« 春子ビックリのご馳走 | トップページ | 「帰れソレントへ」 「オホーツクの舟唄」 »

2018年3月28日 (水)

凪いだ海は丸かった

まだ子供だったころ小さい地球儀を与えられ、以来ずっと身近に置いていた、
捨てた記憶がないのに無くなった、
結婚し別所帯の際、親元に置いたままにしたような気がする…
父も母も既に亡く、家も、地球儀も、すべて処分済、

欲しいのですよねぇ~~、地球儀が、
が、わたしのような老人には、地球儀なんてものは無用の長物の最たるものだ、
が、欲しい、それも海洋型(海流図や海底地形なども凸凹表示)のが欲しい、

指先でちょっと触れたら、どこかをチョイ触ったら、その場所に関わる叙情歌(唄)が鳴りだすのが欲しい、
例えば、イタリアのナポリあたりをチョイ触ったら、「帰れソレントへ」の曲が鳴りだすなんぞはシビレル!!!

昨日3月27日、天皇陛下、皇后陛下は在位ご最後に、沖縄を行幸啓された由、
戦艦大和は沖縄を救うべく海上特攻出撃し、鹿児島県枕崎沖に沈没したのだった、
昭和天皇から「…沖縄はもう救えないのか…」のご下問があった後だったとかの話もある、
枕崎沖約200キロ当たりの海上をチョイ触ってみようか、
「軍艦行進曲」が鳴り始めたりするかも…

大きな文具店に行くと、展示スペースの隅っこに、地球儀が少し並べられている、
店の隅っこに…
売れ残りの陰りをまとって…

わが家は三木市内の山林を切り開いた民間業者の小規模住宅団地の片隅に略50年前に建てた、
分別収集ゴミ置き場に、先日、使い古した木製の銃剣が置かれていた、
その家のご老人がお亡くなりになったのかな、と、思った、
わたし、いつも興味津々、ゴミ捨て場を観る、
ココから、拾いあげ、持ち帰った物も多い、全然傷んでいない上質の釣竿などイロイロだ、
地球儀は未だ見かけない、

地球は丸い、地球儀を大きくしたら地球になる…

昨日は、朝起きて、天気図確かめ、大急ぎで準備し、沖へ出た、
「花見カレイ」が3枚釣れた、妹宅へ1枚、ご近所へ1枚、わが家は一番小さいのを1枚、
最小でも37・8センチはあった、
凪いだ海は丸かった、


|
|

« 春子ビックリのご馳走 | トップページ | 「帰れソレントへ」 「オホーツクの舟唄」 »

コメント

記事を読んでいて、ふと見上げたら、洋服ダンスの上に、埃に塗れた地球儀が有りました。まだ捨ててなかったようですが、物差しを当てて見たら、直径が25cm程でした。

埃を払ってから、触って見ましたが、何処を触ってもナンノ反応もしないオモチャみたいな安物でしたが、昔、寄港した港の位置に、何かの印を付けて居たような記憶が蘇って来て、探して見たら、黒い点の後が見つかって、懐かしく思い出しています。
「南極以外の全ての大陸に寄港した」なんて自慢していたオッサンが居たような?

投稿: 河童爺 | 2018年3月28日 (水) 13時09分

それって”宝”ですよねぇ~~、
河童氏ご自身の宝でもあり、子供・孫らの宝でもある、
デッタイ処分なんぞしないでくださいよ!!!

投稿: 隠居波平 | 2018年3月28日 (水) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春子ビックリのご馳走 | トップページ | 「帰れソレントへ」 「オホーツクの舟唄」 »