« どんな音楽のなかで成長し、老い、旅立つことになるのだろう???? | トップページ | 多少の読みはデケルつもりのヅヅイなのだ、わたしのことデッセ!!! »

2018年7月 5日 (木)

「祖谷の粉ひき唄」「祖谷の粉ひき唄」

「祖谷の粉ひき唄」

「南国土佐を後にして」


「阿波踊り」はイロイロなバージョンがあってどれが「正調阿波踊り」か判定が難しい、それぞれ結構尺八で吹くには難しい、

今年は解散が危ぶまれる中、このまま阿波踊りが衰退して行くのかも、残念ですなぁ~~、
って、ことで、阿波踊りに関係ありそうな、無さそうなのをと思い、「祖谷の粉ひき唄」を吹いてみた、
この唄は、阿波踊りの中に取り入れる連もあるようだ、徳島県の民謡で吉野川の支流・祖谷川に架かるカズラバシを歌ったもの、が、残念ながら、今回吹いたのは、もう民謡の風情から⇒五線譜曲になってしまっとる、

「南国土佐を後にして」は説明不要の演歌ですよね、
最後の締めで吹き損じてしもうた

|
|

« どんな音楽のなかで成長し、老い、旅立つことになるのだろう???? | トップページ | 多少の読みはデケルつもりのヅヅイなのだ、わたしのことデッセ!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんな音楽のなかで成長し、老い、旅立つことになるのだろう???? | トップページ | 多少の読みはデケルつもりのヅヅイなのだ、わたしのことデッセ!!! »