« 酒は歯が無くても食える | トップページ | ギュウ~~とウメイて便器の蓋 »

2018年8月28日 (火)

自在に泳ぐオタマジャクシ

歯抜け治療の方針を大転換した、
脱落した差し歯の⇒元穴への再差し込みから
⇒⇒古典的“入れ歯”治療へ方向大転換、

昨日は、口の中の型取り治療(?)を受けた、
 完成まで日数がかかる、幾度も通院しなければならん、
 この間、歯抜け事態は放置、我慢するしかない、
 完成しても…☆✕△◇♨☎???
 尺八吹けるようになっとるやろか???

…人生いつもクラヤミのなか…
なにを大仰な!!!
 
義兄(かみさんの実兄)は、わたしより1歳年長だったが(過去形・既に亡くなっているので)…
もう今から20年ほど前から総入れ歯だった、
わたしが、自分の歯性の悪いことを嘆き、義兄の奇麗な歯をうらやましがったら、義兄は突然大口を開け、上下の総入れ歯をガバッと外して見せた、顎をシャクり、横に居た自分の妻のことを「こいつもも同じや」と言うた、
いやまったく、ビックリの種はそこらじゅうにありますな、

義兄の実妹のわたしのかみさんは、全部自分の歯ですわ、奇麗な歯をしとる、
が、油断ならんよ、突然大口開けて、ガバット上下の歯を取り外して見せたりしたら、わしゃ、卒倒しそのままあの世へ駆け込むと思う、

さてさて、
今日は、もっと高尚な話をしましょうかねぇ~~~、
ここ数日、ベートーベンの「エリーゼのために」を、尺八でなぞり吹こうとしているわけですが、この努力は、
自分の心のリズムというかメロデイというか、の、仕組みというか、組み立てをというか、プログラムというか、の、の…
“性能点検と性能性アップ努力”そのものだと思えてならんのですよね、

8分3拍子の中で自在に泳ぐオタマジャクシ、
オタマジャクシは音楽しながら泳いどる、
わしゃ、脂汗出して追いかけるが、なかなか捕まえられない、音楽どころの話じゃない、
わたしの脳ミソの性能は、粗雑すぎてオタマジャクシにも及ばない、心を奏で得るような性能・仕組みにはなっとらん、
と、このことを、嫌でも痛感せざるを得ないのだよなぁ~~、

音楽かぁ~~、
これって、心の動きそのものなのだよねぇ~~、
わしゃ、自分の情緒の粗雑さのこと、嘆かざるを得ない、

歯なら、“総入れ歯”がある、
心なら…
やっぱ、今のわたしには、尺八を吹くしかなくて…
わしゃ、ナニを言おうとしているのでしょうなぁ~~~~

|
|

« 酒は歯が無くても食える | トップページ | ギュウ~~とウメイて便器の蓋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒は歯が無くても食える | トップページ | ギュウ~~とウメイて便器の蓋 »