« 自滅したりが流れだけれど… | トップページ | 11回生にも春が来た »

2018年3月23日 (金)

母校の「生徒愛唱歌集」

「LA PLAYA」(夜霧のしのび逢い).WAV
不安不安、これから行く先は、希望もナァ~ンもない、の、なかで、一転希望の明かりが、あたたかい人生が、にこやかに微笑みかけた、の、曲かと思う、エエ曲だ!!!

「ゆりかご」.WAV
60年ほど前、わたしが某・高校3年生だった時、同学年の音楽好きな者らが集まって「生徒愛唱歌集」を創った、100曲五線譜付きで載っとる、第1曲目は校歌、2曲目がこの「ゆりかご」(平井康三郎作詞作曲)、
掲載された曲群を今改めて見直して、当時の同級生らの中には、スゴイ秀才というか天才が居たのだなぁ~とあきれている、世界中の叙情歌(唄)をガクッと把握したなかで曲選びがなされ、編纂されている、楽譜掲載の構えが既に音楽家のものだ、本格的だ、
この曲「ゆりかご」は、なかでも特別かも…ひょっとしたら編纂した同級生が後奏部分に編曲の手を加えたような気がする、が、前奏部分が欲しいので、これはわたしが今とっさに吹き足した、
今日は、わたし夕刻前から母校・音楽部の定期演奏家を聴きに出かけるつもりだ、
で、久しぶりに、大昔の、母校の「生徒愛唱歌集」を繰ってみたってこと、

1尺7寸、地無し延管を使用した、
あぁ~、「LA PLAYA」は歌集曲の曲じゃない、

|
|

« 自滅したりが流れだけれど… | トップページ | 11回生にも春が来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自滅したりが流れだけれど… | トップページ | 11回生にも春が来た »