« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

木の芽時(このめどき)

天気図を見る習性は釣りキチの特性かも…
気になってしかたがないなぁ~~、
ナニがって、連休中の天候急変のことです、

わたしは、この連休中ドコへ出かける計画も無く、自宅で静かに過ごすだけ、
天候急変でも洗濯物を慌てて採り込むだけ、
が、
若いお方等、ヤバイなあ~~~
海や山へお出かけになるのは止めた方がよろしいです、
週刊気圧配置図上では、遭難者続出のおそれがある、

木の芽時(このめどき)だ、
木々が一斉に芽を吹きだし日々様相が変わる時期、
が、この言葉は、あまり良い意味では使わないなぁ~~、
体調異変をおこしやすい時期だから気を付けましょう、って意味で使う場合が多い、
老人が、ポックリ亡くなったりするのがこの時期、
老人ですが…
わたし、今、77ですが、わたし等のことじゃないよ、わたし等の親の代、既に90を超えた超高齢な方々のことだよ、

老人ホームのデイサービス車が玄関に着き、親・老人を、息子・老人が、車イスに乗せてデイサービス車へ移し乗せておられる、老老介護、こういうお宅が周辺にぎょうさんある、
すでに、わが家すぐ近くでも、木の芽時・“具現化(?)”のお家があった、
なんと申しましょうか、言葉がないなぁ~~~、

さてさて…
南北会談から⇒今度は米朝会談かぁ~~
孫・親・爺の、△会談かぁ~~~
トランプ氏が席を立ったら、武力攻撃ですか???
 立つでしょうか???
 坐ったままでしょうか????

米軍は、会談前に、臨戦態勢を敷くのでしょうなぁ~~~、
だって、トランプ氏が席を立ったら、攻撃だ、北朝鮮はミサイル発射態勢に入るのは目に見えている、
連休中のメインストームも怖いが、トランプ氏のイス蹴りはもっと怖い、
トランプ氏は金正恩氏のことを「彼は、素直そうな…云々」と、小バカにしたような言葉を発していますよね、
上から目線を貫き通すおつもりなのでしょうなぁ~~~、
“老いては子に従え”って言葉がある、
こういう場合に使ったりする言葉じゃないとは思うが…

| | コメント (0)
|

2018年4月29日 (日)

SWANEE(スワニー)

地元紙・神戸新聞だけ購読の時もあった、朝日新聞や読売新聞の併読もあった、が、今は日経新聞の1紙だけ、それも朝刊だけ、株価変動などの証券頁は読んだことが無いなぁ~、ここはわたしには無縁のページ、が、知人のM氏の場合はココこそが命、退職後のゆっくりした生活なんて縁遠い生活で、現役当時は職場へ毎日出勤し自分が働いとった、が、退職後の今は退職金に働かせていているとのこと、コレが結構忙しく自分の時間がなくなったとおっしゃっていた、毎日毎日終日パソコン前に坐り込んで、株価などの動きを注視し、瞬時の判断で退職金に“さぁ働け!!”と、号令を掛け、売り買い号令を出されるそうな、儲けたり、損したり…
おなじようなことをしとるお方って意外に多いようですね、
生き生きなさっとるお方は、儲かっとるのでしょうなぁ~~、
疲れきった、ゲンナリ顔は、損したお方だ、

わたしなんぞは、証券市場に出して働かせるだけの原資がありませんわ、この証券世界には全く無縁だ、もう、日々の生活に回すだけの銭だけしかない、
つい先日から夕食の宅配を某宅食業者にお願いしました、
かみさんとわたしの二人住まいだが、1食分だけの宅食配達をお願いした、1食分を二人で食べますが充分です、足りますです、少し足りないと思えば、他になぁ~ンも無いって状態でもないから、なんぞかんぞ取り出して食べている、
この宅食の宅配ですが、土日祝日はお休みでしてね、配達が無いのですわ、通常の月~金だけですわ、住まっとる三木市のわが家地区は宅食配達依頼客が少なく、土日祝も含めた毎日配食のコースがないのですわ、ってことは…、昨日も無かったし、今日も無いわけだ、
昨日は、たまたま、妹がやってきてくれた、で、思いがけない御馳走があった、
世の中は、ゴールデン・ウイークなのですよね、
どこが、“ごーるーでん”なんかであるものか!!!
今日の晩飯、どうしてくれるのや、腹が減る自分が腹立たしいですわ、
歳とって、食べる量が減っても、やっぱ、朝・昼・晩、習慣で食べたくなるのですよね、
ブログ閲覧諸中の諸兄ら、こんな泣き言、聴きたくも無いですよね、
ウヌ!!、
あんがい、同じょうな歳で、宅食派だったりして…

あぁ~メンドクサイ!!!
生きるってのは、実にメンドクサイですなぁ~~~、

ナヌ!!!
もっと、大きなコトを考えろ、って、ですか???
安倍首相は、このゴールデン・ウイークに中東(イスラエル・パレスチナ)訪問されるそうですね、首相の場合は、政府専用機に指定席だ、ゆっくりくつろげる、食事だって、宅食なんてレベルじゃないご馳走だと思う、
が、ナニしに行くのかな???
トランプ氏に、「拉致問題を議題に挙げてね」と、頼んだら、その見返りに中東でのトランプ氏のヨイショを頼まれたのではないでしょうかねぇ~~~、
総理大臣をやめて、アメリカへ行ってトランプ氏の補佐官になったらどうや!!!

叙情歌(唄)探索旅ですが…
今日は、「SWANEE(スワニー)」をやってみようと思っとる、
 フォスターのスワニー(「故郷の人々」)と
 ガーシュインのスワニー、
スワニーには2曲あるのですよね、
実物のスワニー川はフロリダに流れとる川だ、ちょっと見てみたいが、わざわざ見に行くのもメンドクサイ、わしゃ安倍首相のような旅行好きじゃない、

| | コメント (0)
|

2018年4月28日 (土)

「波平竹音」

「波平竹音」、
ココに自分の仏間吹き・尺八(「叙情歌(唄)研究」)を、整理しながら吹いてゆこうと思います、

WAVフアイルでの収録です、開く際、少し面倒ですが、もしご興味がおありならクリックしてみてください、
わたし個人のごくささやかな遊びです、上手下手は忘れて好き放題、気ままに吹いとります、

五線譜から⇒尺八譜、は、わたし波平が適当に採取しています、
ひょっとして、〇〇権侵害なんてことになったら大変だ、尺八譜もついでにアップしたいがこれは差し控えます、

MP3ではなく、WAV仕立てにしたのは、可能な限り生音を聴き確かめたいからです、
圧縮ファイルでは、音が聴こえはするが、オモロナイ、

当ブログの、右サイドバーに、「波平竹音」として、リンク・アックします、

| | コメント (0)
|

未だ進行中だぁ~~~

父・母が亡くなって久しい、なにせ息子のわたしはもうすぐ78になるからなぁ~、
父は、老人ホームを極端に嫌がり、長男・わたしの家で往生した、母は逆でわが家のすぐ近くに大きな老人ホームの建設が始まって、わたしもあそこに入りたいと言い張り、お願いして入所させていただいた、ゆっくり歩いてもわが家からは3分とかからぬ位置、母は個室を与えられ、別荘を得た気分でわが家と施設の間を行き来した、が、途中に急な坂があり次第に億劫がり、たびたび電話で呼びだされ往生した、電話は施設の事務所の電話を拝借して掛けてくる、内容が施設への不満だったりする、

で、わたし、母に、無線通話機を持たせた、道路工事の際、保安要員二人が、道路のアチラとコチラにたって、無線機片手に、車の片側通行の整理をしていますよね、あの無線機を購入し、ひとつを母に、もう一つを我が屋に置いて、母がいつでも自由にわが家へ連絡できる仕組みを作ったのだった、この無線機は出力が弱く、少し距離が離れると通話ができないのだが、わが屋と施設は、道の両端をほんの少し延ばした程度で通話ができたのですわ、
が、コレ、長続きしなかった、日に何度も、何度も、通話機が鳴る、そのつど、様子を見に行くことになる、ヤットレン、
いろいろあったなぁ~~、施設には大変お世話になった、
父も母も、今は、息子・波平家の仏間・仏壇の中、

今日は、妹夫婦が訪れてくれるらしい、昨日、「どうしてるの???」と様子見の電話があった、
妹夫婦もすっかり老いてヨボヨボ寸前だが、なんとか車運転ができる、三田に住まっていて軽四で約1時間半の位置、先月、わたし、走ってみたが、途中迷い子になってしもうて、2時間近く掛かった、なんとか近道しようと思うと必ず道に迷う、
わたし、海では方向感覚が冴える、が、陸では狂う、
常の生活は陸ですよね、
あぁ~迷い迷った人生だったなぁ~~、未だ進行中だぁ~~~
と、思う、今日この頃、

今朝の新聞、“南北「完全な非核化」目標”の見出し大文字、
ニコニコ顔の両首脳の写真、
このお二人、向後どんな人生を過ごし、終えられるのだろう…
穏やかな日々が待っとるような気がしないが、どうなのだろう???

| | コメント (0)
|

2018年4月27日 (金)

イムジン河

イムジン河.WAV

今日は南北朝鮮にとって記念すべき良き日になる、の、か、どうか…
わっからん、わっからんが、良い日になって欲しい、

イムジン河は北朝鮮での呼び名、韓国ではリムジン河と呼ぶそうな、
南北境界線に流れる朝鮮半島の大河、

久しぶりの音源アップになる、
ヤッバ、自分の吹奏を聴き直せる場が必要だ、
当ブログとは別に、コソっと尺八吹奏稽古専用のブログを設け、常はココで楽しもうかと思っとる、

| | コメント (0)
|

今日は、曇りのち晴れらしいですな

ステッドラーのペンシルホルダーがほしい、画材屋に行ったら買えるかも…
いつのころからか、尺八譜を書く際、ドイツ製の鉛筆・ステッドラー・マルス ルモグラフ6Bを使っている、たかが鉛筆というなかれ、結構これが高価だ、1本160円(わたしが画材屋で買う際の値)、
毎日・毎日使う鉛筆だ、毎日幾度となく削るのですぐに短くなる、削って、削って長さが6センチを以下になったらペンシルホルダーに差し込んで使う、が、5㎝4㎝になったら、もうだめ、使うのが難儀だ、
ペンシルホルダーは百円ショップで108円、オモチャ的な作りになっとって手に馴染みがたい、ピタッと感がない、差し込んだ鉛筆が動き固定し難い、無理やりネジ部分を締めこんだらホルダーにヒビが入ってしまった、

以前は、譜面書きに、三菱Uniの6Bを使っていた、これもエエ鉛筆だが、芯は硬く細いのに鉛筆自体は太い、芯は硬いのに、なぜか早くチビリすぎる、4分4の曲を10小節も書いたら、もう芯先を削り直さねばならん、(硬い、ってのは、書く際に、紙にきつく押し込むような感じでないと書いた気がしない、ってことですよ)
に、比して、ドイツ製のステッドラー(鉛筆)は、芯が太く、柔らかい、強く書かないで紙を鉛筆先で撫ぜるようにして書ける、手に馴染み、使っていて、芯のちびり方がまぁまぁの感じで、これくらいのチビリ速度なら仕方が無かろうかと思う、(フワ~とした感じで書けるから鉛筆の芯の先のチビリ方が少なくて済むのだと思う)

楽譜を書く際ですが、音痴気味のわたしでも、なんとなく頭に曲が流れていましてね、と、言うか、流れているような気がするわけですよ、コレを、譜面を採取中の鉛筆の性能で邪魔されたくない、気持ちが乗ったままサラサラと楽譜を書きたい、
あぁ~、サラサラだなんて、嘘ですよ、わたしにそんな才能なんてありませんわ、が、貧しい才能のなかで五線譜睨んでいる、コレを鉛筆で邪魔されたくない、

このドイツ製の鉛筆・ステッドラーは、百円ショップでは売っていない、街の文具店でもなかなか見かけない品だ、わたしは画材屋でコレを買います、画家らがコレ使うようだ、だから画材屋があつかっとるのだ、
実は、わが家のかみさんが画家もモドキでしてね、日本画家の端くれ、彼女がこの鉛筆を下絵を描く際に使っとるのを、わたしが拝借して知ったのですわ、
使ってみてビックリした、この鉛筆スゴイ!!!と思った、
楽譜を書く際に使って、スゴイ、と、思ったってことは…
ナニかを見て、あるいは何かの想いを描き出そうとして、手にした鉛筆がその想いに応じ得たかどうか、ってことと同じですよね、画家にとって、鉛筆の良し悪しは極めて重大なことなのだと思う、

ついでに、鉛筆削りに使うナイフの話をしますね、
は、金物の街・三木特産の切り出しナイフを使っています、
名刀ですよ、刃の部分は玉鋼で出来ている、現代版の玉鋼ってことですよ、特殊用語になりますが青紙(ハガネの一種)で出来ています、現代版の玉鋼には、青紙と、白紙がある、簡単に言いますと白紙はプロの料理職人名が使う包丁や、カミソリの刃の部分、青紙は大工職人の用具などに使われます、青も白も、実に良く切れるのです、鉛筆削る際に使うと、ツルツル切れます、

今朝起きて、又、鉛筆を削っていて、フト思って、ダラダラ書いたら、ついつい書きすぎた、
今日は、曇りのち晴れらしいですな、

| | コメント (0)
|

2018年4月26日 (木)

インスタレーション

ヤマハ(株)に「人工知能合奏技術」を搭載したピアノがデケタそうで、演奏者ごとの弾き方ニュアンスを汲み取ってピアノが勝手に調和の取れた合奏をするそうな、
そんなのワシャ聴かせてほしくない!!!
人に聴かせたりするなよ、自分勝手にヤットレ!!!

A) 自分で演奏し、自分で楽しむ、
B) 演奏し他の人に聴いていただく、
C) じっと座って他の人の演奏を聴くだけ、

このA~Cに、
D)「Duet with YOO」という“インスタレーション”が参加した、ってこと、
なんやソレ???
 Duet with YOO…二重奏・二重唱のことですよね、
 インスタレーション…直訳すると⇒装置・設備・設定、転じて⇒演奏者の癖・技術などをIT解析し、自動的に伴奏演奏する装置の付いたピアノがデケタってこと、

人間の心の動きを、感情を、ITが勝手に読み取り、判断し、動き始める、
なんだか恐ろしい世の中になってきましたね、

哀しい気持ちになって、ピアノの前にすわると、ピアノが勝手に自動演奏しはじめ、すばらしい、哀しみに満ち満ちた曲を勝手に弾きだす、
やがて、こういうピアノが市販されるようになる、

さて、明日は板門店で南北首脳会談が行われる日だ、
どんな音を奏でるのでしょうなぁ~~、
 晩再開の席上、朝鮮半島の地図に竹島も描かれた板チョコが出されるそうな、
 わが国・日本は、“その板チョコ、ちょっと待った!!!”と、抗議中だとか、
 拉致問題解決も議題に挙げてね、と、お願い中だとか、

今日はエエ天気のようですね、瀬戸内海・播磨灘はベタ凪で鏡のような海面だと思う、
が、わたしは、野暮用があって、魚釣りに出ることがデケン、
最近、ひさしく、魚釣りに出ておらん、
身体から、塩気(潮)が抜けて、体調がよくありません、
このところ、諸般の事情から“逆・インスタレーション”が効いた状になっとって、さっぱり元気が出ませんわ、

| | コメント (0)
|

2018年4月25日 (水)

もうコレは叙情歌(唄)の世界

高校の同窓生に聖心女子大の教壇に長らく立っていた女性があり、同期生の集まりで彼女の公演があった、わたしは、参加し得なかったが、世話役が録音していて、わたし、DVDを無理言うて送ってもらい、聴かせてもらった、
今朝は起きて(午前3時半~)からずっとコレを聴いていた、

高校生時代、世界史の先生で高橋先生がいらした、彼女の録音DVDを聴いていて高橋先生のことを思い出したりした、先生は独特の口調で西洋史を歌うかのように講義なさった、
コレを思い出しながらDVD聴いていたら、彼女が、チョット話を止めて、「高橋先生のような話し方になっていますよね」と、おしゃった、

このところ、古今東西の叙情歌(唄)を探り漁り、ユーチューブで聴いて、コレはと心に響いた曲の五線譜を探し出し、
⇒尺八譜へ採取し、下手尺八で試し吹いて遊んでいる、
似ているのですよね、
聴いて心に響いた感じが…
彼女の講演と、叙情歌(唄)が…
彼女は、話し慣れた感じで、同窓生らに語った、
話の内容もだが、語る間合いも絶妙で、もう音楽の域になっとった、

彼女の修行のことを想う、
幅広く、かつ深く、修行し、自分を鍛えたのだ、
講演の様は、もうコレは叙情歌(唄)の世界、

さて、わたしの、たどたどしい叙情歌(唄)探索旅、
既にぎょうさんな曲を採取したので、次々探索の手を広げるのは、もう止めよう、
と、思っとったが、なかなか、気持ちが収まらない、
三日前から、トランペットの曲「トランペット吹きの子守歌」って曲と向き合っていて、コレが、なかなか難しく、採取に難儀している、
トランペットの楽譜は、多くの場合、ほぼそのまま尺八譜へ直し採ることが可能だ、が、この曲の場合は、トランペットの楽器特性を最大限に生かした曲になっとるようで、ってことは、尺八では真似吹きし難い曲で、何度も何度も工夫をかさねて、尺八譜へ採取するが、試し吹くと、ダメ・ダメ・ダメ、無理やりなら吹けなくもない、が、ダメだ、デンデン曲趣に添え得ない、昨日試し吹いて、尺八譜への採取を断念したのだった、が、上述の講演DVDを聴いて、すこし気持ちが変わり、今日1日だけ、再度の採取工夫をしてみようかと思う、
又、ダメになるのは、間違いないのだが…
尺八と、トランペットでは、出し得る音域に差がありましてね、オクターブひっくり返しの調整がどうしても必要になる、それも随所で、が、ひっくり返すと曲趣がひっくり返る、

| | コメント (0)
|

2018年4月24日 (火)

1728円

午前5時~同9時の間に閲覧いただいているような感じがある、当ブログの閲覧はこんな感じかな、
以前は、こんなじゃなかった、出勤後に職場のパソコンでコソっと覗き見いただいているような感じがあった、
総じて思うに、閲覧くださる方々は皆さんは、わたしと同様、お歳を召された、ってことかな、現役のお方はほとんど居られないのでは、と、思う、
以前は、けっこう若い世代のお方からも接触があって、魚釣りで沖へ出ていたりすると、プレジャー・ボートが「はまちどり」艇を見つけて近づいて、元気な大声で声掛けいただいたりすることがあったが、最近では、こういうことも無くなった、

ボヤキ、ボヤイて、閲覧数がとうとう百万回を超え、今月はすでに百十万回のアクセスカウンターだ、が、最近は、ケチなことしか書かないから、日々の閲覧数は少なくなっている、
開き見ても、オモロナイからだと思う、
そらそうでしょう、わたし、このところオモロナイ日がずっと続いていて、昨日もほぼ終日病院の待合室の椅子にボヤァ~と座っていた、順番が来ますとね、来院時に手渡されたガラ携・📳状の呼び出し機がピーピー音を出します、
待つ、待つ、待つ、で、日が暮れました、コレが昨日の話、
面白かったですか、こんな話???
わたしは、付き添いです、が、ナニが体調を崩していてこの始末、ありがたいですなぁ~、今のところ大丈夫だ、が、定期的にこまめに健康保険の世話になっとる、

今日は、別の用事がある、
愛犬・春子の散髪です、行きつけの獣医の元へ連れて行って散髪をしてもらう日、
コレが、ホモサピエンスのホスピタル通いより高額料金でしてね、そらそうですわ、わたしらはもう歳だから自己負担1割だ、が、彼女・春子は未だ若くて健康保険にも入っとらん、百割+アルファの高額全額負担、今日は2万円で足りるかな???
わたし・波平の散髪代は略2カ月に1度で1728円、あぁ~散髪は健康保険適用外、

理髪店へ入ると、「すぐに○○番の椅子へどうぞ」と声を掛けられ、入店後20分足らずで完了、見事な流れ作業なのです、髪を刈る者・髭剃る者・など等が略5分類されとって、あっと言う間の仕上がりで、1728円、

気持ちが良いかですって???
とんでもない!!!
決死の散髪行です、なにせ腰椎圧迫骨折を2度も起こしている身です、散髪椅子に座らせられて、椅子を起こしたり、寝かせたりするその都度、都度、腰に激痛が走る、
ソロっと扱ってください、と、お願いをするが、なにせ、上述の細分化作業の中だ、わたしのお願いは聴くそぶりはしてくれるが、すぐに忘れられてしまう、
あぁ、また、しょうもない愚痴を言うてしもうた、
オモロナイですよね、こんな話、

| | コメント (0)
|

2018年4月23日 (月)

見たくも、想像したくもない

ネットニュースで、中国でドラゴンボート競技練習中に転覆し、17名も死亡した事故が報じられている、救命胴衣を着けていなかったようだ、
この時期にボートが転覆し、あるいはボートから落水したりしますとね、ホンの数分で人は死にますわ、まず10分と生きておれんです、

が、が、が…
もう死んでしまったと、と、救助した者らは思ってしまう、の、だが…
いわゆる心肺停止の状態で、ダメだコリャ、の、状態でも、時に、蘇生したりすることがあるのですよね、低体温症・真っ最中の状態は、もう死んでしまっとる、と、思われやすいってこと、このことを知らない人が意外と多いようだ、このたびはどうだったのでしょうなぁ~~

わたしも、厳寒期・ダレも居ない早朝のマリーナで、氷付いた艇に乗り移ろうとして足を滑らし、艇と桟橋の間にドボンと落水したことがある、マリナー内の海面には薄氷が張っていましたよ、未だ若く這い上がるだけの体力が在ったから助かった、が、今なら、もう完全にアウト、

春夏秋冬、いつも、海で魚釣りしてきましたのでね、思えば幾度も危険な目に合っている、その都度、すこしずつ気を付けるべきところが判ってきて、それなりの態勢をとって、沖へ出ています、
いつだったか、プレジャーボートの専門誌「ボート・倶楽部」誌から落水防止のことで取材したいと連絡があって、常時備えておくべき設備や、態勢について取材に応じたことがある、

とか、言いながら、自分がひとりで沖へ出た際に落水したら、もう駄目だな、ジタバタせず、ゆっくり落ち着いて、低温症で眠りながらあの世へ渡るしかないなぁ~~~、
ヤバイですなぁ~~~

艇の錨(アンカー)をよせば良いのに、力まかせに引き上げていた際、腰椎を傷めてしまって、動けなくなり、必死の思いで、港へ帰ったが、立つことが出来ず、なんとか艇から、桟橋へ転がり落ちて…
なんと、コレ二度目の腰椎圧迫骨折ですわ、二度あることは三度あるかも…
ヤバイですなぁ~~~

昨日は、レストランで、あるお方と何十年ぶりかでお会いしたのだった、
テーブルに向かい合って座り、話をしていたが、わたしがトイレに立った際、お出会いしていた先輩はビックリなさったようだ、わたしがトイレに向かう後ろ姿を見て…
「あぁ~、こりゃ、もう駄目だ…」と、
わたし、自分で、自分の後ろ姿は見られませんわ、
見たくも、想像したくもないですわ…

| | コメント (0)
|

2018年4月22日 (日)

叙情歌(唄)と、軍歌は、気分的にヤッパ違うのですよね、

北朝鮮は核実験やミサイル発射を中止すると発表したそうですね、報じるメディアによって微妙に内容に差がある、ただ、確かなのは“核放棄”するとは言うておらんこと、

ミサイルに搭載可能なほど核弾頭が小型化デケたら、又、実験するのでしょうなぁ~、
で、成功したら、核実験やミサイル発射は中止する、この、繰り返し、
今までと、同じパターンだ、どこか違いがありますか???
そして、
安倍総理は、都度都度に、拉致被害者の早期帰国を求める姿勢をアピールする…

拉致問題解決は、日本国の大きな面子(メンツ=面目・価値などの意)だ、
国民が拉致されたのを取り返し得ないなんて国とは言えない、なんとしても無事に生還させたい、
が、この問題を言い続けることは、今や、安倍政権存続の安全弁(?)的な意味合いを帯びてきた、

なんだか、似ているのですよね、自衛隊の閲兵行進の際の行進曲演奏に…
♬♪ タッタ、タッタ、タラタラタッタ、タッタッタッタ タァ~~♬♬♬♪♪
コレ、陸上自衛隊の閲兵行進の際に使われる行進曲「大空」の出だし部分のつもりですがね、
勇ましいですなぁ~~、実に、素晴らしい曲です、

今の日本は、自国のメンツを保つに、キョロキョロしとる状態、安倍総理はトランプ氏、拉致問題を北へ頼んでほしい、と、泣きついている、
で、なけりゃ、わしゃヤットレン、と、言うている、
安倍政権存続のデッタイ的必用要件!!!
安倍総理は拉致問題解決で、支持率低下の急場をしのぎ切りたい、政権維持したい、
オイオイ、拉致被害者に政権を護ってもらうのか???

とか、思ったりしながら…
わたし、行進曲「大空」(陸上自衛隊式典時の曲)を尺八譜へ採取しました、
ハ長調の曲ですが、このまま尺八譜へ採取したら、尺八では吹き難くてしょうがない、こういう時にはヘ長調へ移調して採取すると、意外と吹き易くなる、移調して採取し終えました、簡単だ、4度上げて採取するだけ、
これから、試し吹いてみようかと思っとる、

どの政権だって、いつか必ず終焉を迎えます、
が、隣国大統領のように収賄罪・懲役○○年なんてことになったりはしないで欲しい、
軍歌を採取し過ぎたかな、
叙情歌(唄)と、軍歌は、気分的にヤッパ違うのですよね、

| | コメント (0)
|

2018年4月21日 (土)

身動きできる限り、海と親しんでいたいと思うから…

今月に入ってすぐ、略50年前の職場の先輩から「出会って食事しませんか…」と、お電話を頂戴した、声であのお方からだ、と、すぐに判った、
職場を異にして以来50数年間、一度もお出会いしていないお方、年賀状交換だけでのつながり、

二十年ほども前、わたし、エッセイ集を何冊か自費出版したことがあって、氏へも恐る恐るお届けさせていただいたことがある、が、何の講評も頂戴できなかった、
きっと、お目通しもかなわなかったのだろうと思う、が、残念だとも思わなかった、

実は、氏の今年の賀状に、体調が優れずヤバイ状態である云々の書き込みがあり、わたし思い切ってお電話させていただいたのだった、
氏は、「今、わたしは、電話口へ出られるような体調ではない、君だとすぐわかったが、申し訳ないが…」と言って電話をお切りになったのだった、
冒頭の、氏からの食事のお誘いは、体調が少し戻られたってことでもあろうかと思う、

実は、明日が、その食事約束の日だ、
昨日、氏から「…おじいさんは居られますか?」と電話があった、電話口に出たかみさんをわたしの娘か息子の嫁だと思われたようだった、

わたしが代わると…
明後日の予定は大丈夫か、とか、ワインや前菜、メーン、などに注文はあるか、等だった、
「酒は安物焼酎や日本酒をガブガブ飲んでいます、硬い物は難儀ですが、食べられなくもないです、よろしくお願いします」と、お返事した、
先輩は、どんでもない奴を誘ってしまった、と、思われたに違いない、
荷が重く、喉が詰まる、
聞いていたかみさんが、正装して出かけた方がよいという、
正装は葬儀参列用の用意しか無くなっている、皮靴が一足残してあるが、もう十数年履いたことがない、

今日も絶好の釣り日和、が、アレコレあって、自宅待機、
三木の里、山際の住宅団地の端っこに住まっているので、ウグイスの声などが常に聴こえる、ジャガイモを植えたり、あれこれ植えていて、昨日はエンドウ豆を植えた、
雑草が急に増えてきて、草抜きが大変だ、

愛艇の法定・定期検査の時期になっとって、その手続きをした、身動きできる限り、海と親しんでいたいと思うから…

| | コメント (0)
|

2018年4月20日 (金)

お前の言い方はいつもネジレテいる、良くないぞ!!!

テレ朝の女性記者が財務省の事務次官から取材時にセクハラを受け、女性は状況を上司に報告・相談し、公表するよう求めたが難しいと断れた、で、週刊新潮に連絡し、コレが、今、大騒ぎの発端になっている、
テレ朝の上司ですが、部下から取材時にセクハラを受けたと報告受けても、公表は難しいとしたのは、コレも又、セクハラ容認だと思うがどうなのだろう、
今に至って、テレ朝は、反省、反省だと思うが、考えようによっては、報道機関のこの態度・体質こそが、社会的には糾弾されるべきだと、わしゃ、思う、

それにしても…
安倍総理がトランプ氏のご気性なら…
アッと言う間に、事務次官も、麻生氏も首かも…
が、が、総理ご自身は、蚊帳の外、
総理は、忖度、忖度されて、忖度しまくられて、未だに蚊帳の外、よく考えれば、忖度しまくられて、政権運営してきたのだった、
が、忖度が外れたら、政権は維持が難しくなるのは目に見えている、
ように、思うが…
平気な顔を繕って、昭恵夫人連れて、トランプの元へお出かけになった、
頑張られているのですよね、総理大臣の職責を懸命になって勤めておられる、
りっぱなお方ですなぁ~~、

あぁ~、このわたしの言い方ですが、わたしの同窓生が嫌がって、お前の話し方は良くない!! と、言う、
わたしも、まっすぐに話したいが、ある種のイジケタ気持ちに侵されていて、で、ネジレタ言い方しかデケン、なさけないですなぁ~~~

さて、古今東西の叙情歌(唄)探索の旅、
漁り採取した曲曲を、和洋に大分類し、テーマ別に整理してみて、叙情歌(唄)の“芯”にたどり着き得たような気がします、叙情歌(唄)の“芯”“中心”は⇒“ふるさと”だと思います、
どの曲も、大なり小なり、“ふるさと”を歌っとる、関わっとる、
更に、ほじくると、“懐古の念”ってことになるが、懐古の念はマイナ~すぎて、そのままではなかなか“歌”には成し難い、“ふるさと”の衣をかぶせると、歌・歌が出てくる、
…ように思う、
物理的な“ふるさと”と、“心のふるさと”がありますよね、
これも、絡み合ってはいるが、ヤッパ、心のふるさとが上位ですな、
こんなしょうもないことに、グチグチいうていたら、また、同窓生から注意されるだろうなぁ~~、
お前の言い方はいつもネジレテいる、良くないぞ!!!


| | コメント (0)
|

2018年4月19日 (木)

錯覚的オモロサ

古今東西の叙情歌(唄)をシャニムニ漁り採取していたが、今までに何曲採取したのか自分でもわかっていない、無茶苦茶だ、このままでは、無茶苦茶の中に溺れそう、
で、主な曲を抽出し、3冊に分類し、ファイルに綴じ込んだ、
 和…50曲
 洋…50曲
 和・洋の海・河(川)曲…100曲

今日以降は、未採取曲採取にこだわり続けるのをいったん中止し、上述の抽出曲々を、稽古して遊ぼうかと思う、内緒で録音整理し、時々、聴き返して稽古成果を確かめつつ、日々過ごそうかと思う、

叙情歌(唄)採取と取り組んできて、なんとなく自分で納得するものがあった、
オモロイナァ~~と思う、
曲がオモロイってことじゃない、
生きるってのは、オモロイなぁ~、だ、

当たりもしない5億円ジャンボ宝くじを、又、買っている、
もし当たったりしたら、更に人生はびっくりのオモロなるに違いない、
1枚300円だった、
10枚買ってある、
もうそろそろ当たるような気がしないでもない、
この錯覚的オモロサは、叙情歌(唄)曲趣に没入する遊びに、極めて似ていると思う、

| | コメント (2)
|

アレコレあって魚釣り釣り気分になれん

「…ロシアに漂着した大黒屋光太夫が、鎖国中への日本への帰国の許可をエカチェリーナ2世に直訴するため、1791年にサンクトペテルブルクに滞在中に、光太夫の境遇をうたったソフィアの歌が作曲され、瞬く間に流行した。「ソフィアの歌」は、19世紀には訳詞と替え歌の問を横断し、抵抗歌や軍歌にもなった…」
・ウイキペディアの「ロシア民謡」からの抜粋、

今朝の日経朝刊最終頁「文化」欄に“光太郎の生涯オペラに”のエッセイが掲載されていた、
大黒屋光太郎は、1782年に伊勢から船出し、遭難し、ロシア領に漂着後、難儀・難儀を重ねた後、鎖国中の日本へ帰国した船頭、
彼は、横笛を持っていたらしい、いつもコレでナニか吹いとったようだ、そのなかにこの曲「ソフィアの歌」の元曲もあったのだと思う、わたし波平の推測だけれど…

光太郎は帰国後幕府に聴き取り調査され、ロシアでのアレコレを語ったが、この中で“こういう歌がある”と、歌ったのがこの「ソフィアの曲」(下欄にアップ)、
この曲と大黒屋光太郎との関係については昔から研究家がたくさんおられて、覗き見するとなかなか面白い、こんなのもある、
わたしは研究家でもなんでもない、タダのもの好きだ、が、この曲は大黒屋光太郎が作曲したのだろうと思っとる、
歌詞と、楽譜を、アップしてみた、

なお、ついでに、ロシア民謡のひとつ「カチューシャ」も挙げておきたい、
参考・中山晋平作曲の「カチューシャの唄」はわが国の流行歌で、上述「カチューシャ」とは別の曲だ、が、聴き比べると明らかに似ている、似ているというよりむしろ真似唄と言うた方がエエような気がするが、このことを殊更に言い立てる話は聞いたことがない、
「カチューシャの唄」の方は楽譜記載を控えたい、

Photo_2


Img005_2


今日はエエ天気だ、絶好の釣り日和、
が、気になることがアレコレあって魚釣り釣り気分になれん、

| | コメント (1)
|

2018年4月18日 (水)

弁当に釣られて出席してみようかと思っとる、

山田風太郎(小説家)、17年間にお亡くなりなったが奇想天外な小説を書くお方だった、わたし、作品の10分1も読み得ていないと思う、忍法帖などの小説はすべて終活断捨離の際捨ててしまった、が、未だに保持しているのもあって、「人間臨終図鑑上下」「半身棺桶」「死に言状」などなど、

今朝、目が覚めて床の中でグズグズしていて…
起きても用事があるわけじゃなし、どうしょっかなぁ~~
あれこれ昔を思い出し、もう充分生きたなぁ~~、と、めんどくさい気分、
ら、不意に、キリストの最後の言葉が脳裏に浮かんだ、

キリストは、処刑され、息を引き取る寸前に…
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ…」
(わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか)
と、叫ばれた、と、あるがホントだろうか???

ゴソゴソ起きだし、聖書(旧約聖書続編つき)と、上述「人間臨終図鑑上下」を取り出し、久しぶりに繰ってみた、

新約聖書・マタイによる福音書27-45を読み直した、
キリストは二度叫んで息を引き取った、と、ある、
マルコによる福音書にも、ほぼ同様の記述がある、
ルカによる福音書には、「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」というて、息を引き取られたとある、
ヨハネによる福音書には、「成し遂げられた」と言い、息を引き取られたとある、

山田風太郎の上述「人間臨終図鑑上下」はお亡くなりになった方たちの年齢順に編纂されている、巻頭に登場するのは、「八百屋お七」、満で15、数えで16歳、火付けの罪で火あぶりの刑、
善人・悪人、偉人等の臨終時の記録をあれこれ読み返しつつ思う、
不肖波平、ヅルヅル・ボヤァ~と生きて77歳10か月、
“もう、充分生きたなぁ~~~”と、

今日は、地区老人会が “やすらぎ会館”で開かれる日、
普段はわたし欠席しとるのだが、年度代りの総会で弁当が配られる、弁当に釣られて出席してみようかと思っとる、

| | コメント (0)
|

2018年4月17日 (火)

こんな歳になったのだなぁ~~

良妻(女傑)NO1は、日本では…神功皇后、以下、日野正子、巴御前、北条正子、淀殿……

悪妻の部では…
世界的には⇒ソクラテスのかみさん、モーツアルトのかみさん、トルストイのかみさん、
わたし波平としては、太公望のかみさんも挙げておきたい、

日本の悪妻の部、コレは挙げるの止めておきます、
“あのお方”のお名前挙げるのは辛い、
“出しゃばり女房”って評価くらいに止めておいた方がエエと思う、
が、野党諸氏には“将を射んと欲すれば先ず馬を射よ”ってこと、

あのお方のデシャバリですけれど…
日本国内だけですよね、外国に出かけまでも、って、ことではなさそう、
安倍政権大丈夫ですかね???
政権がヒックリ返ったら、悪妻の部にエントリは間違いないでしょう、

昨日は、尺八稽古デンデンしませんでした、
朝から~夕方まで、かみさんの定期病院通いに付き添ってアッシー君をしとった、
院内は、まさに老人ホームそのものですよ、
産婦人科から始まって~生まれて、小児科~~各科を経て~~老人内科まで、全科備えた総合病院ですが、まず、院内で子供を見かけることは無い、否、昨日は1人だけ見た、
検査待ち、診察待ち、診察後再度の検査指示が出て…また初手から待ち、待ち、待ち、の、流れ…
救急患者が次々運び込まれ、その都度、待ち時間が長くなる、疲れてしまって…ヘトヘトになって帰宅、
朝食は摂らずに出かけます、血液検査は朝食を摂ったらデケンから…
わたしは朝食採っているが、かみさんは摂っていない、そのままで夕方まで…
危険な状況の中で…
帰宅後、わたしだって疲れていて、尺八なんぞ稽古する気持になれなんだ、

あぁ~、“稽古”ですけれど…
本番があるから、稽古するのですよね、通常なら…
が、わたしの場合は、もう“本番”予定は無い、
稽古そのものが“本番”です、
稽古でけること自体が嬉しい、
つい先ころまでは、吹いて録音し、ブログにアップする、この“プログ・アップ”が本番役をしとった、が、今は録音もしないし、ブログにアップする気も失せた、単純に稽古だけを楽しんでいる、
こんな歳になったのだなぁ~~と、思う、

| | コメント (2)
|

2018年4月16日 (月)

ステンカラージン

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から逃走した受刑者、
既に1週間、
どこでナニをしていますかね???
…ダレかを拘束し、脅し、アレコレ強要するなかで生きているのだろうか???
…否、事前に、脱出後の世話をする者が外で待機していたのでは???

“逃げおおせる”と、なると…これは、向後、大きな問題になってくる、

“罪を憎んで人を憎まず”この基本理念が倒れる、捨てざるを得なくなる、
開放的な更生目的の収監施設は閉鎖されざるを得ない、

約350年前ロシアにステンカラージンという名の盗賊が居た、ヴォルガ河を自在に動き回る盗賊の頭だった、
ヴォルガ河は「ロシアに母なる川」ともいわれ、ヨーロッパ最長で、水路が自在に広がっており、ロシア中心部はほぼ完全にヴォルガ河水路で制圧可能だ、
運河が半端じゃない、カスピ海・黒海、そしてバルト海へも通じている、
これを、ほぼ完全にステンカラージンは制圧し、時のロシア政府に反乱のノロシを上げ、モスクワへ攻め入った、
破れて捕らえられ、拷問の末、赤の広場で生きたまま四つ裂きの刑に処された、

ロシア民謡に「ステンカラージン」という曲がある、
曲趣に独特の味がある素晴らしい曲だ、
が、歌詞が、半端じゃない、

<歌詞・日本語訳・ウイキペディアからの転載
川中の島々の影から、川の波頭の荒涼なところから、飾り立てて漕ぎ出てゆく
船首が突き出た船々、
先頭にステンカ・ラージン、貴族の娘を抱いて、座っている、新婚を祝って、
上機嫌に酔っている、

背後に彼らの不平が聞こえる、我々と女を取り換えやがって! 夜を彼女と過ごしたら、朝には彼自身が女々しい男になりやがって、
その不平と嘲笑いを雷の頭目が聞いていた、そして強烈な首領にペルシャの姫の体は抱かれていた、

その黒い瞳は逆立ち、危険がせまっている、凶暴な性格が血走った頭目の目、何も悲しむことはない、勇敢な首領に戻るのだ!
威圧的な声が響いいた、岸の周辺に、
ヴォルガ、ヴォルガ、生みの母なるヴォルガよ!
ヴォルガ、ロシアの川よ!
おまえは贈り物を欲しくないか、ドン・コサックからの、いさかいがないように、(我々)自由な者の間に、ヴォルガ、ヴォルガ、生みの母なるヴォルガよ!
そら、美女を得よ!

絶大なる振る舞いを鼓舞して、彼は美しい令嬢を、そして彼女を船べりから投げ込んだ、急流の波頭の中へ、
お前たち、何を憂い沈んでいるのか、おい、フィルカよ、畜生め、踊るんだ!
歌え、歌え、吹っ飛ばせ、彼女の魂を弔おうぜ!

…………  …………  …………
川中の島々の影から、川の波頭の荒涼なところから、飾り立てて漕ぎ出てゆく、船首が突き出た船々、ステンカラージンは言う、
「自由人の間の不和を鎮めるため贈り物を受け取ってくれ、これがドン・コサックからの美しい贈り物だ」と姫を河に投げ込んだ、
「お前たちは何故に沈んでいる? さあ、フィルカよ踊ってくれ、皆で陽気に歌い、姫の冥福を祈ろう」)
…………  …………  …………

ロシアの叙情歌(唄)には、わが国では到底受容できない険しいものがある、この歌なんぞはその代表的なものかも、


ダラダラしたブログになった、
あぁ~、最後に、
わたし、プーチン氏が、ステンカラージンに重なって見えたりするのですよね、
刑務所・作業所からの逃亡とは、規模、次元が違いますか???
そんなことは無い、同じだと思いますがねぇ~~~、

| | コメント (1)
|

2018年4月15日 (日)

心が勝手に上下する、コレがまたオモロイ、

シリア・アサド政権の化学兵器使用のことを、トランプ氏は、
「これらは、人間の所業ではない、モンスターによる犯罪だ」
と、言うたそうですね、
で、シリアに105発ミサイル撃った、
安倍総理は、すかさず賛同声明を出した、

4月も今日は既に15日、
桜も散った、
週明け(16日)からは国会が散り始めるかも…
柳瀬氏の証人喚問が引き金…

氏は、愛媛県職員らに、『本件は首相案件』と述べたらしい、
短い言葉でも、急所を突くと人を殺せる、ことわざに「寸鉄人を殺す」ってのがある、
柳瀬氏の話を聞いて愛媛県職員ら一同はホッとし、“氏は、『本件は首相案件』”と言うたと記録に書き込んだ、まさか、コレが政権を揺るがす引き金になるなんて…

ささいなこと、わずかな手落ちや油断から、大事に至ることを、ことわざでは「千丈の堤も蟻の1穴より」と言う、
この度の『本件は首相案件』には、蟻もビックリだろう、

15日朝・4時05分、雨音が途絶えた、スゴイ雨音だった、春の嵐だった、が、もう過ぎたようだ、
“公文書隠しや偽装”、“本件は首相案件”など等の嵐も…、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」、で、落着しますかね???

北朝鮮から核ミサイルが飛んで来るかもの時ですよねェ~~~、
 難儀は絶えることなくやって来る、
 宝くじは買っても買っても当たらない、

ジャンボ5億円当たったら、コレも難儀だろうなぁ~~~
もう、買うのは止めよう、と、スカ券捨てる都度心から決心する、
が、また新たな心を奮い起こし、買ってしまう、
当たったら、アレコレに使おうと思う、
この夢の計画は、宝くじを買った者だけに許される特権だ、
金なんぞ欲しくはない、“夢を持つ”の特権が欲しい、
スカで、落胆もまたオモロイ、
心が勝手に上下する、コレがまたオモロイ、

| | コメント (0)
|

2018年4月14日 (土)

自分の命を、又、釣った、

加計学園の獣医学部新設計画に関連する文書が農水省で見つかったと報じられていますね、「首相案件」と書いてあるらしいが、全文を読みたいですなぁ~、
どう書いてあるのやろ???

ズルズルと日本の体質が劣化して行きつつある、
“大本営発表”が、またぞろ復活したかも、

まぁ~エエか、と、思う…

受刑者が易々と刑務所から逃亡かぁ~、
まぁ~エエか、

交番勤務の警察官が、同僚先輩を交番内で拳銃射殺、
後ろから発砲、
まぁ~エエか、

ズルズルと日本社会は崩れ行きつつある、

平和ってなんだ???
戦争と戦争の間のちょっとした幕間時間、コレが平和の正体、
次の開演を知らせるベルが聴こえている!!!
さぁ~、早く客席へ戻ろう、
柳瀬氏登場の舞台が始まるぞ!!!

舞台は舞台、実際の世間・娑婆社会とは別物、
面白がって観劇したらエエだけだ、
ウソも方便って言うじゃないか!!!

今、安倍政権がぶっ倒れたら、日本はどうなるのやろ???
「案ずるより産むがやすし」って、言いますなぁ~~~

ぶっ潰してみますか!!!
「後は野となれ山となれ」だ、

ウヌ!!!
「後の祭り」って、のもあるよ!!!


昨日は、よせばよいのに、ひとりで魚釣りに沖へ出ましてね、
風波がだんだん強まり、危険になってきて…
ガッポン、ガッポンしながら、港へなんとか戻った、
釣竿は、一応は出したのです、ナニか釣れたらメッケものだと…
アッハッハ、自分の命を落とすかもだった!!!
否、自分の命を、又、釣った、ってことかな、

| | コメント (0)
|

2018年4月13日 (金)

「竜王丸Ⅱ」

今日から、横山大観・生誕150年が、東京国立近代美術館で開かれるようですね、
90点も展示されるらしい、
観たいなぁ~~、出掛けたなぁ~~、よう行かんけれど…
飛行機か新幹線ですよね、行くとなら…
飛行機には6回乗ったことがある、
新幹線には、コレはもっと乗った、回数はわからん、
が、今後、もう乗る機会があるような気がしない、乗りたくない…

横山大観も凄いが、その師匠に当たる岡倉天心はさらに大きく凄い!!!
先年、愛艇で日本列島1周航海をした際、茨城県北茨城市・大津港(五浦海岸南端)へ入港し、艇をもやい付けて上陸し、岡倉天心が晩年移り住んだ茨城県五浦(いずら)を訪れたのだった、

わが国の遊漁文化の中心には…
乙姫さんを釣り上げた歌島太郎を別格としての話ですが、三名の凄腕釣り師が居るのです、その中でも凄腕1番が岡倉天心、
天心はプレジャーボートを持っていた、竜王丸だ、
この舟は加山雄三氏の光進丸のご先祖様でもありますぜ、天心自らの設計で造られている、魚釣りに特化した造りになっとる、
光進丸は火災で沈没して残念だが天心の“竜王丸”は未だ現存していて、五浦の天心記念館に展示されていて、わたし、訪れて現認してきましたよ、が、東日本大震災で記念館も被害を受けたようだ、ひょっとしたらもう無いかも…
3名の凄腕釣り師の名を上げておきますね、

 何羨録』(かせんろく)を記した7千石の旗本・津軽采女
 幸田露伴
 岡倉天心

波平の想いの中での3名ですのでね、世間に通じるかどうかは別ですよ…
この3名のなかでも、岡倉天心は完全に別格です、波平的に言うと宇宙的に大きな巨人だ、
その弟子のNO1が、横山大観、
その作品90点が、今日から東京国立近代美術館で展示されている、
観たくてしょうがないが、わたしにはもう無理、
残念だぁ~~~

あぁ、今日はベタ凪だと思っていたが、今パソコンで検索すると気圧線の形がオモロナイ、
沖へ出ても、波が少しあって、魚釣りにはならんかも…
が、これから出かけて様子だけでも確かめてこようかと思う、

わたしの艇は「はまちどり」て名だ、名前を付ける際、よほど「竜王丸Ⅱ」にしようかと思ったのだった、もう、40年ほども昔のことだが…

| | コメント (0)
|

2018年4月12日 (木)

未だ迷いのど真ん中

魚釣りにゆけそうかな、と、思っていたが、ダメ、今日は天気急変があり得る、
明日は大丈夫かも、と、思うが…ワッカラン、
最近のオテントウ様のご機嫌は読みにくい、忖度し難い、

未だ娑婆現役のお方なら、いったん決めた釣行計画を、そう簡単に延期したり中止したりデケン、が、娑婆OBの隠居は、自由自在に計画変更、
今日は中止、明日に変更、明日がダメなら、また中止…
週明け16日、この日はべた凪ほぼ間違いない、
が、定期健診で病院受診予約の日、

魚釣りに出ようの気持ちがあるから、常から体力維持に気を付ける、
愛犬春子とホボ毎日約500メートルだがジョギングしとる、足踏みするだけに近い走りではあるが…
町内1区画一周で約500メートル、時に何周もしたりする、春子の気分次第で…

毎日、わが家の前を軽いダンベル握って、小走りジョギングする爺さんが居られる、
「ショウタ君、ショウタ君…」と、わが家の庭で待ち構える愛犬・ショウタに声掛けしながら走られる、ショウタ君が亡くなって既に3年半、今は“春子ちゃん”だ、「春子ちゃん、春子ちゃん…」になった、氏のジョギングは最近お休みの日がある、先日はボソボソ歩いておられた、
 他にも、毎日、わが家も前を散歩なさるお方がおられる、視線が合うと互いに軽く会釈する、どこから歩いて来られるのだろう、
 思いつめた表情でスタスタ散歩のお方もおられる、苦行に挑戦中だと思う、
 天候に関係なく、いつも傘を手に握って用ありげに歩くお方があった、が、いつの頃からか見かけなくナットる、
 わが家の庭先に立ち入って、花を素手でもぎり取る者が居て、交番所にお願いし捕まえたことがあった、認知症の爺さんだった、わたし大いに反省した、きれいな花を手に握っての散歩だった、

魚釣りに出てみよう、と、思っていたので、昨日から既にその準備は終えている、
身体は釣り行き態勢のままだ、
コレを納めるには多少の時間が必要、
夜が明け切って、春子と、いつもの500メートルジョギングするまではダメだろう、


さぁ~て、
今日は、ナニして過ごそうかな、
あぁ~、
昨日は、いっきに印南野文華への投稿原稿を書き上げた、が、推敲不足、デケとらん、既に原稿提出期限は過ぎている、ヤッパ今回はパスしようか、と、未だ迷いのど真ん中、

| | コメント (0)
|

2018年4月11日 (水)

曲趣を感得し楽しみ得るかどうかは極めて個人的なことだ

「加計学園」新設計画を、当時の安倍首相秘書官が「本件は首相案件」と述べた、と、場に居た愛媛県職員が「備忘録」に残していたようですね、そのような報道がなされている、

 静まれ~!!
 静まれ~!!
 この紋所が目に入らぬか!!
 こちらにおわすお方をどなたと心得る!!
 恐れ多くも先の副将軍水戸光圀公に有らせられるぞ!!
 えーい 皆の者 頭が高い 控えおろー!!

助さん(安倍首相秘書官)が言うた、って、ことですよね、
ホントかな???
ホントのような気がしますなぁ~~~

このニュース聴いたとたんに、昔の“統帥権”のことを思い出した、
先の太平洋戦争での“軍部の独走”には、この総帥権の悪用がある、

大日本帝国憲法第11条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス

軍部はナニかにつけてコレを持ち出し、“統帥権干犯”をわめきたてて独走した、
今様に言うと、シビリアンコントロールを排斥した、
「本件は首相案件」を、言うて事をなそうとするのは、まさにコレですわ、
水戸光圀公の印籠だ!!!
で、愛媛県側はひれ伏した、

ついでながら…
昭恵夫人は、“格さん”“助さん”の役を演じていらっしゃる、
アチコチへ出向いては、ニコニコして(印籠を見せ)…
「あたしは、総理夫人でございます、どうぞよろしく」
「この紋所が目に入らぬか!!」と、いっしょですわ、

あぁ~、総理秘書官ってのは、気分エエ商売(?)でしょうなぁ~~~、
「総理のご意向はカクカク・シカジカ…」と、言うだけで、事を納めることがデケル…ような気がする、
これ“下衆(ゲス)の勘繰り”でしょうかねぇ~
“虎の威を借るキツネ”とも言いますがね、


昨日はアレから、さらに2曲、五線譜から⇒尺八譜を移し採取した、
内1曲は「ソルベーグの歌」、
イロイロ考えて、ハ長調部分を⇒へ長調、イ長調部分を⇒ハ長調、へ、移し採取したら、極めて吹き易い尺八譜になった、
結果、まがい物の曲になったかもだが気にしたらキリがない、曲趣を感得し楽しみ得るかどうかは極めて個人的なことだ、わしゃ、コレで満足、

| | コメント (0)
|

2018年4月10日 (火)

ダンダン陽が傾いて、晩がくる、

隣町・稲美町の芸術文化団体・半ドンの会が年2回機関紙「印南野文華」を発行している、1部700円、
今日10日が、第74号用の原稿提出締切日でしてね、わたし、いつの頃からか延々と参加させてもらっとるのですが、今回は、ご遠慮しようかと思っとる、
ブログは、毎日・毎日、朝昼晩の食事みたいな感じで書き散らしますが、上述の機関紙はそういうわけにもいかん、一応ピシッと締まった作文(?)でありたい、

このところ、ある種、非日常的な気遣いの中で過ごしていましてね、
落ち着いた気持ちになれんのですわ、
遮二無二(シャニムニ)五線譜を睨みつけて過ごしてはいる、コレならデケル、
好きだからデケルのですよね、
なにやっても許される自分勝手な遊びだからデケル、
が、歴史ある、権威ある機関紙への投稿となると、そうはいかん、
しかたないから、今回はパスしようと思う、

さてさて、遮二無二(シャニムニ)叙情歌(唄)の五線譜睨みつけて過ごす今日この頃、
今朝も…ホボ真夜中に起きだして、コレやっとる、
既に採取済の曲の再点検が6・7割、初めて採取を試みる曲が3・4割、

今朝起きて以降、触った曲ですが…
 ショパン・ノクターンop9-2
 テネシーワルツ
 オリーブの首飾り
 La Paloma
 Menuet バッハ
 MORE
 シューマン・楽しき農夫

午前3時前~今・同8時、の、5時間強、コレ・ヤットッタ、
変ですよね、ナンカ変だ、神経が狂っとる、老人ボケの変種かも…

これから、朝飯かき込みましてね…
仏間の襖・ガラス戸を〆切って、なかで採取譜をひとりで試し吹きし、見直し、修正したりする、
と、そのうちに、ダンダン陽が傾いて、晩がくる、
これでエエ、大成功、
ヤッパ、変ですよね、

馬鹿は死ななきゃ治らないかぁ~~~

| | コメント (0)
|

2018年4月 9日 (月)

ドスンと疲れを感じた、もう歳だぁ~~~

昨年義兄(かみさんの実兄)が亡くなり、昨日は一周忌法要の日であった、
非日常のアレコレに、すっかり疲れてしまった、

ナガ~~~イお経(浄土真宗)の後にオマケのお説教があり、正座で約1時間半の行だった、
終わって、場を移し、皆で会食した、
故人の長女家族も一緒だった、長男は青山学院大学2年生で地球社会共生学部だそうな、
始めて聴く学部だ、ナンジャソレ??

長女の夫が外交官で、家族はアメリカに在住の経験がある、コレあって、長男はこの道を選んだのだと思う、
質問してみた、
「新約聖書は読んだことあるか??」
「聞いたことがありますが…」
言葉を継いで「…なんですかそれ???」
「キリストさんのことが書いてあるのや…」と、わたし、

硬い話は止めようかと思ったが、こんな機会はもう無かろうと思ったので、言葉を継いだ、

「あのなぁ~、君の“地球社会共生…”の核心には“宗教”があるのや、早い話が、キリスト教と、イスラム教や、この二つの違いが難儀の元や、『新約聖書』だけでは足らん、『旧約聖書』も読んでおかなあかんぞ!! 神様が違うからなぁ~~」と、わたし、

興味を覚えたらしかたった、質問があった、
「どんな神様ですか??」
「ウン、『新約聖書』はキリストさんや、「コーラン」ってのがあってコレはマホメットさんや、『旧約聖書』は、キリストさんと、マホメットさんの先代の神様でヤハウエってお方や」
実に荒っぽい返事だなぁ~、と、思いつつ、返事した、
「あぁ~、なんか聞いたことがあるような気がします」との返事だった、
「もう、君とはこのように会うこともないと思うから…」と、ボソボソ、独りゴチたら、横に居た故人の弟が大きな声で…
「もう寿命やからなぁ~~」と話をひっくり返した、
彼(故人長女の長男)がビックリして目を見開き、
「そんなことは!!!」と大声を上げ、声を抑えて
「いつまでも元気でいてください…ムニャムニャ」と、言うた、

こんな場を得ようとは、わたし、思っても居なかったのだった、帰宅し、ドスンと疲れを感じた、
もう歳だぁ~~~

| | コメント (2)
|

2018年4月 8日 (日)

雨戸のスキマから、朝の光が差し込んできた

閲覧諸氏のなかには、わたし・波平のことを、気楽な隠居だなぁ~~と…
外れですよ、不幸で、難儀な、老後だぁ~、と、思っとる、
が、年取るほどに、自分の“貧才とビンボウ”の受け入れに“慣れて”鈍感になった、
で、なんとか日々を過ごし得ているってこと、

逃げ場にスッコムことを覚えましてね、魚釣りや、尺八吹いたりして遊びます、ある種の現実逃避、
今も、逃げていましてね、安物イヤホンを両耳に突っ込んで音楽聴きながらコレ書いている、
ナニ聴いとるの???
ベートーベンの交響曲第6番・田園を聴いている、
この曲は5楽章ある、全曲を繰り返し繰り返し聴いている、
飽きないですなぁ~~~~

想うのですよね、わたし、五線譜から尺八譜を採取し、下手尺八自分で吹く遊びに凝っとったが、ユーチューブを聴くだけにして、自分で真似吹きするは止めた方がエエかもと…
自分で採取譜を吹くと、せっかくのエエ気分がぶっ壊れる、
そもそもが、この曲・“ベートーベンの交響曲第6番・田園”なんぞは、どうモガイテモ尺八譜へ採取しきれませんわ、メロデイ部だけを無理やり採取して試し吹いたりしても、ブッ壊すだけ、

既に(尺八譜に)採取した曲を、曲趣別に分類し、ファイル整理して遊んでいますが、
この曲・「田園」は、分類種”ふるさと”の頂点に据えるべき曲だと想う、
聴けば聴くほどそう想う、

聴きながら、“下衆(ゲス)の勘繰り”しとるのですが…
こんな曲を作曲したオッサンが居たなんて…
ベートーベンのことですよ、

ネットでこの曲の総譜(フルスコア)を閲覧しました、
どういう想いの中で、どういう手法で、オッサンはこの曲を仕上げたのだろう???
まず、浮かび上がった曲想を手書きでスケッチ、荒書きし、少しずつ五線譜整理し…
交響曲の各パート譜を添え書きし、見直す都度都度に修正・修正を繰り返し、その都度都度ひと目にも提示デケル程度に清書する、あぁ~お抱えのコピスト(清書係の雇人)が居たようですな、

今朝は3時頃から「田園」「田園」しとる、
聴いている、
6時半、雨戸のスキマから、朝の光が差し込んできた、

「田園」聴きながら迎えた朝だ!!!


| | コメント (0)
|

2018年4月 7日 (土)

“チャイコフスキー:6月舟歌”が1番気にいった

天候が安定しませんね、
瀬戸内海・播磨灘では、もう春のスズキ釣りの時期になっとるのだが…
岸辺近くのスズキではなく、プレジャーボーで沖へ出て釣りますのでね、天候が安定しないとヤバイのです、
大きなのが釣れますよ、サビキ(擬餌針)で釣ります、
ハリス(釣り針に付ける糸)は5号を使う、道糸(釣竿から針までの間の本糸)はPE(極細のポリエチレン位置を編み込んだ強化糸)の2号、1号でも大丈夫だが、強引に海から引き抜くので2号を使っている、

今日・明日はとてもじゃないが沖は時化ていて出られない、
来週いっぱいダメかもと思う、天候が本気で安定してくるのは、ヤッパ、最後の週の半ば以降かな…
安定しますとね、冬の間、沖に敷設してあった養殖ノリの海苔網が引き上げられる、
釣り人にとっては、海が解放されたような気分になる、
ウキウキしたエエ気分で沖へ出られる、

さてさて、こんなことを想いながら、今朝は“舟歌”をユーチューで聴いていましてね、
ギョウサンありますなぁ~~
 ショパン:舟歌
 チャイコフスキー:6月舟歌
 フォーレ:舟歌より” 第1番”
 メンデルスゾーン:ヴェニスの舟歌(ヴェネツィアの舟歌)
 ラフマニノフ:舟歌
 オッフェンバック:ホフマンの舟歌
 ブルグミュラー:ゴンドラ漕ぎの歌(ゴンドラの船頭歌)
どれも、海の舟じゃないな、湖や河や水路の舟だ、海の感覚にはピタッと来ませんわ、
の、なかではありますが…
“チャイコフスキー:6月舟歌”が1番気にいった、
長ァ~~イ曲ですが、隠居のヒマヒマだ、尺八譜へ採取してみようかと思う、
メロデイだけを、それもハショリ採取しますのでね、チャイコフ氏が聴いたらナンジョコレ!!!って、ビックリするカモ…

あぁ~、今さら言うまでもないことながら、低レベルのゴマカシ採取ですよ、ホンモノの音楽家がお聴きになったら、ナンジャソレのレベル、
でもなぁ~、突如、トランプ氏が「知的財産権の侵害だ!!!」関税を上げたる!!!
って、言いだしたらドナイしょッ???
身の回りを見渡しますが…
わしゃ、ナニか、米国産のを持っとったかな???
あぁ~、そうだった、米国にも舟の歌はありますわ、
「漕げよマイケル」
黒人霊歌です、ココに歌われる舟は海の舟ですわ、聴いたとたんに海の歌だったわかります、
歌詞ですが…
「ハレル~~ヤ、ハレル~~ヤ…」って歌っとる、
“晴れる”じゃないよ、「ハレル(ほめたたえよ)」、「ヤ(ヤハウェの略)」
“ヤ”さんとは、旧約聖書の主人公(?)神様のヤハウエさんのこと、こんな言い方したらバチがあたるかも…大好きな”海の舟”の歌ではありますが、なんだかシンドクて、尺八でことさらには吹く気にならん曲、

| | コメント (0)
|

2018年4月 6日 (金)

春 嵐 

4月末・5月連休前になると天候は安定してくる、
が、4月も今の時期は、天気急変があってヤバイ、
花見も、もう充分楽しみましたしねぇ~~、
それにしても変な風が吹きますなぁ~~、バラバラッと雨が降ったりする、

貿易戦争かぁ~~
世界(秩序)は間違いなくヤヤコシイ方法へ傾きつつありますよね、
トランプ氏がヤバイ、
ISIL・イスラム国( Islamic State)に代わって、トランプ氏が吠えている、
北朝鮮の巧妙な外交をウットウシがって、一気に武力攻撃に突っ走りそうな気がしないでもない、
ますます、世界は乱れまくるかも、かも…

隠居・波平は、そんなこと関係なぁ~~い、
抒情歌探訪にうつつを抜かし過ごす毎日、
まず、河・川にかかわる叙情歌(唄)を、(波平流で)抜粋し整理してみた、
次に、海に、かかわる叙情歌(唄)の、同上、整理、
ついで、“ふるさと”にかかわるのを整理した、
さて、
今日は、“ナニ”に、かかわる叙情歌(唄)を、抜粋整理してみましょうかねぇ~~、

とか、朝からイロイロ思いを巡らしていて…
“別れ”に、かかわる叙情歌(唄)を、一覧整理してみよう、と、思うに至った、
ドキッ!! と、衝撃的に思い至った!!!
思い直せば、叙情歌(唄)は…
と、いうより、“音楽”は、そのすべてが、心に残る残像の生まれ変わりだ、と、思う、
ナニかとの“別れ”があって、
⇒そのことのアレコレ残像が心に生き残っていて
⇒外へ向かって残像が歌いだしたのが“音楽”かもと…

音楽は創り出したりするものじゃない、生まれてくるものだ、と、思う、
こう思って楽譜を眺めると、急に、どの曲も、生き生きして歌い始める、
の、曲の中から、主なのを抜粋整理してみようかと思う、
すでに、この整理作業を始めていましてね、
楽しいですなぁ~~、
今日も、また、“歌”のなかで、1日を過ごします、

 よもよもの 歌々聴くや 春嵐    波平

| | コメント (0)
|

2018年4月 5日 (木)

海の代表曲は⇒「アメイジング・グレイス」

動物の世界では、縄張りに侵入してくる敵を力ずくで追い払う、負ければ、縄張りを譲り、尻尾を巻いて逃げ出す、

トランプ氏の“縄張り”意識…
 メキシコとの国境に壁を造りたい、
 移民を受け入れたくない、追い返したい、
 他国から搾取(貿易赤字)されてたまるか!!

ゴルフがお好きだそうな、
小さな小穴がひとつあったら、それで満足しとったらエエやないか!!!
…と、思うが、そうでもないらしい、
世界中を全部自分の縄張りにしたうえで、小穴を掘りたい、

女性へも縄張る、関係を迫られたと主張する女性が…、
北朝鮮のあの美人楽団からダレか引き抜いたりしたらヤバイよ、金正恩氏は怒ると思う、
「俺の縄張りに手を出すな!!!」

中国・習近平氏も、このトランプ氏の縄張り意識に反発しているのですよね、

日本は、首相以下国民全員反発ナンカしないです、ひたすら、腰曲げてお詫びし、お目こぼしを願うのみ、
今朝の日経新聞トップ記事は、米中の制裁・報復関税の話だった、の、なかで、わが国の身の振り方のこと、記事中にはまったく触れられていない、ただ息をのんで見守るだけ、

さて、さて…
昨日は、“海”の叙情歌(唄)の主なのを抜粋し、ファイルに綴ったのだった、
見開く尺八譜が勝手に脳中で鳴り始めますのでね、飽きないです、知らん間に時間が経って行く、
時に、尺八を手にして吹いてみる、
が、吹くと、曲がシボムような気がする、
下手はツライですなぁ~~~

“海”の代表曲は、
⇒「アメイジング・グレイス」がエエかなと思う、
作詞者は奴隷船の船長だった人、航海中の嵐で沈没寸前、奇跡的に積み荷が船底の穴を塞ぎ難を逃れた、コレを機に牧師に転職し、この歌(詞)を書いた…とか、あぁ~作曲者は不詳です、わからんらしい、

| | コメント (2)
|

2018年4月 4日 (水)

「CRY ME A RIVER」

光進丸は30数年前に約4億円ほどで建造されたらしい、
その後もイロイロ追加整備されてきたに違いない、火災を起こしてしまったが、もし、値を点けるとしたら如何ほどの値になったのだろう???
5億円ジャンボ宝クジが今日から発売されるらしい、コレで足りますかね???
足らんでしょう、
が、欲張ったらアカン、当たった5億円で買える程度の舟で我慢しましょう、

オオオ!!!
なんて、気宇壮大な…
わたし、生涯最後の賭けに出ようかと思う、1枚が3百円だそうな、何枚か買いたいと思う、
歳は取っても、しゃばっ気が抜けきらんですなぁ~~~、

さて、さて…
世界中の叙情歌(唄)を素人なりに採取し、洋・和に分けてアイウエオ順にファイルに綴じていますがね、
竹友(尺八趣味の友)河童氏の分類整理を真似てってこと…
アレコレ合わせると、ひょっとしたら2千曲は超えているような気がする、
同じ曲を幾通りにも採取しているので、膨大な数になっとる、

今、国連加盟国は193か国だそうな、が、たとえば中国には略56もの少数民族がある、それぞれが民謡を持っているに違いない、流行歌を次から次に生み出しているに違いない、
世界の人口は2011年現在で70億人だとか、
それぞれが、歌を、唄を、歌うのですよね…

5億円だとか、70億人だとか…
あぁ~、気持ちは大きく持ちましょう、
“気持ち”ってのはタダだ、なんぼ大きくてもタダはタダ、

採取した叙情歌(唄)を、アイウエオ順に並べるだけでは、デンデン・オモロない、
昨日は“川・河”の曲を抜粋し、別・フアイルを起こしてみた、
抜粋分類の過程で、イロイロ思うところがあった、
1曲、コレが最高の“川・河”曲かなってのに行き着いた、
「CRY ME A RIVER」(クライミー・ア・リバー)だ、

自分を捨てて去った男が、復縁を迫ってきましてね、コレを邪険に追い払う女が歌っとるのですわ、
女の恨み節ってとこかな、

わたしの前で、涙が川になるまで泣いてみせろ!!!
…それなら…許してあげるの???

曲調からすると、彼女にはもう許す気持ちが無いと思う、
そういう曲ですわ、

が…
この女の冷たい切り捨て感情のなかに、ホカホカした生きる人間の強いナニかが疼いている、

復縁に応じてやって欲しいですなぁ~~~
試し吹きしながら、そう願いたくてならんかった…

あぁ~、音源アップはしませんが、自分ではボソボソ吹いているのですわ、

| | コメント (0)
|

2018年4月 3日 (火)

あぁ~~、ネジレ、ネジレた、我が心かな…

加山雄三さんの光進丸が炎上、エアコン点検作業の日だったとか…
豪華な船、もったいないですなぁ~~

巡航速度12ノット、最高速14ノット、魚釣りするのが目的じゃないからこの速度で充分だったのかな、わたしは、魚釣りが頭にこびりついているので、乗ったらイライラすると思う、

つい先ごろ、大阪~九州間の、大型フエリー船が明石海峡沖で浮標に衝突し動けなくなった海難事故がありましたよね、名門大洋フェリーが運航する「フェリーふくおか2」(約9800トン)、この船は瀬戸内海を常時22・3ノットで走っていますですよ、光進丸は全長25メートルもある大きな船だ、コレが12・3ノットで瀬戸内海をトロトロ走りするのは危険かもだと思う、
乗船する方々は、芸能界の、それなりにお忙しいお方等ばっかしですよね、時間が…鳴門海峡や、明石海峡を突っ切り走るには難儀だと思うし…

加山氏は「光進丸」という歌を作曲なさっとるようですね、聴いてみました、
https://www.youtube.com/watch?v=aHvOfdgIsCE
航行中の動画が映っている、波を蹴立てて走っている、スゴイ!!!
とても12・3ノットの速度とは思えない、

あぁ~、尺八吹いて、音源アップするのを断念したら、ら、とたんに、気合入れて稽古する気がしなくなった、コレもある種の終活断捨離の一種かな…、
別に落ち込んでしまったわけじゃない、ごくごく自分勝手な遊びになったってこと、

“稽古”ってのは、上手になろうと思うからするのですよね、
で、稽古すればするほど…
自分の下手さに気付いてくる、なんぼ稽古してもダメだコリャになる、下手さの実感・実感がますます強まる、あぁ~しんど、
自宅仏間の襖を締め切り、二重ガラス戸を締め切った中で、自分一人で吹いていて、録音して聴き直して落ち込む、が、そこを我慢して、ブログ・アップしてダレかがお聴きになるかもわからんから頑張って稽古する、が、が、上述の流れだ、なんぼ稽古してもダメだコリャ、

作曲ソフトFinaleを持っていましてね、才があれば、コレを屈指して、作曲遊びが可能かも…
が、この才も無いのですよね、

が、叙情歌(唄)を聴くのは大好きですわ、コレは才能とは無関係のような気がする、
嗜好(しこう・好み、たしなみの意)は、ひょっとしたら才能の裏側かも、癖、偏り、のことですよね、そして、心のネジレ具合のことでもある、

あぁ~~、ネジレ、ネジレた、我が心かな…

| | コメント (0)
|

2018年4月 2日 (月)

音楽が欲しい!!!

♪♪ どうせわたしを騙すなら~~ 死ぬまで騙してほしかった…♪♪

こんな歌がありましたね、
「東京ブルース」です、
西田佐知子が“疲れたわびしそうな声”で歌ったド演歌、
上の歌詞は2番のもの、1番のは…
♪♪ 泣いた女がバカなのか だました男が悪い~~のかァ~~~♪♪

忖度、忖度…
損得、損得…じゃないよ、ソンタク・ソンタク、

義務教育で生徒に教える教科書には、国が、時の政権が、つくり上げた国の歴史が載っとる、国定教科書って言う、国定教科書のお墨付きを得なければ、義務教育の教科書には採用してもらえない、
お上のご機嫌を忖度、忖度で編纂する、「こんなことでよろしいか…」の本を創る、

わたし・波平がオギャァと生まれた頃は…
 朝鮮半島はわが国の保護国で日本が統治していた、
 現・中国の東北部一帯には、満州国があり、わが国の傀儡政権下にあった、

太平洋戦争でわが国は徹底的に破壊され、米軍B29爆撃機は大都市に絨毯敷くような感じで爆弾を投下し一般市民を容赦なく殺戮した、徹底的な破壊だ、原爆投下、
わが国は無条件降伏し、連合軍(米国軍)が進駐し、以後、今に至るもわが国は未だ米国の実質支配下にある、

が、わが国・国民らは…
⇒日本は立派な独立国家だと思っとる、
が、が…その実は
⇒米国を忖度・忖度しなければ立ち行かぬ国、
総理大臣は、
トランプ氏の大統領当選を知るや、トランプ氏私邸へ駆けつけたのだった、
恐る恐るの“ご機嫌伺い”だったよね、
この様子を全日本国民は息をのんで見守ったのだった、

わが国は、キョロキョロして落ち着かないですなぁ~~~
韓国・北朝鮮・中国・米国・ロシア…
なのに、
総理の頭の中では、かみさんがゴチャをしまくっとる、
駄々っ子女房かぁ~~~
愛すべき“駄々っ子女房”、
総理の答弁にある種のノロケが感じられる、
音楽が欲しい!!!

| | コメント (0)
|

2018年4月 1日 (日)

尺八試し吹きアップ終了のご挨拶

今日から世間ではいわゆる新年度、
隠居生活にも区切が欲しい…

今日も尺八譜へ直し採った叙情歌(唄)を試し吹きし、聴き直してみたのですが…
デンデン、ダメですわ、自分で聴いて落ち込んでいます、
ブログアップするのはもう止めます、
お聴きいただけたお方はホボ皆無だったと思う、
吹いて、聴いて、落ち込んで…
もうこんなことは止めますわ、

ハイ、尺八試し吹きアップ終了のご挨拶でした、

| | コメント (2)
|

どんな音楽だろう???

4月1日・エイプリルフール:今日は大きな顔して馬鹿を言うても大丈夫、

ワシャ、あいも変わらず早起きし、バカを実践中です、
既に2曲を五線譜から⇒尺八譜へ採取した、
以前に採取済の曲なのだが、このところ今一度見直して採取しなおす作業をやっとる、
「水色のワルツ」
「緑の地平線」

五線譜・尺八譜睨んで、無意識に気持ちの中で歌っている、
波平流カラオケ遊びってこと、
採取し、尺八で試し吹きする、と、なぜかオモロくクない、
気持ちの中では気分良く歌っているのに、実際に尺八で吹くと曲趣が崩れる、
何度も吹きなおし、録音し再度聴き直す、と、マタマタ、ダメだなぁ~~と、思う、
こんな毎日、

恋・愛の歌が断然多い、
が、わたし、実戦ではこの感情に疎い、焦がれるような恋愛感情を持ったことがない、愛に飢えたこともない、うすぼんやりした日々をボヤァ~と過ごして、ズズイになったバカ、
が、なんとなく、想像の世界で判るような気がする、オモロイナァ~と思う、

イロイロな曲がありますなぁ~~~
古今東西の叙情歌(唄)を漁り探り、毎日毎日が夢の中の生活、人間の感情、気分、考え、思い…
居間の日当たりのエエ位置にテーブル、パソコン置いて、楽譜を次々取り出し・眺め、エイッヤって感じで食らいつき、食べてみる、
味わいながら…、あぁ、実際に食ったりはしませんぜ、感じとしては、そういうことになるかなぁ~~って、こと、
やっぱ、バカですよね、バカな遊びだなぁ~~、と、思う…
もうすこし、自分に音楽の才があったら、と、思う、
よく言いますよね、“下手の横好き”“馬鹿は死ななきゃ治らない”

金正恩氏は、自前の音楽隊を持っとられるのですよね、かみさんもその種のお方、氏は音楽好きなお方だに違いない、
対するに、トランプ氏はゴルフ好きだそうな、
安倍総理???
「…に、おいて、斯く斯くしかじか…」などと、お転婆女房の尻ふきにウンザリの日々、
大丈夫かいな???
どんな音楽だろう???

| | コメント (0)
|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »