« 封印 | トップページ | 「思い出」 »

2018年8月11日 (土)

狂ってきたのかも、かも…

五線譜や箏曲譜から⇒尺八譜を起こし採取する作業をやっていて…
で、いったんここ数日間の短期間ではあったが、完全にこの作業(尺八遊び)から離れざるを得なかったのだった、

すこし、状況がかわって、
すこし気持ちに余裕が生じ、昨日から筝曲「思い出」衛藤公雄作曲を見直し、これから尺八譜を起こす作業を始めた…の、だった、

ホンの数日間の空白期間だったが、自分の気持ちがどこか変になっていた、

以前、この曲を聴いて感じた感興と、今、聴いて感じる曲の趣に、なんか曰く言い難い違いがある、変化を感じる、

どの曲にでも言えることだが、歌いたい気持ちは“ひとつ”、中心テーマはひとつだ、
“ひとつ”の趣(おもむき)を ⇒ メロデイに組み立てて曲が生まれる、
よくよく聴き直すと、唄いあげたい音は、ひょっとしたらタダの1音だけなのだと思うに至った、
筝曲「思い出」を聴いて、感じた気持ちを、尺八譜へ移す作業をしていて、この1音をのことに強く想いが傾いた、
ズンベラボウに、タダの1音だけを延々と吹いていたい気持ちがある、
こんな気持ちになるなんて…
わしゃ、狂ってきたのかも、かも…

|
|

« 封印 | トップページ | 「思い出」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 封印 | トップページ | 「思い出」 »