« 「岬波 1」 | トップページ | 「岬波1-2」「岬波 3」 »

2018年9月27日 (木)

「岬波1-2」

この曲は、いつもと違って、少しこだわりました、
昨日から一晩、考えるともなく、ボンヤリ温めたら、こんな曲になった、
未だ、試し吹きはしていない、だって、まだ朝6時半だ、
昼頃までには試し吹いて、コレもアップしてみたいと思っとる、


ヨッシャ、準備はデケタ!!!
日本列島を大きく♪♪グル~~~♪♪ と 外回りしてやるぞ!!!

エンジン始動、
モヤイ綱を解き放ち
出航したのだった…

沖を走り、走り、走り…
艇は中古船、整備はしたが完ぺきとは程遠いレベル、何時難破するか不安だった、
難破遭難に供え、2週間分の水・食料を積み込んだ、酒も…
出航から~帰港まで、ちょうど100日、
三年計画で列島完全周航のつもりであった、
2年目でトン挫している、
100日航海は2年目周航時のことだ、播磨灘から~関門海峡を抜け出し、日本海を島伝いに北上し、北海道を大回りし、太平洋沿いに南下、紀伊半島を回って、紀伊水道から大阪湾へ、そして母港へ、で、百日、

第1回目の初年度は、四国・九州・同南西諸島・対馬などを回っている、
頓挫した第3回目は、小笠原諸島を可能な範囲で周航したいと思っとった、が、コレには艇の徹底修理が必要だった、もうわたしのチカラの限界を超えていて、あきらめざるを得なかった、

以来、今まで、瀬戸内海・播磨灘で遊んでいるが、これも、今は自重気味だ、静かに自宅でこうして尺八を吹いたり、作曲のまねごとを楽しんでいる、
ボートの雑誌に「BOATCLUB」という全国誌がある、ココから時々記者がやって来て取材されたりする、先月誌(8月号)は特集号の見出し執筆の依頼があり、思い切って応じてみた、なんと、わたし、“潮の達人”だそうな、刊行された冊子をみてビックリした、

五線譜にしてみた、
五線譜はヤッパ苦手だ、テンポやアレコレを書き込むに難儀する、
が、出来れば、いつか、歌詞を添えて歌ってみたいと思っとる、

Img032


Img033

|
|

« 「岬波 1」 | トップページ | 「岬波1-2」「岬波 3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「岬波 1」 | トップページ | 「岬波1-2」「岬波 3」 »