« ギュウ~~とウメイて便器の蓋 | トップページ | 鬼もビックリだと思う »

2018年8月30日 (木)

オファーが来た

尺八吹奏ボランテイア活動からはもう引退したのだった、
最盛期には三木市内の老人ホームを中心に、歌詞投影用のプロジェクターや、簡易スクリーン、音響器具など等を引っ担ぎ、単独で各種福祉施設を巡り歩いていた、が、体力・労力が必要で、腰椎圧迫骨折を起こしたのを機に単独活動からは引退した、
その後しばらくの期間、某楽団(?)メンバーに加えてもらって、メンバー等と一緒に、同じような活動をしたりしていた、が、が、メンバ~は解散、今に至った、

今は、時々、思わぬところから舞い込むお誘いに応じたりしているが、気持ちの上では以前とは異なり、ボランティアってことではなく、“遊びの場を得た”って感覚のなかでのことだ、もう、会場内に各種機材は持ち込んだりしない、尺八1本持参するだけ、
最近では先月・7月にわが地区老人会の場だった、約40分好き勝手に吹かせてもらった、
ヤッパ、ダレかに聴いてもらって、その反応の中で吹く方が吹き甲斐があり、気持ちも昂り、楽しい、

が、遊び感覚で、好き勝手に吹ける場はそうあるものじゃない、常は、自宅で、ひとりボソボソ吹いているだけ、古今東西の叙情歌(唄)探索にさまよう毎日だ、

フト思った、
限られた場だけなら、未だ、わたしでも、ボランティア活動が可能かも、と、
かみさんが体調を崩し、だんだん衰え、ほぼ常に別荘(?・入院)住まいせざるを得ない状態になって、この気持ちが高まった、
スゴイ医療費だ、が、老人は負担割合が低い、加えて高額療養費制度で世間様に助けられている、わたしに出来るお礼はないか???

世話になっとる別荘(?・病院)に、わたしの尺八吹奏がお役に立つ機会はないでしょうか、と、伺いを立てた、緩和病棟での慰問吹奏がわたしの念頭にあった、
実は、ずっと以前から、ホスピスのことが念頭に在って、この場でも吹奏ができるように自分を鍛えたいと、常々思っていたのだった、
正直言うて、未だ、その力は無い、なさすぎる、
が、あの世へ渡るに力なんぞは不要なのだった、
わたし、このことに気付き、思い切って先ごろお伺いを立てたのだった、

昨日、別荘からオファーが来た、
緩和病棟でウンヌンのオファーではない、が、院内行事での吹奏だ、
お受けした、
その日は約2カ月先の日曜日、
チカラいっぱい稽古して臨むつもりだ、
デケルかな????
アッハッハ、歯の治療が気になるのだよなぁ~~~~

|
|

« ギュウ~~とウメイて便器の蓋 | トップページ | 鬼もビックリだと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギュウ~~とウメイて便器の蓋 | トップページ | 鬼もビックリだと思う »