« 「祖谷の粉ひき唄」「祖谷の粉ひき唄」 | トップページ | 「坊やのお守りは(徳島民謡)」「小雨降る径」「ホトトギス(別名・暗路)」 »

2018年7月 6日 (金)

多少の読みはデケルつもりのヅヅイなのだ、わたしのことデッセ!!!

雨、明日も、明後日も…、昨日も一昨々日も雨だったし…
あぁ~、老人の場合、三日・四日も日課の散歩を止めたら、たちどころに“廃用症候群”が顕れます、歩く際の筋肉が「ワシャもう用なしになった…」と勝手に思い込んでやせ衰えてしまう、
雨が干上がったら、雨が降りやんだら…、
さっそく散歩に出るつもりですが、いつものコースーは無理だ、歩けるようになるまで1週間はかかると思う、ホントですよ、オーバーには言うとらん、

最近、海へ魚釣りに出るのもサボっとるのですよね、
出たいのですが、アレコレのことがあって自宅にジットしとる、
…の、なか、トボトボ散歩だけは続けていたのだが、この雨だ、体力低下が甚だしい、71キロほどあった体重が67キロ台だ、運動しないと、腹が減らん、で、少ししか食べない、せめて酒でもタップリ飲めばと思うが、断酒中だ、あぁ~廃用症ヅヅイになってしもうたか???

今朝、玄関の郵便受けに朝刊取りに出たら、ウヌ!!!
朝刊の他に、月刊誌「ボート倶楽部8月号」が入っとった、
わたし、依頼を受けて、特集記事の見出し部分に使う原稿を提出していましてね、少し気になっとったのです、コレとコレです、写真2枚に書き込んである、2枚を左右に置いてくっつけて見開きページになる、

Img004


「bc1808_020_021_toku_tobira.pdf」をダウンロード

もし、ご興味がおありなら、書店で購入してやって欲しいです、

愛艇は、当ブログ最上段に写真を掲載していますが、マリーナに係留したままで、最近は乗っていない、ほったらかし状態のなか、隣の係留艇オーナ氏がそれとなく管理して下さっとるが、あぁ~可哀そうな「はまちどり」だこと…、
で、釣り弟子・ユリタロウに艇の管理その他もろもろすべて委ねることにした、
時々彼から、艇のどこそこが傷んでいたから修理修復しておいたなど等の報告がある、どうやら艇はダンダン若返り、廃用性疾患から抜け出しつつあるようだ、
“老いたら子に従え”って言いますよね、ありがたいですなぁ~~~、
ユリタウは立派なオトナだ、“子”扱いなどはとんでもない、失礼すぎる、
が、“彼に従う”わたしの気持ちは親みたいなものかと勝手に思っとる、
彼には、愛艇「はまちどり」で楽しい魚釣りをしてほしい、

雨音が又激しくなった、
いったいどれほど降れば気が済むのだろう、
大空のなすことまではワッカランが、釣り行きの際の“潮読み”には、サッカク・サッカクのなかではあるが、多少の読みはデケルつもりのヅヅイなのだ、わたしのことデッセ!!!

|
|

« 「祖谷の粉ひき唄」「祖谷の粉ひき唄」 | トップページ | 「坊やのお守りは(徳島民謡)」「小雨降る径」「ホトトギス(別名・暗路)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「祖谷の粉ひき唄」「祖谷の粉ひき唄」 | トップページ | 「坊やのお守りは(徳島民謡)」「小雨降る径」「ホトトギス(別名・暗路)」 »