« 無理、無理、無理!!!! 「悲愴第二楽章」 | トップページ | 地球とは違った、別の星 »

2018年8月24日 (金)

目に入れても痛くない

いやぁ~~すごかった!!!
台風20号・シマロン、真夜中・零時頃が最もすごかった、
ソラの神様がお怒りに在っとる、と、思った、
屋外は破壊の世界、雨戸をあけて外を見るのもためらって、家の中で縮こまっとった、

夜が明けて、恐る恐る外へ顔を出したら、植木鉢などはすべてひっくり返りあらぬ姿をさらしていた、
どこから飛んできたのかイロイロな物がそこらじゅうに転がっていた、
ゴミステーションの、空きビン回収用ドラム缶が、道路に転がっている、コヤツが風に吹かれて大きな音をたてて転がりまくっていたようだ、

未だ風が強くて、老人が散歩するなんぞは控えた方がエエ、
で、こうしてパソコンをいじってる、

さて、「悲愴」(ベートーベン)には、あまり深入りしな方がエエかも、
元気の元がこの曲に吸い散られるような気がする、
で、今日からは、元気な、暖かい曲に向き合おう、と、思う、

この際だから、ベートーベンに凝ってみよう、
「エリーゼのために」を今一度取り上げてみたいと思う、
既に、尺八譜へ採取済だが、朝から見直し作業を始めていて、既に数か所、修正の手を加えた、
エリーゼは、ベートーベンが愛した女性だったらしい、
わたしにも愛する女性が居る、曲テーマ理解にはデンデン困らない、
アッハッハ、何人も居るのだぞ!!!
いちばん身近なのは、愛犬・春子、
可愛のなんの、目に入れても痛くない、

|
|

« 無理、無理、無理!!!! 「悲愴第二楽章」 | トップページ | 地球とは違った、別の星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無理、無理、無理!!!! 「悲愴第二楽章」 | トップページ | 地球とは違った、別の星 »