« 「思い出」 | トップページ | 静かな朝 »

2018年8月12日 (日)

午前3時、枕辺で一緒に休んでいる愛犬・春子に顔を舐めまくられて目覚めてしまった、
春子は、わたしをペロペロ舐めると安心するらしい、そのまままた熟睡だ、寝姿もわたしにソックリ、息使いも妙に似ているように思う、
このところ長時間ひとりで留守番させることが続いていて夜いっしょに休んでいても、確認のためか寝ているわたしを舐める、叱り飛ばすわけにもいかず難儀なことだ、
とか言いながら、舐め起こされてもわたし悪い気はしない、

舐め起こされて、そのまま、昨夜久しぶりに吹いてブログアップした「思い出」を聴き直してみた、
ダメだなぁ~~~~
修行が足らんなぁ~~~、
もう修行する時間も無くなってしまっとるのにこのザマだ、
“思い出”はそのまま慚愧(ざんき)の念かぁ~~~~

箏は奏法上“飾り手”というか、伴奏的なセカンド譜を入れて演奏することが多い、ひょっとしたら、このあたりのことはピアノの奏法とある種共通するものがあるのかも、と、わたしは思う、箏譜は、曲趣を生かすに、箏の性能を最大限に駆使して弾きまくる譜造りになっとるような気がする、この「思い出」も譜面そのままを真っ正直に弾きまくるとヤカマシくなって、曲趣が余分な飾り手の中に没してしまうような気がする、
で、尺八譜を起こし採取するに際し、可能な限り飾り手を廃してみたつもりだった、
が、聴きなおすと、やたら余分な手が残っていた、なんじゃこりゃ!!!

どうしようかなぁ~~~

尺八独奏譜としては未熟に過ぎる出来だった、

残念だ、
“未熟な出来だ”ってことは自覚できている、
が、どこをどう修正すればエエのか、が、わかっとるようで判っとらん、
考えて解決する問題じゃない、
今までの自分の人生の積み重ねの問題だ、お粗末すぎる人生からは光は見えてこない、

終活断捨離かぁ~~~~

必要なものと、不必要なものを、シッカリ見分けて向後の人生を楽しみたい、
が、未だ、わしゃ、雑念だらけの愚痴・ボヤキのジジイなのだった!!!

|
|

« 「思い出」 | トップページ | 静かな朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「思い出」 | トップページ | 静かな朝 »