、実感だ、
「SAKURA」は1尺8寸、
「早春譜」は1尺7寸で吹いている、
どちらにも律狂いがある、

そもそも、地無し。延管が正律管であったるすることは不可能だ、
ゴマカシ、ゴマカシ吹いているのだが、気付かない間に、自分の頭の方が狂ってくる、
アッハッハ、
狂った方が、気が楽でしてね、
まぁ~エエことにしましょうか、

それにしても、変な編曲し過ぎたかな???

| | コメント (0)
|

11回生にも春が来た

童謡は日本人の心のふるさと、そんな言い方をよく耳にする、だが、ほんとうにそうなのか??? 
と、アレコレ検証したら、実は恣意的に作られた実体の伴い難い過去を美化しただけのもので、ある種の危うさを帯びたものだ、と、と、言わざるを得ないらしい…
音楽社会学って学問分野があり、この見地からは、そうならざるを得ないようだ、

口汚くいうと、文部省(国?)が、国民の目を、意識を、童謡の世界に向けさせて、“日本はエエ国なのだ”と、思いこませる、いわゆる“刷り込み”だってことになるのかな???

文部省唱歌、と、童謡、の、区別、どこでどう線を引きますか???
区別して、線を引いて、ナニかに役立つの???

昨日は夕刻・午後6時から~同8時45分まで、兵庫県立長田高校吹奏楽部第27回定期演奏が神戸文化ホール・中ホールであった、わたし出かけました、
元気ハツラツ、目を輝かせて演奏する若者らを見ているだけで感動した、演奏の上手下手なんぞどうでもよかった、
わたしココの11回生、今、在校中の2年生は71回生、1年生は72回生、総計39名、わたしとは歳の差実に60年、
彼ら、彼女ら、の、演奏に酔いました、素晴らしかった!!!

褒めるだけではウソっぽい、吹奏楽器は自分の息を楽器に吹き込んで鳴らすのだ、音色が吹く息使いによって大きく影響される、彼らの噴き出す音色は未だ未成年のもの、幼い感じの音色だ、が、コレがまた聴くわたしの耳には心地よくきわめて純粋に聴こえて嬉しかった、
やっぱ、上手な生徒と、下手な生徒が居るようだ、聴いていてわかりますわ、
が、皆が全力で演奏に集中しているのが判る、これが実に心地よかった、

演奏曲目は、年相応の…ってこと、わたしにはあまり似つかわしくなくて聴いてもわかりガタイ曲が多かった、
最後にアンコールがあった、「早春譜」だった、コレなら耳タコでわかる、

60年前、と、今現在の学校環境・状況には、比較し難い大きな差があるように思えた、
演奏会はすべて吹奏楽部の部員・OB・OGの手でおこなわれたが、司会役の生徒が、次の演奏曲名を英語で直に伝えた、発音がもう完全にゲェ~国のものになっとった、
女子部員が数名余興に少し化粧して出てきて、今様のダンスを踊って見せた、ビックリした、実に清楚で明るく、ピチピチしとった、

今日は、今一度、「早春譜」を尺八譜へ採取し直し、工夫を加えて吹いてみたい、
もう早春じゃない、さくら(桜)の時期だ、「SAKURA」・小六禮次郎作曲、も、吹いてみよう、

あぁ~、11回生にも春が来た、 

| | コメント (2)
|

2018年3月23日 (金)

母校の「生徒愛唱歌集」

「LA PLAYA」(夜霧のしのび逢い).WAV
不安不安、これから行く先は、希望もナァ~ンもない、の、なかで、一転希望の明かりが、あたたかい人生が、にこやかに微笑みかけた、の、曲かと思う、エエ曲だ!!!

「ゆりかご」.WAV
60年ほど前、わたしが某・高校3年生だった時、同学年の音楽好きな者らが集まって「生徒愛唱歌集」を創った、100曲五線譜付きで載っとる、第1曲目は校歌、2曲目がこの「ゆりかご」(平井康三郎作詞作曲)、
掲載された曲群を今改めて見直して、当時の同級生らの中には、スゴイ秀才というか天才が居たのだなぁ~とあきれている、世界中の叙情歌(唄)をガクッと把握したなかで曲選びがなされ、編纂されている、楽譜掲載の構えが既に音楽家のものだ、本格的だ、
この曲「ゆりかご」は、なかでも特別かも…ひょっとしたら編纂した同級生が後奏部分に編曲の手を加えたような気がする、が、前奏部分が欲しいので、これはわたしが今とっさに吹き足した、
今日は、わたし夕刻前から母校・音楽部の定期演奏家を聴きに出かけるつもりだ、
で、久しぶりに、大昔の、母校の「生徒愛唱歌集」を繰ってみたってこと、

1尺7寸、地無し延管を使用した、
あぁ~、「LA PLAYA」は歌集曲の曲じゃない、

| | コメント (0)
|

自滅したりが流れだけれど…

新聞も、TVも、報道は、いつも同じようなことバッカシだ、なんか腹立たしい、グジグジしている、保身、保身でご苦労さんって感じかな、
チャゲ・アスの「YAH YAH YAH」を思い出した、

♪♪ …掴んだ拳を使えずに言葉を失くしてないかい 傷つけられたら牙をむけ 自分をなくなぬために 今から一緒に これから一緒に殴りに行こうか…♪♪

アスカは、覚せい剤使用容疑で逮捕されたりしたのでしたね、その後、どうなったのだろう???
「YAH YAH YAH」ですが、調べたら、既に尺八譜へ採取済だった、ファイルに収まっとった、
夜が明けたら吹てみよう、

めんどくさいなぁ~、と、思いながら、新聞ページ繰っていたら…
奈良の「朱雀門ひろば」に“遣唐使船”が復元されて展示された写真付きニュースがあった、
行ってみたい、“遣唐使船”を見てみたい!!!
奈良は、遠いなぁ~~~、
愛車・軽四ホンダN-BOXで走ろうか、奈良へ“遣唐使船”を見に…
失禁対策に保養パンツを着けて…
なさけないですなぁ~~~

あぁ~、実は、今日も、失禁保養パンツを着けます、
18時から~母校(高校)の音楽部の定期演奏会が神戸の文化ホールであるらしい、聴きに行こうと思う、
会場内に入っても、外のトイレに近い扉のすぐ近くに坐ります、いつの頃からかコレが常態になっとる、
なさけないですなぁ~~~

あぁ~、あぁ~、実は昨日「LA・PLAYA(夜霧のしのび逢い)」を尺八譜へ採取した際、“YA”に気が流れ、チャゲアスの「YAH YAH YAH」が頭に浮かんだのですわ、
思います、どちらも素晴らしい曲だと…
人生、ナニかに突き当たったとき、ナニかがハジケルのですよね、
自滅したりが流れだけれど…

| | コメント (3)
|

2018年3月22日 (木)

ノクターン

「ショパン・ノクターン op-9-2」.WAV

わたしは長男なので家に仏壇がある、たった今、彼岸法会を済ませたところだ、
お坊さんをお待ちしてる間、待ちくたびれて、尺八を吹き始めたらお坊さんがやって来らた、

真言宗でしてね、お坊さんはいつも訳の分からんことを呟き唱えて、陀羅尼経を唸って…
終わって、少しお坊さんと声明の話をした、
お経の声明にも楽譜がありましてね、
ドレミハは、和風に言うと
⇒壱越、断金、平調、勝絶、下無、双調、 鳧鐘、黄鐘、鸞鏡、盤渉、神仙、上無、になります、
尺八の12律は当然のこのように唱えます、
と、お坊さんが唱えるお経もこの律で音楽になっとるのですわ、コレを声明と言います、
お坊さんと、古典尺八を吹く尺八ヅヅイは、話が通じ合うってことでしてね、
面白かった、

さて、この雰囲気の中だ、コレかなと思って、コノ曲を吹いてみたってこと、
ピアノで弾きますとね、手の混んだ自在に変化する曲、
が、尺八で吹くとなると、それなりに料理して吹くことになる、わたし、こんな曲の料理(尺八用に編曲)する力は無い、探していたらトランペット譜を見つけた、コレをチョイ触って、尺八用にして吹いたのが今回のアップです、

吹いてみて、坊さんのお経に似た、通い合う、雰囲気があるように思うが、どうでしょうね、

| | コメント (0)
|

せっかくの音楽がわたしのヒネクレ根性に汚され…

古今東西の叙情歌(唄)を⇒尺八でなぞり吹いて過ごす今日この頃です、
なぞり吹きつつ想う、
人間には、いろいろな感情や気分がぎょうさんあるのだなぁ~…と、
恋や愛にも、イロイロあるようだなぁ~~~と、知らんかったなぁ~~と、

悲しみ、哀しみ、嘆き、落胆、気持を奮い立たせたり、堪えたり、甘えたり、ふるさとへ想いを馳せたり…
これらが歌われ、演奏され、…楽譜になっとる、
オモロイなぁ~~と、

もう老いてしもうたが、未だ、なんとか人の心の動きが判るみたいだなぁ~と、

ユーチューブで聴いとるのですが、知らない曲を、聴いたとたんに心が、気持ちが反応するじゃないですか、
オモロイですなぁ~~、
で、自分でも、その曲に直に触れたくなり
⇒尺八を取り出してなぞり吹こうと試みる、

数年前までは、まったく五線譜が読めなかったのです、
ホントですよ、まったくダメだったのです、
わが家には尺八以外の楽器はナァ~ンもない、尺八で吹く音が、ドレミハのどの音になっとるのかサッパリ判らんかった、知らなかった、

不思議ですなぁ~、イロイロな曲をなぞり吹いてみたくなって、この気持ちがわたしを鍛えたみたいだ、今は、五線譜読むにさほど苦労はない、五線譜を尺八で直吹きデケンわけでもないが、これは強いては試みない、視力が衰えていて、五線譜を譜面台に置いて尺八を構えたら、小さなオタマジャクシ等が5本線のどこに泳いでいるのかわっからん、わたし、強度の乱視だ、オタマジャクシ(音符)が五線譜の線にひっかかっているのか、スキマに居るのか判然しない、

この頃は、曲に向き合う自分の立ち位置に迷いが生じて困っとる、
尺八を吹く際の、気持ちの在り方、コレに、迷いがある、
A) 曲趣にあわせ、その気分で吹くの???
B) 曲趣は、余白の場に座らせて、忠実に楽譜と向き合うの???

B)が、正しいような気がしてならんのですよね、
A)では、せっかくの音楽がわたしのヒネクレ根性に汚され、下品になるような気がしてならん、
忠実に楽譜と向き合い、自分を曲趣にさらし洗ってみるのもオモロイかと…
とか、思いながら、下手な編曲の手を加えたりして、
ナンジャソレ!!!

| | コメント (0)
|

2018年3月21日 (水)

腸捻転起こしかねないので、気をつけてください

音楽は、要するに気持ちに添うか添わないか、だと思う、
今、沈み込んだ気持ちになっとるわけではないが、派手な曲、やたらメデタがる曲は吹く気になれん、
で、こんな、訳の分からん曲を吹いた、
滅茶苦茶めいた曲ですが、決行気持ちに添っていて、こんなのもエエかなと思う、
ジャズ曲の尺八吹きですわ、
聴きようによっては、腸捻転起こしかねないので、気をつけてくださいね、

WHEN YOU'RE SMILING 君ほほえめば.WAV

STORMY WEATHER .WAV

| | コメント (0)
|

「花見カレイ」 「桜鯛」

停滞前線が本州南岸沖に長々と横たわっている、これでは明日もベシャベシャ雨かも…
が、桜の開花は例年になく早いようだ、わが家は田舎の丘状山林をつぶして造成された団地の端っこ、小さな蔬菜園にあれこれ植えていて、季節・季節を満喫しつつの老後になっとる、わが家の桜・梅・杏・水仙の様子を17日の写真ですが載せてみますね、花々にミツバチが仰山やってきて、ブワ~~ンと羽音が聞けますよ、一日中ウグイスの声が聴こえるし、ホトトギスの声も…、が、コレがホトトギスの声だってわからないお方が多いですなぁ~~、

今週末からは本格的な“春”だ、気象状況を見はからって、春の海へ「花見カレイ」を釣り出たい、すでに、釣り仕掛けの用意は万全だ、
大きなカレイが釣れます、ボテ~とメタボなカレイでしてね、実に美味しい、
が、朝から夕方まで沖で頑張って2・3枚が限度、しばしば釣果ゼロ、
頑張って沖へ出たら、桜鯛が釣れる、が、ずいぶん無理して沖へ走らねばならん、艇の燃料がねぇ~、コレが難儀で、桜鯛まで届かない、行きつけない、

P3170049


P3170045


P3170053_3


P3170051

| | コメント (2)
|

2018年3月20日 (火)

暑さ寒さも彼岸まで

わたし、海が大好きでしてね、海の話となるとついつい夢中になる、
ごめんなさい、コレで今回は止めますが、以下、もうすこしお話ししますね、

係船設備(錨・アンカーや錨鎖・チエーン)は当然完備していたと思うが…
瀬戸内海は閉鎖海域で水深も浅い、平均的には水深30メートル程、油断があったのではないか???
明石海峡は深いですよ、事故現場からすぐ近くは水深が100メートルを超えている、ここまで流れたら、錨はもう役に立たん、
アンカー〈錨〉チエーンは何メートル分装備していたのだろう??
ひょっとしたら…係船設備に手抜き・不足があったのでは???
で、なければ、急病人収容に駆け付ける巡視船を待つ間、アンカー投入もしないで流れ浮かんでいた理由が判らん、

事故った海域周辺の水深は約20メートルだ、当時の風や潮の状況から考えると、この船だと、錨を投入後、錨を約150メートルほど、最低でも100メートルほどは錨鎖(イカリ・チエーン)を延ばす必要がある、
錨投入の手間、回収の手間、を、避けたのか、あるいは必要な錨やチエーンを積んでなかったのか??? それとも、乗務員が少なすぎて手が回らんかったのか、

もし、数分間、錨の投入が遅れたら、もう、錨を効かせて船を留めることは不可能だったと思う、チーンを300メートル延ばしても足りません、水深は100メートルを超え最深150メートルはあるよ、ヤバかったですなぁ~~~、
この深場周辺は釣り人らがセメント瀬と呼んでいましてね、水深20メートルから急激に深くなり100メートルを超える落ち込みになる、この落ち込みを狙って釣り人は釣り糸を垂れます、寸時潮が緩んだ時を狙って大物を釣る、わたしの釣りポイントのひとつでしてね、で、よく知っとるのです、

大型船は通常錨を2組装備している、この他に予備を1組、
今回、何本錨を投じたのだろう、
錨も投ぜず、風や潮に押され流れながら、急病人収容に駆け付けた巡視船に、どうして病人を移乗させるつもりだったのだろう、

あぁ~、もう考えるのはヤァ~~メタ!!!

最後にひと言、ふたつあるスクリュウのひとつにブイの鎖が絡んでいたのを、水中にもぐって取り除いたと報じられている、鎖は1本25メートル、これをシャックルで繋いで長くして使う、絡んだ鎖はシャックル部分をまず外したのだと思う、潮が緩んだ時に潜っての作業、さぞ大変だったのだろうなぁ~~、

あぁ、わが家は、今日、お墓に行ってきた,“暑さ寒さも彼岸まで”って言いますよね、
寒かったですわ、

| | コメント (0)
|

「落ち葉時雨」 「船頭小唄」.

「落ち葉時雨」.WAV

「船頭小唄」.WAV

ヨハンストラウス「春の声」
メンデルスゾーン「春の唄」
同上    「美しく青きドナウ」
の、エエとこを、尺八譜に採取し、ここしばらく稽古していました、
が、どうも、ピタッと来ない、気分が添えない、気持ちが曲に添い難い、
この手の曲から、しばらく離れてみましょうかねぇ~~

って、ことで、
吹いてみたのが、上の2曲、

せっかくだから、2曲とも、わたしなりに改めて採譜し直し、既存の尺八譜とは別仕立にして吹きました、
ここ数日は、古い竹・竹隠管(地無し継ぎ管・管名『美仙』を使っていたが、五線譜曲を吹くには「ロ」「チ」にほんの少し数セントの律外れがある竹だ、で、今回は竹友・栗栖氏作の地無し延管を使った、コチラはホボ正律管レべルかと…  

| | コメント (0)
|

ヤバイのは⇒ヤバくないようにすべきだ!!!

兵庫県明石沖・播磨灘でブイ(浮き浮標)に接触し立ち往生していた「フェリーふくおかII」9731トンは、昨日夕刻、無事大阪南港へ引き返し得たようですね、507名乗船したらしい、皆さん落ち着いて救助を待つことができた、

瀬戸内海を航行する船では…この種のフエリー船が一番ヤバイです…、
この言い方、誤解を招くかもですが、誤解はむしろ歓迎だ、
ヤバイのは⇒ヤバくないようにすべきだ!!!

1万トンもある巨大な船が、中小の船で込み合った瀬戸内海を猛スピードで走っとる、
少々の時化海でも突っ走る、
20ノットを超えた速度で走ります、22、3ノットは出しているのではないかな、極めて危険です、
プレジャーボーは白波蹴立てて飛ぶように走りますが、ベタ凪時で、最高22、3ノット程度、わたしの艇は最高速度23ノット出せますが、今までこの速度で走ったことは一度もない、この速度で走ると前方に障害物を見つけても、急に転舵すること不可能、急カーブしたら、艇が安定を崩し事故につながる、
が、混みあった瀬戸内海を1万トンもある巨大なフリー船が22.3ノットも出して走っとる、前方真ん前に他船が居ても大きくは転舵せず、ほんの少し直進をチョイ触る程度で突っ走る、スゴイ引き波を立てて、

船内の乗客は、列車の乗客なら皆さん椅子に座っとる、立っているお方は吊革握っとる、が、大型フェリー船では、乗船客は、船内をブラブラ歩いたりしとる、フエリーだから自動車をぎょうさん積んでいる、簡単な車止めだけで…

無茶な航行に慣れていて、コレが、今回の事故の根っこにあったのだと思う、
この「フェリーふくおかII」は今までにもたびたび、事故を起こしている、他の貨物船と衝突したり、既に着岸している他船に衝突したり…
どの事故もそれなりに言い訳デケル程度だったかも、が、油断があった、としか思えない事故だ、

事故当時、風速もそれなりに強かった、干潮流(現場では西から東への潮)が急速に強まる時間帯だった、船は、まさに明石海峡のチョイ西で、アンカーも打たず流れて浮き浮標に衝突した、
ブイに接触して後、船は慌ててアンカーを打ったのだろうか???
この船は過去に走錨し他の貨物船と衝突したことがある、海況の早い潮の流れの中で効く錨だったのかどうか???
カンタマ瀬のブイに接触している、が、この位置からほんの数分流されたら、水深40メートルを超え、あっと言う間に推進100メートルを超える位置だよ、ますます潮の流れは速くなって明石海峡大橋の真下だ、運がよかったのだ、助かった、

が、ヤバイなぁ~~、この船は
大型フェリー船の混雑海域突っ走りは…
ナヌ!!
乗組員はたったの26名???

| | コメント (2)
|

2018年3月19日 (月)

「美しく青きドナウ」のエエとこだけですが、尺八で吹いてみようとしとるのですが、が…

「美しく青きドナウ」のエエとこだけですが、尺八で吹いてみようとしとるのですが、が…
どうにも、ソノ気分にならんのですよね、
身体が付いて来ん、と、いったようなことで…ダメですわ、

で、昨年夏、既にアップの衛藤公雄作曲「思い出」を吹いてみた、
筝曲です、尺八譜は曲中からのエエとこ採りです、もっと、単純に芯だけ採って吹いた方がエエかも…

思い出.WAV

WAVフアイルでは、要領が大きくなりすぎて(ブログアップの)限界を超えてしまう、
で、繰り返し部分などはカットして25MBまでに抑えてのアップ、コレで、24.6MBになっています、

| | コメント (0)
|

事故船は現場からもう離脱できたのだろうか

明石海峡を西側(播磨灘)へ抜け出たすぐの位置で、大型フェリー船が浮き浮標(ブイ)に接触し、ブイと海底と繋いでいるチエーンをスクリュウに巻き付け、動けなく立ち往生しているようだ、
コレですわ、
https://mainichi.jp/articles/20180319/k00/00m/040/150000c

立ち往生している位置がわたしのおよそわかりましてね、やはり、カンタマ瀬のブイ(浮き浮標)に接触したようだな、この位置は、大阪湾から⇒播磨灘へ抜け出る際に本船(大型船)が航行する航路を西側へ出たすぐの位置で、浅瀬があって、大型船の航行には適さないので、浅瀬の目印にブイが浮かべてあるのだ、そのブイに接触したのだね、

乗船客に急病人が出て、船を止め、病人搬送に駆け付ける巡視船を待つ間の出来事だったらしい、
この周辺一帯は、わたしの魚釣りポイントでもあるので、様子が手に取るようにわかります、
イカナゴ漁の時期で、漁船が走りまくっとる海域だ、本船航路を出たすぐの位置でもある、こんな場所に大型船がアンカーなど打って船を固定したら、他の大型船の航行の邪魔になるし、衝突の危険もある、
事故った当時の(時刻の)潮の流れは西から東への下げ潮で、徐々に、そして急速に潮流が強まる時刻にあたっとる、
船は、東への潮の流れに逆らって船首を西へ向け極微速で現場海域に留まっていたのだと思う、この状態で巡視船の到着を待っていたのではないのかな、
が、潮の流れが思いのほか急速に強まって(19日は中潮だった)船の位置を同位置に保っているつもりが徐々に東へ潮に押されて動いていて、で、真後ろに浮きブイがあるに気付かず、ブイと接触し、ブイ固定のチーンをスクリュウに巻き付けた、ってことだろうと思う、この海域特有の潮の動きです、漁師や、釣りキチしかわからんことだ、

あぁ~、閲覧氏の皆さんは、こんな話はご興味ありませんか???
わたし、とっても興味・関心がありましてね…
もう少し話しますね、
大型船のブリッジ(操舵室)は前方を向いている、真後ろは操舵室からは見えていない、
レーダーで、船の周辺360度機渡すことは出来るが、船の極近くは電波の死角だ、ましてや真後ろとなると、ダレかが、船の最後尾から、身を乗り出すようにして見張っていなくてはナァ~ンもわかん、

わたし、小さなボートで、大型船の行き交う中を幾度も幾度も走っていますのでね、大型船から、この小さなボートが見えているのかどうかを、四六時中思いやっとったから、自分のことのような気がする、

事故船は現場からもう離脱できたのだろうか、このまま現場に居続けたら、また、他船との衝突事故が生じかねないですぜ、
気になるなぁ~~、

500名ほどの乗客だそうな、無料でご馳走がふるまわれているとか、
ホンマかいな???

| | コメント (0)
|

カンタマに接触したのかな???

昨日午後7時半過ぎに、明石海峡沖で大型フェリー船(9774トン)がブイに接触し現場で停泊中と報じられている、ブイは水面からの高さ5.6メートル直径2.8メートルで重さ8トンとか、
ネット検索してみましたが、位置などの詳細な情報が得られない、明石海峡には淡路島の山の上から、海況全域を見渡すライブ映像システムがある、が、今(午前5時現在)ではまだ暗くてライブ映像での確認は無理、

得られた情報からだけでは正確なことは判らんが、わたしは、ひょっとしたらカンタマの浮き浮標に衝突したのかな、と、思う、
フェリー船は、こんなところでアンカーも入れずに船を潮に流し、船内に出た急病人搬送に駆け付ける巡視船を待っていて、ブイに衝突したらしい、

昨日は中潮で時刻的には午後7時半過、潮どまりから下げ潮に変わり始めていた頃だ、なら、フエリー船はだいぶ播磨灘に入り進んでいたのだと思う、こんな海峡直近海域で大きな船が潮にかませて流れて、浮き浮標に衝突するなんぞ、常識ではとてもじゃないが考えられないことだ、
500名近く乗船しとったらしい、ブイは衝突で壊れて沈没したようだ、
ああ~、オソロシイ!!!

わたし、この付近の海況は、よく知っています、魚釣り仲間らはこの付近をカンタマと呼んでいて、絶好の釣り場になっとるのです、
わたしも、ちょくちょく出かける海域だ、出来るだけ詳細な情報を得たいです、

いやまったくとんでもないことだ!!!

船員らはナニしとったのやろ???
レーダー画面も、周辺見張りもしていなかった、と、しか思えない、
ボヤ~としていたわけじゃないと思う、操舵室(ブリッジ)でナニかがあって、瞬時注意がそれたのだと思う、
それにしても…このブイ(浮き浮標は)大きなブイで、見え見えの明かりを発している、余程油断(?)をしとらんと、見落としたりすることは考えられないですぜ!!!

| | コメント (1)
|

2018年3月18日 (日)

♪♪ こんな、ヅヅイに~~ダァレがした~~~♪♪♪♪

思いつくまま、イロイロな叙情歌(唄)を、五線譜から⇒尺八専用譜へ採取し、ちょっと吹いてみる、の、遊びに凝っているわけですけれど、
思うのですよね~
わたし、楽譜と話をしとるのです、五線譜読んでいるだけで、気持ちがホカホカする、

昔は、既存の尺八譜を見て吹くだけだった、自分で五線譜から⇒尺八専用譜へ採取する知識なんぞ無かったから…
が、いつの間にか、自分で五線譜を⇒尺八譜へ移すようになった、
楽譜集(五線譜)をイロイロ持っていましてね、
 通称赤本と呼ばれる「プロフェッショナル・ユース歌謡曲のすべて」
 「歌伴のすべて・改訂第7版」
 「(プロフェッショナル・ユース)ポピュラー・ソングのすべて1001」
 この他にもイロイロ
・「トランペット・ベスト100」
・フルート曲集
・ラテン・シャンソンなどの名曲集
・ビートルズの曲・ジブリ曲・NHKテーマ曲など等
常時図書館から、アレコレ借り出しますし…
パソコンで無料閲覧デケル楽譜を探します、1曲2・3百円程度なら時に購入したりするが原則厳禁です、

日に数曲採取する、毎日・毎日、延々とコレをやっとる…
採取した尺八譜はファイル整理をしている、何冊にもなってしまった、特異なものもあって、「チンドン屋の曲集」「子守歌集」等のファイルもある、
公開は厳禁です、〇〇権に抵触する恐れがある、

頭の中で曲が鳴っている、五線譜見たら曲が聴こえるような感じがある、
いつも楽譜本をながめ見ているわたしを見てかみさんが言います、
「パッパ、若かったころ、それだけ熱心に勉強したら、今頃はエライ人になっとったかも…」と、
アッハッハ、逆だと思いますよ、
まったく売れない変人になって、食えなくて、どこかで飢え死にしとるかも、
隠居遊びです、そのレベル、わしゃ決して我慢強くない、疲れたらすぐに焼酎に手を出す毎日、

♪♪ こんな、ヅヅイに~~ダァレがした~~~♪♪♪♪

| | コメント (0)
|

2018年3月17日 (土)

デケルかな???

全長24フィートのプレジャーボート(上に写真)を持っていて、海が凪いでいたらこれで沖へ出て魚釣りするのが、今のわたしの最大の楽しみです、
沖が凪いでいたら、もう家でおとなしくしているのが難しい、
一年中、春夏秋冬、海にはそれなりの楽しみ方があります、
が、さすがに、この歳になると真冬の海は危険すぎる、沖へ出るのを控えざるを得ない、
艇は漁港の一角の浮き桟橋に舫っている、薄氷が張る、浮桟橋にも艇も…

若いころの足腰じゃない、ナニするにも、ドッコイショ・ドッコイショ、転倒したらお終いだ、
桟橋や艇から海に落ちたらもうお陀仏、
先月(2月)は1度出た、今月は既に2度、春先は意外と天候急変がありましてねヤバイ、
昨日は、家で釣り仕掛けを造っていました、
釣り針は釣り針メーカーに特注したわたしだけの特製針です、30年ほど前に何万本だったか忘れたが、を、まとめて発注し、それを未だに使い続けている、釣具店でその都度数本ずつ買うと結構な値になる、頻回に買うと馬鹿にならん出費になる、が、わたしは感覚的にはもうタダの感覚だ、万本単位でメーカーに直接特注しますとね、購入当時1本1円以下だった、
ハリの在庫切れと、わたしの命切れ、と、どうなのだろう、

あぁ~、ついでにお話ししますが…
わたしの住む播州地区一帯は世界的な“釣り針”産地でしてね、わが国の釣り針は90%超ココで生産されいています、世界中で使われる釣り針のホボ8割はココで造られるのではないでしょうか、
釣り針の基本形は石器時代から同じだ、が、昨今ココに驚異の技術が使われていて、容易に真似がデケンのです、

ブログ書きも趣味のひとつです、
わたし、根性があまり良くないようだ、ひねくれ・ネジレとる、
アレコレ書き散らし過ぎている、ヤバイ!!!
すこし、自制しましょうかねぇ~~~
隠居暮らしに徹するのも、オツなものかも…
デケルかな???

| | コメント (4)
|

2018年3月16日 (金)

削除とアマポーラ

今朝も、ブログ・更新アップしたのでしたが…、
今、目を通し読み返してイヤ(嫌)になり、全文削除しました、
ごめんなさい、

わたし、最近どうしたのだろう???
気持ちが荒んでいるようだ、
こんな自分は嫌ですわ、
ロシアの叙情歌(唄)に接しすぎたせいかな???
ロシアから離れましょうかねぇ~、

アマポーラ(ヒナゲシの花)で気持ちを切り替えられるかな???
吹いてみました、

最近は、この種の洋物曲には、1尺7寸地無し延べ管を使っていたのですが、気持ちを、穏やかな世界へひっぱり込むに、昔から常用の竹隠管・1尺8寸地無し継ぎ管を久しぶりに取り出して使ってみました、ヤッパ、この竹吹くと気持ちが落ち着きます、
が、管の調律は五線譜向きになっとらんので、気にしながら(加減しながら)吹きます、ホンの微細な調整だけれど…手の混んだ五線譜曲には使い難いのが残念、

アマポーラ(ヒナゲシの花).WAV

| | コメント (0)
|

2018年3月15日 (木)

帰らんちゃよか.

帰らんちゃよか.WAV

下手尺八でも吹き得るように、勝手に譜をいじくっています、
2番まで吹くと6分50秒にもなる、WAVフアイルでのアップが容量オーバーになってデケン、で、1番だけです、
A) カラオケ伴奏に合わせるか、
B) 唄に合わせて伴奏のつもりで吹くのか、
C) ひとりで尺八吹いて遊ぶだけか、
わたしはC)、コレなら譜をいじくって、間違って吹いてもかまわん、
ナニ吹いとるつもりなんや???
と、なると思うから、一応曲名だけは書き出しておきました、

| | コメント (0)
|

バカになって、尺八吹く人生も乙なもんだ

 テラーソン氏を信用できなくなった、
 首にし、CIA長官を後任に据えた、
 すぐ首にして別人を指名する…に、決まっとる、
 行き着く先は、自分の意のままになるイエスマン、
 若い美人女性だったりして…
 他の美人に目移りし、
 そのうち、なんとかナァ~ルだろうォ~~
…なんとか、なりますかね???…

総理は愛妻家でいらっしゃる、
かみさんは、伸び伸びと好き放題なさっとる、
かみさんの尻拭きに、忙しい、
…かみさんの尻、拭き切れますかね???…

野党の皆さんらは、
総理のかみさんの尻を、ありがたく拝見させてもらって、天下取った気分、

浮かばれないのは、意に添わぬ仕事(決裁文書の書き換え作業など)させられて、そのあげくがトカゲの尻尾で、切り捨てられる方々だ、
この延長線上に、国民がいるのですよね、

わが国では、“トカゲの尻尾切り”という、
西洋語で言うとスケープ・ゴートかな、
殺して神様(上司に?)にお供えする小羊(ひつじ)のことだ、
わが国のヤクザ界でいうと“鉄砲玉”かな、鉄砲玉は行ったきり、敵陣営に討ち入って死ぬ役を担う下っ端のこと、
近畿財務局の職員氏、財務省の職員氏等、トカゲ尻尾にされたらたまったものじゃないですな、トカゲの尻尾にされるくらいなら、“窮鼠猫を噛む”の猫になって、旦那が吹ききれずに難儀中の〇〇夫人の汚尻にガブッと噛みついてやったらどう!!!
洗いざらいを内部告発したらってことですよ、

“忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず、ここに進退きわまれり”
ナニ、ええっかっこう言うとるのや!!!
“忠”や“考”は、言い訳だよ、欲得で身を処そうとしているだけじゃないの???
そんな根性だから、“書き変え作業”させられたのだろう!!!

バカになって、尺八吹く人生も乙なもんだ、と、わしゃ思っとるよ、

<と、もうひとつ、…小声で>

国政が、きれい事だけで済んだりはしませんわ、
“清濁あわせ飲む”のなかでのこと、
程度がねぇ~~、
“許せん”と、思ったり、
”まぁまぁ~かな”と、思ったり、

| | コメント (0)
|

2018年3月14日 (水)

「帰らんちゃよか」にも取り組みたいのだし…

ロシアの叙情歌(唄)を探索し「ヴォルガは流れる」(同名ソ連映画の主題歌)に行き着き、苦労さんたん、やっとメロデイを尺八譜に採り込み得ました、
静かな流れの曲調のなかに、極めてロシア的な厳しい感情が渦巻く歌だった、日本人の思う叙情歌(唄)とは全く違った別世界、
尺八でメロデイなぞり吹いても、曲趣に近ずくことは不可能、デケン、
こんな歌が、曲が、あるのですよねぇ~~~、

 遠く遥か流れくるは 果て無きボルガ 水豊かに 実りの畑 ま白の雪
 流れはボルガ わたしは17歳
 … … …と、歳相応の詩が続き、
以下、30歳、60歳、と、老いて行く…
厳しい状況が静かな曲調のなかでうごめく、

曲に接すること自体、シンドクて、疲れる、
ヤァ~~メタ!!!

竹友・K氏から「帰らんちゃよか」(作詞作曲・関島秀樹)の尺八譜が届いた、
もう20数年前のド演歌、氏から教わるまでこの曲のこと知らなかった、
吹いてみた、極めて吹き辛い譜ならびの曲、わたしには吹きこなし得ない、
コレも投げ出すしかないなぁ~~、が、接していて、シンドクない、叙情歌(唄)特有の癒しがある、
思い直し、再挑戦することに決めました、

ややこしい譜ならびを、削って、削って、下手なわたしでも吹き得るほどに改ざんしてみましょうかねぇ~~、
自分でチョッと吹いて楽しむだけだ、〇〇権侵害なんてレベル圏外だと思うから、
閲覧士諸兄も検索窓に、この曲名を書いてロンなさってみてください、エエ曲だと、わたし想いますよ、島津あやさんがリキンで歌っとる、聴いていると、なぜか気持ちが和らぐ、

さぁ~て、気象状況・天気図など検索したら、今日も沖はベタ凪だ、が、この凪、数日後には変化しそうだ、
思い切って、また、「花見カレイ」釣りに出てみましょうかねぇ~~、
どうしょっかなぁ~~~、
今、迷っとるところです、
「帰らんちゃよか」にも取り組みたいのだし…


| | コメント (3)
|

2018年3月13日 (火)

トボトボ散歩

悲しき天使.WAV

昨日久しぶりに沖へ魚釣りに出て少し疲れたようだ、コレが音色に出てしまった、
ゆっくり休めば、又、元気になって沖へも出たくなるだろう、

イギリスのメリーポプキンが歌って流行った曲だ、
が、元々はロシアで生まれた曲だったらしい、

今回は、繰り返し部分を1回カットして吹いている、
使用したのは、1尺7寸の地無し延べ竹、正律管かというと少し疑問がのこるが、最近は、洋物曲を吹く際は大概コレを用いている、

さぁ~て、今日はコレからナニして遊ぼうかな…
風もなく、暖かそうな日差し、
トボトボ散歩してきますわ…

| | コメント (0)
|

カモの群れ(雁?)が見事な隊列を組み、海空を飛んでいた、

<今朝の新聞 トップ・ニュースから…>

麻生太郎財務相は…(決裁文書の書き変え)最終責任者は⇒佐川宣寿前国税長官だ、
“俺はナァ~ンも責任なぁ~~い、と、言うた、

首相は、官邸で記者団に、「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態であり云々…」と、言うた、(信頼は未だ揺らいではいない、揺らぐ手間で止まっている)
が、「国民に深くお詫びする…」と謝罪、

首相も、麻生財務相も、我々は大局を見据えて、お国のために正しい道を進んでいる、
と、胸を張っている図かな、

お上のなさることに、間違いなんてあろうはずはない、ご慈悲、畏れ入りました、
ペコ、ペコ、

“将を射んと欲せばまず馬を射よ”ってことわざがある、
 夫人のご機嫌を取っておくと、旦那氏はご機嫌がエエ、
 夫人を取り込むと、国は動く、国を自在に操作デケル、

モリカケ問題かぁ~~~
他にも、似たようなことがぎょうさんあるのだろうなぁ~~~


何事かあって、“こう対応しよう、この手でゆこう…”と、決めたとする、
が、さらに良い手段が見つかったら、ら…どうしますか???
シャバ社会はいつもウゴメキ、喘ぎ、動きまくっとるのだ、新たな製品の開発や、より斬新なファッション、など等を、目指して…
あぁ、
わしゃ、最近、古今東西の音楽の世界・叙情歌(唄)を、尺八片手に散歩中だが、
この世界、ナニが悪で、ナニが善か、さっぱりワッカランところがオモロイ、

昨日は魚釣りに出ていました、
大きな、大きな40センチ超の「花見カレイ」を2枚釣った、
凪いだ穏やかな海だった、カモの群れ(雁?)が見事な隊列を組み、海空を飛んでいた、

| | コメント (0)
|

2018年3月12日 (月)

波平ズズイに釣られる魚って居ますかね???

財務省は、森友文書の書き換えがあった、と、“認めた”と、報じられていますね、
「千丈の堤も蟻の1穴より」だ、
似た言葉に…
「二度あることは三度ある」がある、
三度目も経験済⇒モリカケ問題(:森友学園・加計学園)

ウソ・ダマシですが…
かの国は過去にウソついて、世界を周辺国をダマくらかし、油断させ、この間に核やミサイルの態勢をつくり上げた、
で、また、近々、同じ手口を使う”ソブリ”…

中国、国家主席の任期の撤廃、憲法改正、
中国国内、今は、メデタイことだ、と、お祭りムードかも、
が、独裁政権ですよね、
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。 おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。 たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」
必ず堕落し、国内ムチャクチャになる、デッタイ間違いない、
今さらなんでこんな体制を採りますかねぇ~~
後継者の育成はどうなっとるの??
息子に国家主席を継がせるつもりかな???
息子は無いが、娘さんが居られるようだ、

貴の岩が白星発進ですね、
「一生懸命やるだけ」「ただ必死です」と、報道陣に語っとるようだ、
モンゴル国 ウランバートル出身の力士、どんな成績を残しますかね、
大相撲を背負って立つ力士になるかも、
ウソも、ダマシも、無しに、一生懸命・ただ必死に…

激動する社会にあって、わしゃ、ナニをしとるのだろう、
ただ、無為に老いをかさねるだけ…

昨日午後から、Mary Hopkin(メリー・ポプキン)の曲に聴き入っている、
彼女の歌う「悲しき天使」は、元はロシアの歌だったらしい、ロシア叙情歌(唄)を探るなかで彼女の歌を聴くことになり、聴き続けることになった、ビートルズの匂いがプンプンする、ポール・マッカートニーが関わっとるらしい、
今更こんなことに関心持ってどうするのや???
ただ尺八譜へ採取し、下手尺八を吹くだけ、
なんか貴の岩の言葉に似とるような気もするが…

あぁ~、こんな日々ではありますが、今日はホント久しぶりに沖へ魚釣りに出てみようと思っとる、今、午前五時です、1時間半後の6時半になったら、港へ軽四走りするつもり、
波平ズズイに釣られる魚って居ますかね???

| | コメント (0)
|

2018年3月11日 (日)

「バイカル湖のほとり」 「ステンカ・ラージン」

バイカル湖のほとり.WAV
歌詞(2番) 
戦い敗れて つながれし獄舎(ひとや)を
   暗い夜のがれ出(い)で この道を歩む
   暗い夜のがれ出で この道を歩む

ステンカ・ラージン.WAV
歌詞
くおん(久遠)に轟く“ヴォルガの流れ” 
目にこそ映え行く ステンカ・ラージンの舟(ふね)…

今朝のブログで「ヴォルガは流れる」って曲の五線譜楽譜を探している旨書き込みましたが、未だ見つかりません、
が、「ステンカ・ラージン」の歌詞のなかに“ヴォルガの流れ”ってくだりがあったので吹いてみた、
あぁ~、ステンカ・ラージンは人の名です、ヴォルガ川の海賊の親玉だった超有名人、川賊と言うべきかな、大活躍した人だったらしいが、最後は、とっ捕まって、生きたまま赤の広場で四つ裂の刑に処されたらしい、

ロシアの叙情歌(唄)には、凄みがありますな、

| | コメント (0)
|

トップ・ニュース

コレがよく売れていて、製造が間に合わないらしい、
高級フレジャーボートです、
定価7千万を超すボートですが、実際にはアレコレ追加装備も必要だから、最終的には9千万円を超す買い物になる、

わたしは地方公務員のOBですが、海好きで、若いころからプレジャーボートで沖を走るのが大好きだったので、ボートが欲しくて、欲しくて、たまらなかった、
が、ボートもココまでくれば異次元だ、わたしなんぞに手が出せる値じゃない、
が、が、羨望の目で、ヨダレ・ヨダレで、ずっと眺め続けていますのでね…
(で、ジャンボ・宝くじを買うのだ!!)
こういう買い物をする方々のことは、知り合いも居て、少しわかります、

大型パチンコ店(チェーン店になっとる)の所有者や、産廃関連業種の親玉氏が多いように思いますなぁ~~~、
医療関係者で海好きなお方も多い、なかでも歯医者さんが目立ちます、
勝ち組・企業の2代目・3代目、もちろん起業者ご本人(トランプ氏の類に並ぶ方かな)、
こういうボートは高級マリーナに預け置かれていて、めったに沖へは出ないです、いつ見てもピッカピカ状態で、マリーナに陸揚げされているダケ、
沖へ出るのは年に数回で操船はプロか順プロ任せ、所有者ご本人はほとんど操船なさらない、店で働かせている取り巻きや、若い女性らを乗せておられて、艇からはキャァキャァ黄色い声が聴こえてきますぜ、ソリャ華やかなもんだ、

お前、そういう艇に乗せてもらったことあるの???
あります、あります!!!
が、身分の差というか、住む世界が違いすぎるというか…イジケてしまって、楽しくない、
シンドイだけ、

トランプ氏は自家用飛行機をお持ちでしたよね、豪華ヨットやボートはどうなのだろう???
金正恩氏は、個人的に、この種の物、持っとられるのかな???

お二人の会見ですが…
実現するの???
これからしばらくは、この話題が、ニュース・ネタのトップかな???
“決済文書”は複数存在し、疑惑は深まるばかり、
ヒョッとしたら、また、自殺者が…
わが国のトップ・ニュースは、イジケて、セコイのバッカシですなぁ~~~
否・威勢のエエのも無いこと無い、どこかの山が噴煙あげて怒りだしたりして…


♪♪ 
ロシアの叙情歌(唄)を探っていて、「ヴォルガは流れる (Течёт река Волга)」に行き着きました、が、残念ながら、どうしても楽譜、見つけ得ません、ご存知のお方が居られましたら“探し方”教えてくださいませんかdown


| | コメント (2)
|

2018年3月10日 (土)

「ソフィアの歌」 「アムール河の波」

ソフィアの歌.WAV
昨夜から、書棚を探しまくっても無いのですよね、昨年、終活断捨離を断行した際、誤って捨ててしまった、と、しか思えない、吉村昭著「大黒屋光太友」です、見つけ出して、この歌の背景を今一度探ってみたかった、が、「本」を捨ててしまって、無い、残念!!!
この歌は、歌詞が延々とありましてね、前のブログにアップの歌詞は、実際には使われていませんです、ロシア語を邦訳の際様々に翻訳されていたりして、ややこしい、
メロデイは短いのを繰り返すだけですが、尺八では意外と吹きにくい譜並びになっとって、わたし、移調しまくり、最終的には♭ひとつの譜にしてみました、

アムール河の波.WAV
どう言いましょうか、ロシアの大河ではこういう感じの波があるのですなぁ~~、
極めてロシア的な波だと思います、その分、ピッタシ吹きこなすのは、わたしには無理みたい、
全曲をWAV仕立で吹きますとね、要領が大きくなりすぎてアップでけん、
で、繰り返し部分をすべてカットで、吹き流してみました、
借りてきた猫のニャ~ニァ~に似ていますな???

| | コメント (0)
|

気が散ってかなわん

北朝鮮・金正恩氏とトランプ氏は、5月までに会う、と、報じられている、

昔・1945年のこと、
わが国・重光外相は、東京湾に大きな顔で入ってきた米国軍艦ミズリー艦上に、おそれながらと伺候(しこう)し、無条件降伏文書に調印した、
これで太平洋戦争が終わった、時代は次の幕に移った、

金正恩氏は、降伏文書調印覚悟で、会談に臨むのかな???
そりゃないよなぁ~、“脅し”に行くのだと思いますよ、
 これ以上圧力をかけ続けるなら、もう許さん!!!
 最後の手立てをとるぞ!!!

胸を張り周囲を圧する大威張りで…
威圧されたトランプ氏、風圧感じて後ろへ吹っ飛んだりして…
クヤシクて、後で、ツウィートしまくる図式かな…

金正恩氏は米国まで飛べる飛行機持っとるの???
燃料は足りてますか????
トランプ氏への手土産はナニ???

お二人は極めて似ておられますなぁ~~、
雰囲気や横柄な態度なんぞはそっくりだ、
どちらのかみさんも、すこぶる付のベッピンさんだし…

さて、
来週から、しばらくの間、絶好の釣り日和が続きそうだ、
週明けには沖へ出てみよう、“花見カレイ”が釣れるかも、

さて、さて…
ロシアの民謡を探っていると、どうしてもシベリア抑留(よくりゅう)のことがひっかかる、又々、図書館に走り、関連本を借り出し、マバラに飛ばし読みしたりしていましてね、ヒマヒマ時間はナンボあっても足りません、
気を散らしながらでは、静かな気分で叙情歌(唄)ナンゾ吹けんです、
が、それはそれ、ロシア民謡⇒尺八譜、やってみましょう、学術研究なんかじゃない、気の向くままにエエとこ取りして遊んどるのです、

昔、江戸時代、田沼意次の時代、廻船の船頭(木造の大型貨物船・神昌丸船長)で大黒屋光太夫って人が居た、駿河湾沖で台風に遭遇し、遭難し、アリューシャンに漂着し、アレコレ苦労のなかロシアに助けられ苦労苦労の末9年後に帰国したのだが、ロシアでの彼の様子が歌になっとって、コレが「ソファイアの歌」、ソファイアって女性が作詞した歌、今やロシア民謡になっとって、イロイロ編曲され軍歌にも変身したりしとるらしい、
あぁ~、帰国した光太夫はこの歌を覚えていて、帰国後,ロシアでの見聞内容を記録した中に残っとる、遭難したのは田沼意次が老中だった時、帰国した時は松平定信が老中、
松平定信はロシアに関心が深く、光太夫のロシア見聞を北槎聞略(ほくさぶんりゃく)って「本」にさせた、

 光太夫はこのように歌ったようだ
 ああ たいくつや 我
 ひとの国
 皆々たのむ
 みなみな すてまいぞ
 なきけないぞや おまえがた
 なさけないぞや おまえがた
 見むきもせいで あちらむく
 うらめしや つらめしや
 い ま は な く ば か り

実はこの曲、既に尺八譜へ採取済だ、
今日は、もう1曲、これも採取済ではあるが、今一度、より吹き易ようにならんか工夫してみよう、「アムール河の波」、

| | コメント (2)
|

2018年3月 9日 (金)

雨が上がり、庭の梅がホボ満開になった、

悲しくてやりきれない.WAV

この曲、昨年11月にも吹いている、が、MP3仕立で気張って吹いたような気がする、
WAV仕立でごく軽く吹きなおした、

雨が上がり、庭の梅がホボ満開になった、

| | コメント (0)
|

今朝、ホトトギスの声を聴きました

東京のバスガール.WAV

どうせひろった恋だもの.WAV

カチューシャ.WAV

赤いサフラン.WAV
(サフランはロシア女性の民族衣装、母親が嫁ぐのを嫌がる娘を諭すのが曲になっとる)


チョイ昔の日本のド演歌 VS ロシアのド演歌(民謡)
並べて吹くと、なんか気分的が、チグハグになる、
コレはコレなりに、おもしろくもある、

どうやら雨はあがったようだ、
コレから春が本番を迎える、今朝、ホトトギスの声を聴きました、
東京特許許可局が、どうだこうだ、と、言うていた、

| | コメント (0)
|

雨音がするがもう寒くない、暖房OF…

癌治療に“ゲノム医療”ってのが、この4月から始まると報じられている、
患者の遺伝子を調べ、効く抗癌剤を見つけ投与する、の、療法らしい、
免疫療法(オプジーボ)はすでに昨年秋から保険適用になっている、
正直言うて、わしゃ、ゲノム医療と、免疫医療(?)の違いがよくわからん、
が、が、急速に癌治療が進んできたことは判る、

癌は、病気で生身の身体のことだ
が…
会社にも、国の政治にも、世界の平和に関しても、どのジャンルにも癌(ガン)がある、
レスリングにセクハラがあり、教育界にモリカケ(森友・加計)があり、談合や仮想通貨などなどナンボでもある、
それぞれに効く薬(?)・治療があり、開発され、結果、社会は生き延びる、

北朝鮮は、独裁政権のもと、核やミサイルを開発し、仮想敵国へ備えている、
備えすぎだ…
北朝鮮は、この際、憲法を改正し9条を唱えたらエエ、
ココまでしないと、もう、韓国以外の国々は枕を高くして眠れない、

韓国から、このたびの会談結果を聴き、トランプ氏は、どうするのでしょうなぁ~~、
「あぁ~そうですか」で、済ます気は無いと思いますよ、
武力攻撃すると思う、
アメリカは、太平洋戦争の際、日本の都市を無差別爆撃し、原爆を投下し、9条を押し付けた(?)国ですわ、
トランプ政権だ、節操が無いよ、ヤバイですなぁ~~

さて、隠居波平のつつましやかな日々のこと…
昨日、ミス・コロンビアの持ち歌
「旅の夜風」「悲しき子守歌」を吹いて…
この後に出てきたコロンビア・ローズの持ち歌も吹いてみたくなった、
「東京のバスガール」「どうせひろった恋だもの」
と、この度、思い切って購入した楽譜本「ポピュラーソングのすべて1001」を飽きもせずメクリ見ていましてね、ロシア民謡に目がとまった、
「赤いサフラン」「カチューシャ」「ソフィアの歌」

今朝は、午前1時半に目覚め、すでに、上述の曲を尺八譜へ採取した、
雨音がするがもう寒くない、暖房OF…

| | コメント (0)
|

2018年3月 8日 (木)

「酒とふたりづれ」「旅の夜風」「悲しき子守歌」

酒とふたりづれ.WAV

旅の夜風.WAV

悲しき子守唄.WAV

「酒とふたりづれ」
同名曲が他にもあるようですね、
今回吹いたのは、巷にはあまり知られていない方の曲です、
難しい曲で、正確に吹くのは力不足でわたしには無理、で、混みあった譜をすこし間引いて吹いてみた、

「旅の夜風」
ド演歌を吹いたら、ド演歌気分になってしもうて…
ド演歌の代表曲はナニかな、と、思いついたがコレだった、

「悲しき子守歌」
大昔、ミス・コロンビアって美人が居られて、この曲を流行らせた、
コロンビア・ローズさんとは別人ですよ、「十九の春」とか「悲しき子守歌」などの歌手でいらした、
不思議ですなぁ~、わたしの演歌尺八譜集に、ミス・コロンビアさんの曲が「旅の夜風」以外ナァ~ンも無かった、で、今朝、この「悲しき子守歌」を尺八譜へ追加した、その試し吹きです、

| | コメント (2)
|

ゲス(下衆)の勘繰り、封書、封書、封書…

韓国大統領の特使として北朝鮮を訪問したチョン・ウイヨン氏らは、今日8日、トランプ氏あての金正恩氏のメッセージを持って、米国へ出発する、と、報じられている、

“ゲス(下衆)の勘繰り”だが…
 ※ “メッセージ”は封書なの??
 ※ “封”はしてあるの???

“封”がしてある、と、してない、では、だいぶ印象が違いますよね、

封がしてあったら、ら…
⇒子供の使いだ
してなかったら、ら、ら…
⇒⇒メッセージは、韓国と北朝鮮と2国から、米国へ向けて発せられたメッセージだ、

封がしてあっても、なかに何が書いてあるかは、韓国は盗み見するでしょうなぁ~、
しないで済ましたりはデケンですよね、
しないで済ましたりは、まさに国を売る行為にあたりますよ、

と、もうひとつ、
封書(?)は米国・トランプ氏へ宛てた1通だけで、わが国・安倍氏に宛てたのは無いのでしょうなぁ~~~
安倍氏は、わが国は、今後、蚊帳の外から、トランプ氏の顔色を窺う(のぞき観る)ことになる、コレ、かっこよく言うなら、集団的自衛権の発動ってことになるのかな、

メッセージは文書ではなく、口頭で託されたものなのかも…
そんなこと、あり得ますかね???
やっぱ、文書でしょうなぁ~~、
“公開”されますかね???
されないでしょうなぁ~~~、
公開は、礼儀を失した行為になりますよね、
と、なると…
わが国は、今後、韓国と米国の顔色を気にしつつ、下衆(ゲス)の勘繰り・勘ぐりで、振り回され、後塵を拝しつつ、ビクビクしながら過ごすことになる、

回避する手立てがないわけじゃない、
封書を今日開き読んだトランプ氏は、口をつぐんだまま、即刻エアホースワンに飛び乗って、日本へ飛来し、安倍総理に会うことだ、コソッと封書を安倍氏に開き見せることだ、
が、こんなことは、これまた、あり得ないでしょうなぁ~~~

封書で済んでよかったですなぁ~~~
ミサイルがいきなり飛んで来たりするのと比べると…

| | コメント (0)
|

2018年3月 7日 (水)

「バラ色の人生」 「悲しき雨音」

バラ色の人生 .WAV

悲しき雨音.WAV


「バラ色の人生」…曲の芯だけ単純に吹いてみた、スカみたいな人生になっちゃった、

「悲しき雨音」…曲趣対比で吹いた、今日は晴天、エエ春日和、譜を少し触った、

| | コメント (0)
|

ナニ色かなぁ~~~

北朝鮮ミサイル実験凍結、南北首脳来月末に会談、非核化へ「米と対話」
と、ある、今朝の新聞に…

韓国から北へ出向いた(会談)特使メンバーは、

日本へ来て訪朝結果を説明するそうな、
「わが国の国内問題ですけどね、お知らせだけはしておきましよう」
と、でも、言うのかな???

アメリカ行って、
「これでよろしいか???」
かな???
“兵糧攻め”が効いてきた!!!
得意顔のトランプ氏が目に浮かぶ

“体制の安全が保障されれば核を保有する必要はない…”
と、北は言うたらしい、
南は…
“あぁエエですよ、それは保証しましょう”
かな、
“北の現体制の存在”こそが、ヤバイのでしょうが!!!

北の、核やミサイルや通常兵器は…
 韓国に向けられていないかぎり、どうってこと無い、
 米国や日本を脅すにエエ道具だ、必要だ、
韓国から見たらってことですよ、

「バラ色の人生」(La Vie En Rose)って曲がある、
元々はシャンソン曲だが、様々に展開し、イロイロなバージョンがある、
ルイ・アームストロングはトランペットでジャズに吹きあげダミ声で歌ったし、イブ・モンタンも歌った、越路吹雪が歌ったのをユーチューで聴くとイマイチかなって思ったりするが、好き嫌いは人さまざまだ、
1946年のエディット・ピアフの曲だが、ヤッパこの人が歌っとるのが1番かなと思う、
わたし的にはこの曲のピアノソロが大好きだ、わたしが死んだら葬儀の場にこの曲のピアンソロを流してもらいたい、棺桶の中でゆっくり聞きながら灰になりたいと思う、
わたしの人生???
「バラ色の人生」なんかじゃない!!!
くたびれダラダラした日が続く今日この頃、
ナニ色かなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2018年3月 6日 (火)

「ダヒル・サヨ」 「ブルーハワイ」

ダヒル・サヨ.WAV

ブルーハワイ.WAV

ブログにドッスン落ち込み型の話題を載せたら、気分転換したくなった、
で、ハワイアン・ミュージックに挑戦してみた、

ハワイは嫌いなわけじゃない、
不思議と行ってみたいと思わないまま今に至った、
尺八で訪れてみるのもオモロイかも、

高校2年生の時、プレスリーが兵隊で搭乗しているとウワサの米国艦艇が神戸港7突堤に着岸したことがある、友人Sと二人で自転車に乗って出かけて探したが、サッパリ見分けが付かんかった、ブルーハワイを吹きながら思い出した、
S君は早死にだった、亡くなってはや18年になる、二人で出かけた時、我々は18歳だった、

| | コメント (2)
|

そらまた、お元気でよろしいなぁ~~~

イカナゴの稚魚・シンコ漁が、今、最盛期だが、ここままだと資源枯渇(イカナゴが居なくなる??)が心配だ、昨年は漁期を短縮したのだった、今年も短縮すべきだと思うが…
3隻が1組で巨大な網を曳いてガッポリ徹底的に獲る漁法だ、魚魚らを獲り尽くしてしまうよ、コレですわ、

沖へ魚釣りに出てみたいが、いまいち気象が安定しない、もうしばらく様子見だ、無理して出ても、どうせ、ナァ~ンも釣れない、が、まぐれに、釣れたりするから出るのですがね…

なじみの“餌さ屋”が、1月末に店をたたんでしまった、
「どうや??元気にしとるか???」と、電話したら、「コレからは魚釣りして遊んで暮らす」と、オッサンは言うていたが…
オッサンの店から300mほど離れた位置に、大型のチエーン・釣具屋がある、老夫婦二人の個人営業だ、太刀打ちデケンよなぁ~~
客(釣り人)の良き話し相手だった、釣り人の自慢話を聴いて一緒に喜ぶことができた、オッサンに釣果を見せようと帰路立ち寄る釣り人が結構居た、わたしもそのひとり、

今朝の朝刊1面、
「正恩氏、韓国特使と会談」と大きな見出し文字、
横に「習経済云々…」とあって、習近平氏の写真が載っとる、
外枠、紙面案内欄に、森友文書政権が防戦・4面、と、ある、
4面にナニが書いてあるの???
4面を開いてみた、
が、読む気がしませんわ、

安倍首相は、「私はあずかりしらない」と答弁を避け続けている、の、ですよね、
 金正恩氏は、妹を舞台に送り出した、
 トランプ氏は、娘を出した、
 安倍首相は、かみさんがデシャバッタ尻拭い、
首相は、かみさんに振り回されているように見える、
“見える”ってレベルかな???

ガン治療薬・オプジーボはこの4月から薬価24パーセント引き下げになったようですね、
ありがたいですなぁ~~~
ナヌ!!
この薬のことご存じないの???
そらまた、お元気でよろしいなぁ~~~、
薬の厄介になんぞならん方がエエに決まっとる、

| | コメント (0)
|

2018年3月 5日 (月)

「ひき潮」 「浪路はるかに」 「波濤を超えて」

ひき潮.WAV

浪路はるかに.WAV

波濤を超えて.WAV

昨日、一大決心し、キューイッパー叩いて購入した「楽譜本」の中から、海・波に関わる曲を3曲抜粋し、吹いてみた、
稽古もナァ~ンもしとらんが、ワシャ、海が大好きヅヅイ、曲趣を楽しみつつ吹くに稽古なんぞ不要だ!!!
アッハッハ、それにしても、3曲目のはだいぶ間違えて吹いていますぜ、

| | コメント (0)
|

飽きないですなぁ~~~

今朝はあたたかい、午前4時前・室外12度、
が、いつものように灯油暖房機を点け、空調機スイッチオン、
あぁ~雨音がし始めた、大雨になりそう…
今日は午前中二人で外出する用事がある、いつもの場所に洗面器据え置いておく方がよさそうだ、雨漏り対策、パソコンを置いているテーブル前に、

さて、さて…
今朝は起きてからずっと、楽譜本「ポピュラーソングのすべて1001」(9180円」を開きみている、
楽譜を眺めながら、その曲をユーチューブで検索し、楽譜と照合しながら聴いている、
既に尺八譜へ採取済の曲は、尺八譜に修正の手を加えたりする、
この「本」に掲載されとる曲数はホントに1001曲あるのかな???
数えてみた、間違いがあるかもだが千曲を少し下回る数だ、

「波とうを超えて」(Over The Wave)が366頁にあった、好きな曲だ、既にだいぶ以前に尺八譜へ採取済の曲、
“波濤を超えて海を走る”コレ、わたしが一番好きなこと、荒れた海は怖い、が、沖を、波の中を、突っ走りたい、
愛艇「はまちどり」で、播磨灘から→関門海峡を突っ切り、響灘・玄界灘まで一気に26・7ノットで突っ走ったことがある、
無茶をしたものだと今さらながらアキレはするが、また、やってみたい気持ちはある、
78になるズズイ、バカは死ななきゃ治らない、

「波濤を超えて」は1884年に作曲されている、この頃は帆船だった、時化海を帆船が波に遊ばれながら走っとった、ウヌ、そうじゃなく既にスクリュウ船のイメージかな、
江戸の黒船騒動は1853年、タイタニックは1912年、勝海舟が米国へ行った咸臨丸はスクリュウ船で渡米は1860年、太平洋の波濤を超えてアメリカへ向かたのですよね、最高速度6ノット、イメージ的には波濤にもてあそばれながらって感じかな、
と、アレコレ想いながら、この曲の楽譜を眺め、ユーチューブで曲を聴いている、
飽きないですなぁ~~~、

いつの間にか、机周りに楽譜本が仰山ならんどる、
五線譜を見たら、おおよその曲想が浮かんだりすることがあるよ、
わしゃ、尺八ヅヅイだが…いやまったく、あきれたもんだ、

| | コメント (0)
|

2018年3月 4日 (日)

「夜空のトランペット」

夜空のトランペット.WAV

命と引き換えのつもりで、崖から飛び降りてネット購入した「ポピュラーソングのすべて1001」が届きました、
嬉しくて、嬉しくて…
無料閲覧の楽譜を探しまくって手に入れた楽譜は、多くの場合、編曲の手が加えられている、
が、この「本」掲載譜は信頼デケル、ココが一番うれしい、

さっそく、採譜し吹いてみたのだが、今までの同曲の楽譜とは少し違っている、コチラの方が余程しっかりした譜だと思う、
エエ買い物をした、これ以上歳食ってからでは、試し吹きを楽しむにも息が続かなくなっとると思う、
なんとか息切れせずに吹けた、嬉しい、
が、しかし、息継ぎ個所が間違っとるような気がする、少しづつ研究してみよう、

| | コメント (0)
|

「カナダ夕日」 「この街で」

カナダの夕日.WAV

この街で.WAV


「カナダの夕日」…
ジャズ曲の芯(メロデイ)だけ単純に吹くと、なんだかスカみたいですね、コレを芯に自由自在に思いのまま吹きまくってみたいものだ、
残念だなぁ~、わたしにはその力が無い、

「この街で」…
WAVファイルにすると、大きくなりすぎて、ブログアップ制限を超えてしまう、
で、繰り返し部分をカットして、吹いていますので、歌詞が乗れません、
昨日、長田公民館でリコーダの皆さんがこの曲を吹いておられたのが気に入って、採取してみたのです、

| | コメント (0)
|

今後のことはワッカラン

昨日は、神戸市・長田公民館の“フェスティバル”を覗き見してきました、
リコーダー教室が気になっていて聴きに行った、
教室の皆さんは4曲演奏なさった、内1曲「この街で」は、わたしの尺八ファイルには無い曲だった、帰宅後さっそく尺八譜へ採取した、作詞作曲は新井満氏、

“フェスティバル”はシッカリした構成だった、参加者も多かった、
が、ヤッパ、断然女性が多い、男性で若いお方は公民館の職員さんかな?? 
年配者も居られたがほんの少し、
リコーダーの先生や、教室の方々に少しお話をうかがってみたかったが、機会が得られなかた、

正直白状しますが、外へ(遠隔地へ)出かける際は、失禁対応下着をつけています、
自宅周辺を歩き回って足腰はそれなりに鍛えているつもりですが、イザ、昨日のように出かけると、ドッスン疲れる、
リコーダー演奏を聴いた後は、三宮のジュンク堂書店を覗いてみようと思っていたが、取りやめて、そのまま帰宅、
全音楽譜出版社の「ポリュラーソングのすべて」があったら、手に取って、どんな感じで楽譜が掲載されているのか検索してみたいと思っとった、諸外国の楽譜を多数掲載する昔からウワサの「本」だ、コレが著作権をクリアし復刻されたようだ、最新版は千曲以上も掲載されていて、560頁もの分厚い「本」だとか、

1万円近い値でしてね、わたし、自力購入は諦めていた、
が、だんだん自分の持ち時間が(命が)少なって来るのですよね、
この曲の楽譜が見たい、が、無料閲覧したい、と、“探しまくる時間”が惜しくなった、
帰宅後、決心し、ネット購入の手続きを採りました、
わたし「崖から飛び降り…」た、あぁ~、小池百合子氏は、都知事戦の際は“崖から飛び降り”た、が、衆院選挙の際は、崖の上で立ちすくみ動けなかった、
わたし、飛び降りて無事に済むとは思っとらん、今後のことはワッカラン、

乱視付近眼メガネを掛けていますが、新聞も読めない、楽譜も読み辛い、「本」を読むなんてシンドクてヤットレン、
が、百円ショップでメガネに外付けの老眼鏡を108円で買って付けてみたら、ら…
ビックリでアレコレが見えるようになった、
が、すでに最初に買ったのでは老眼度が合わなくなってきて、さらに老眼度アップのをまた108円で買ったら、又、見えるようになった、
最近は調子に乗って、「本」を読みまくっとる、全部・図書館の「本」だけれど…
こんなことしている間に、海も、春の海になるだろうと思う、
体調いまいちのカミサンほったらかして、未だ冬の気配残る海へ、魚釣りに出たいとまでは思わなくなってしもうたのですよね、歳ですなぁ~~~


| | コメント (0)
|

2018年3月 3日 (土)

実梅が3分咲きでミツバチが数匹やってきた

リニア中央新幹線の工事を巡る大手ゼネコンの入札談合が話題になっていますね、
談合はデッタイ悪だ!!
とは、ダァ~レも思っとらん、の、ですよね、

巨大工事受注を巡って、生き死に掛けて受注競争、
負けたら倒産する…
これでは、社会は成り立たない、

A社・B社・C社・D社、が、高級料理屋でコソコソ相談し、
入札競争は、シッカリやりましょう、
が、が、
勝って工事受注した企業は、儲けの一定率を、負けた企業におすそ分け(分配)することにしませんか???
そうしよう、そうしよう、賛成、賛成!!!
って、な、感じかな???

談合ってのは…
 摘発デケル、が、ツブシきれない
 浜の真砂は尽きるとも、世に談合の種は尽きまじ

今日は、某公民館でリコーダの演奏会があるらしい、
聴きに行こうと思っとる、
ついでに三宮まで足を伸ばし、本屋で全音楽譜出版社の“ポピュラーソングのすべて”を探してみたい、できたらチョイ手にとって拝んでみたい、
春の嵐も落ち着いてきたようだ、
昨日、梅が3分咲き、ミツバチが数匹やってきた、
夢の「楽譜本」を眺めてくるだけなら許されてエエだろう、キューイッパー(\9180円)、

| | コメント (0)
|

2018年3月 2日 (金)

春を吹いてみた

ほととぎす.WAV

暗路(やみじ).WAV

春の日は花と輝く.WAV

お気付きでしょうが、1曲目「ほととぎす」と、2曲目「暗路(やみじ)」は同じ曲です、
曲名に合わせ1曲目は“ほととぎす”を想い、2曲目は“失恋の悲しさ”を想いながら吹いてみた、自慢じゃないがワシャ経験者だもんな、ずいぶん昔のことになるけれど…

昨日は、春一番が暴れまわって大変だった、
が、今日は、朝から日差しもすっかり春めいて暖かい、
わが家の実梅の木も、2分咲き、否、3分咲きかな、

3曲とも、イギリスの民謡曲ですわ、
尺八では、無理せずに、セカラシイなど難しいのは吹くのやめた方がエエ、
と、は、思うが、この曲エエなぁ~、と、思ったら、自分の吹奏の吹奏能力の貧弱を忘れて挑戦し、ドッスン落ち込む、
「カナダの夕日(Canadian Sunset)」ってジャズ曲を吹いてみたいと思ってましてね、タダで閲覧デケル楽譜を探しまくっとるところです、

| | コメント (0)
|

こんな女にダァ~レがした~~

「星の流れに」(ほしのながれに)って歌がありますよね、1947年にデケタ歌らしい、
わたし7歳の時にデケタ歌ですわ、
当時、母と妹とわたしの3人は、父の郷里・山陰の小さな漁村へ疎開(そかい)していた、
疎開先の家に6歳上の兄ちゃんが居て、わたし、いつもこの兄ちゃんの後ろにくっついていた、兄ちゃんの後ろへくっ付いて城崎の花街へも行ったことがある、
店先で「ココで待っとれ!!」と、言われた、
兄ちゃんは同行の友人と店へ入ってしもうて、店先でずいぶん長く待たされた、奇麗な女の人が格子戸の奥に何人も居たのを覚えている、

“疎開(そかい)”って、今の若い人に判るかな???
戦況が悪化し、都市は米軍のB29の無差別爆撃にさらされるようになり、わが家は父の勤務地・神戸市内にあったが、危険になって田舎へ逃げていた、コレを疎開というていた、
疎開した直後、焼夷弾が落ち、わが家は全焼ですわ、
父が記念にその焼夷弾を探して、玄関の下駄箱の上に置き、長らく花瓶代わりになっとったが、いつ頃捨てたのだろう、今思うともったいないことをした、

アン(兄)ちゃんは、かっこよかったなぁ~、わたしは、なんでも真似をしていた、
「星の流れに」の歌も、アンちゃんが唄っとったのかも…
幼いころから耳にしていたように思が、いつ覚えたのかワッカラン、もう身に沁み込んでしまっていて…♪♪こんな女にダァ~レがした~~♪♪ の、一節はわたしの脳ミソの一部になってしまっとる、

韓国の大統領・文在虎氏は1953年生まれで現在65歳、
太平洋戦争は1945年に終わっとる、が、氏は、従軍慰安婦のことが頭に沁み込んでいるらしい、
♪♪こんな女にダァ~レがした~~♪♪
ネジ曲がって、沁み込んどるようだなぁ~~~、可哀そうに…

自国民を、自国民の子女を護り切れなかったのは、すべて隣国・日本のせいだ!!!
謝れ、責任取れ、と、文在虎氏は声高に言いまくる、
今の大統領(自分)にはナァ~ンも責任が無い、今の自分に課せられたのは、日本を声高に責め続けることだ、と、お考えのようだ、
♪♪こんな大統領にダァ~レがした~~♪♪

あぁ、先の大統領・パククネ氏は裁判中で今、被告席、彼女も思っとられるよ、
♪♪こんな女にダァ~レがした~~♪♪

| | コメント (0)
|

2018年3月 1日 (木)

奢れる者久しからず、ただ春の夜の夢のごとし

トランプ氏の娘婿クシュナー氏は、事実上の米国大統領カモのお方ですよね、
が、機密情報に触れる権限を制限されたと報じられている、
トランプ氏は娘婿氏の意見を入れて動くのでしょう、
機密情報に接し得ないまま娘婿氏が勝手な判断をする、それを、それをジイチャン・トランプ氏が真に受ける、
ヤバイですなぁ~~

さてさて、こんな中で…
五輪発・南北朝鮮融和ムードが進行中だ、
融和ムードが現実味をかもしだすと、核兵器よりも危険な兵器(?)になりますぜ、

北が、突然一方的に南北38度線の壁を取り外し、南からの自由な流入を許したら、ら…
 韓国人は雪崩を打って北へ入るよ、融和ムードに騙されて、自由な天地と勘違いして…
 北は、北朝鮮人民の南への自由な往来・移住をも認めるようになる、
 核兵器の管理・鍵は、金正恩氏が握ったままで、軍隊掌握したままで…

南北融和が進み、両国民が見かけだけにせよ自由往来し始めたら、ら…
もう、米国は、北へ武力攻撃するのは不可能、
南北朝鮮は、ひょっとしたら異制度2国の連邦国家樹立宣言し、周辺国へ向かってニコニコ顔をするかも、
が、が、が…
日本へだけは、不機嫌顔のママ、
在韓米軍は、韓国から撤退せざるを得ない、

朝鮮半島連邦国家と強調し、中国はますます覇権度を向上させ、大きな顔をし始めるに違いない、早晩、わが国も、中国に抱きかかえられる方向かな、

この見立て、娘婿氏の見立てを伺いたいものだ、
トランプ政権はクシュナー氏がカギだ!!!
トランプ氏が、娘婿氏・重用をし切れなかったら、護り切れなかったら、ら…
トランプ氏は娘婿すら守れないボケ・ズズイだと世界中が思ってしまう、

要するに、北朝鮮は、短期間にせよ、一気に国境を開放し、韓国人を流入させることで、米軍の動きを封じ、完璧に抑え込むことがデケルってこと、核兵器は温存したままで…
融和ムード恐るべし!!!


安倍総理、新年度予算案の強行採決かぁ~~~
平和ですなぁ~~~
が、「奢れる者久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」かな、
わが国のことですぜ、


| | コメント (0)
|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »