« せっかくの音楽がわたしのヒネクレ根性に汚され… | トップページ | 自滅したりが流れだけれど… »

2018年3月22日 (木)

ノクターン

「ショパン・ノクターン op-9-2」.WAV

わたしは長男なので家に仏壇がある、たった今、彼岸法会を済ませたところだ、
お坊さんをお待ちしてる間、待ちくたびれて、尺八を吹き始めたらお坊さんがやって来らた、

真言宗でしてね、お坊さんはいつも訳の分からんことを呟き唱えて、陀羅尼経を唸って…
終わって、少しお坊さんと声明の話をした、
お経の声明にも楽譜がありましてね、
ドレミハは、和風に言うと
⇒壱越、断金、平調、勝絶、下無、双調、 鳧鐘、黄鐘、鸞鏡、盤渉、神仙、上無、になります、
尺八の12律は当然のこのように唱えます、
と、お坊さんが唱えるお経もこの律で音楽になっとるのですわ、コレを声明と言います、
お坊さんと、古典尺八を吹く尺八ヅヅイは、話が通じ合うってことでしてね、
面白かった、

さて、この雰囲気の中だ、コレかなと思って、コノ曲を吹いてみたってこと、
ピアノで弾きますとね、手の混んだ自在に変化する曲、
が、尺八で吹くとなると、それなりに料理して吹くことになる、わたし、こんな曲の料理(尺八用に編曲)する力は無い、探していたらトランペット譜を見つけた、コレをチョイ触って、尺八用にして吹いたのが今回のアップです、

吹いてみて、坊さんのお経に似た、通い合う、雰囲気があるように思うが、どうでしょうね、

|
|

« せっかくの音楽がわたしのヒネクレ根性に汚され… | トップページ | 自滅したりが流れだけれど… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せっかくの音楽がわたしのヒネクレ根性に汚され… | トップページ | 自滅したりが流れだけれど… »