« 「夜空のトランペット」 | トップページ | 「ひき潮」 「浪路はるかに」 「波濤を超えて」 »

2018年3月 5日 (月)

飽きないですなぁ~~~

今朝はあたたかい、午前4時前・室外12度、
が、いつものように灯油暖房機を点け、空調機スイッチオン、
あぁ~雨音がし始めた、大雨になりそう…
今日は午前中二人で外出する用事がある、いつもの場所に洗面器据え置いておく方がよさそうだ、雨漏り対策、パソコンを置いているテーブル前に、

さて、さて…
今朝は起きてからずっと、楽譜本「ポピュラーソングのすべて1001」(9180円」を開きみている、
楽譜を眺めながら、その曲をユーチューブで検索し、楽譜と照合しながら聴いている、
既に尺八譜へ採取済の曲は、尺八譜に修正の手を加えたりする、
この「本」に掲載されとる曲数はホントに1001曲あるのかな???
数えてみた、間違いがあるかもだが千曲を少し下回る数だ、

「波とうを超えて」(Over The Wave)が366頁にあった、好きな曲だ、既にだいぶ以前に尺八譜へ採取済の曲、
“波濤を超えて海を走る”コレ、わたしが一番好きなこと、荒れた海は怖い、が、沖を、波の中を、突っ走りたい、
愛艇「はまちどり」で、播磨灘から→関門海峡を突っ切り、響灘・玄界灘まで一気に26・7ノットで突っ走ったことがある、
無茶をしたものだと今さらながらアキレはするが、また、やってみたい気持ちはある、
78になるズズイ、バカは死ななきゃ治らない、

「波濤を超えて」は1884年に作曲されている、この頃は帆船だった、時化海を帆船が波に遊ばれながら走っとった、ウヌ、そうじゃなく既にスクリュウ船のイメージかな、
江戸の黒船騒動は1853年、タイタニックは1912年、勝海舟が米国へ行った咸臨丸はスクリュウ船で渡米は1860年、太平洋の波濤を超えてアメリカへ向かたのですよね、最高速度6ノット、イメージ的には波濤にもてあそばれながらって感じかな、
と、アレコレ想いながら、この曲の楽譜を眺め、ユーチューブで曲を聴いている、
飽きないですなぁ~~~、

いつの間にか、机周りに楽譜本が仰山ならんどる、
五線譜を見たら、おおよその曲想が浮かんだりすることがあるよ、
わしゃ、尺八ヅヅイだが…いやまったく、あきれたもんだ、

|
|

« 「夜空のトランペット」 | トップページ | 「ひき潮」 「浪路はるかに」 「波濤を超えて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夜空のトランペット」 | トップページ | 「ひき潮」 「浪路はるかに」 「波濤を超えて」 »