« 目に入れても痛くない | トップページ | 拾ってくると父が喜んだ »

2018年8月25日 (土)

地球とは違った、別の星

植木鉢はヒックリ返っているし、近隣住宅の屋根から瓦などが飛んできているし、庭木はへショゲテしまったし…など等、アレもコレもほったらかしの状態だ、

家事ってのは忙しい、ワシャ朝からテンテコ舞の忙しさ、
ナンデ???
それがようわからん、おちついて楽譜に向き合う暇が無い、
洗濯物を2階の物干し場で干してきた、
すこしホッとして、ベートーベンと向き合う、

「エリーゼのために」は、もう何年も前に尺八譜を起こし採取している、
が、その都度、行き詰まり、途中で投げ出している、
採譜はし得ても、試し吹くとサマにならん、
吹き辛くて、コリャダメだ!!! 
とん挫、とん挫、だった、

向きあったのは、8分3・ハ長調の楽譜、
このまま尺八譜へ直訳すると、尺八では少し吹き辛い譜並びになる、イロイロ工夫してみて、5度下げてヘ長調へ移調し採取した、
と、コレがまた、難儀があって、尺八で吹奏し得る限度ギリギリの音が出てきて、わたしには事実上吹奏は無理、で、この箇所はゴマカシ吹く事にして譜を整えた、
乱暴に吹くだけなら、なんとか吹けなくもないような気がするが、ベートーベンの曲にはならんなぁ~~~~、
なんとかならんか考えながら試し吹いてみましょうかねぇ~~、

今日は、未だ、怪しげな風が吹いている、
明日から数日間、沖は凪そうだ、
ここ数十年間、夏場は特に、日焼けで黒い顔だった、
もうすっかり、腑抜けた白瓢箪のような顔になっとる、
海から離れて…
大仰な言い方になるが…
地球とは別の星に住んでいるような気がしている、

|
|

« 目に入れても痛くない | トップページ | 拾ってくると父が喜んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目に入れても痛くない | トップページ | 拾ってくると父が喜んだ »