« 歯医者へ行かねば… | トップページ | 無茶苦茶流が波平流 »

2018年5月28日 (月)

日本人はフトコロがせまい

“ときの声”ってのがありますよね、いざこれから戦うぞ、の時に元気付で大声を上げる、
戦いに勝ったら、“ときの声”は⇒“カチドキ”となる、
負けたら、声は挙げません、ショボくれるだけ、

鶴竜と栃ノ心の一番ですが、土俵下で呼び出しを待つ間、の、二人の様子は対照的だった、
 鶴竜は静かな顔、
 栃ノ心は闘志満々、出を待つ間、身体が次第に赤みを帯びてくる、

昨日の、鶴竜と白鷗も、二人の様子は、静と動、
静が勝った、鬨(トキ)の声も、ドヤ顔もなし、
土俵下でこの一番を見上げていた栃ノ心の顔ですが、優勝の機会を逃し残念至極って顔だった、コレはこれで、男だ、立派に思えた、
負けた白鵬も力いっぱい戦った、立派だ、

栃ノ心も白鵬も鶴竜も日本人じゃない、優勝しても、会場に流れる国歌は君が代、
なんか恥ずかしい気持ちがする、モンゴル国歌を流す方がエエ、会場に詰め掛けた者らが一斉にモンゴル国歌を唱和したら、モンゴル国民はどう思うでしょうなぁ~~、

思うのですよね、日本人はフトコロがせまいと、外国映画では大声でわめいたり、諫めたりのシーン・場面があまり無いように思う、が、NHKのドラマでは、四六時中、わめき声が流れている、見苦しいなぁ~、我を忘れた姿だ、現実直視から逃げた姿だ、

“ときの声”は、戦を始めるに際し、襲い来る恐怖から逃げんがために大声を上げて自分をゴマカスの図ですよね、

米朝会談ですが…
金さんにチョコッと突っつかれて、トランプさんは興奮し、喚いた「会談はとりやめる!!!」
この様子を静かに見極めて、金さんはニコっとして見せた、「そう興奮しなさんな…」と、

北朝鮮が本気で“核”を捨てたりしないでしょう、
捨てるのではない、ビックリ値で売りつけるにあたっての、ちょっとした競売値つり上げの手を打ったのでしょう、
 金さんは文さんと出会ってニコニコ顔、
 トラさんは、力(リキ)みかえった赤い顔、

余分な話ですけれど…
“核”の買い取り費用負担ですが、日本が大半を負担することになるのだと思うなぁ~~~、
わたし、負担したらエエと思いますよ、
その分、世界に向けて“世界平和への日本の貢献”をドヤ顔したらエエやないか、と、思いますがね~~~、


|
|

« 歯医者へ行かねば… | トップページ | 無茶苦茶流が波平流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯医者へ行かねば… | トップページ | 無茶苦茶流が波平流 »