« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月17日 (水)

「果てしなき愛」

アッハッハ、ダレのことかは内緒、ご想像のままに…
例によって、今朝のいっき吹きです、

| | コメント (0)
|

2018年10月15日 (月)

「夢の向こうに」


Img066
Img067
Img068
変な夢にウナされて目覚めたのだった、
が、起きて、妙に清々しい、深い感慨がナニかは判らんまま湧き出る、
エイヤッ!!!
何も考えずに、譜並べしたら、こんな曲になった、
ナンジャコレ???

ひょっとしたら、どこかの既存の曲からのエエとこ取りになっとるかも、と、思ったりもする、が、自分ではそこらが判らん、
古今東西の叙情歌(唄)をタダで閲覧出る楽譜を見つけ次第、ヒマに任せて、尺八譜へ採取する遊びを延々とやっとったのだった、頭の中がこんがらがって、グチャグチャニなっとる、どなたかに失礼なことになっとたら、お詫びするしかない、ご指摘があったら、即座に削除のつもりだ、

| | コメント (0)
|

2018年10月14日 (日)

「ゴリウォーグのケークウォーク」ただし、ほんの少しだけ

またまた、わたしバカなことをやっとりましてね、
フェイスブックでの友が、ご自分のフェイスブックに、ピアノ曲・「ゴリウォーグのケークウォーク」って曲のことを書いておられた、
ケッタイナ名前の曲だなぁ~と気になって調べたら、オモロそう、
で、無料閲覧可能なこの曲の楽譜を探しまくってみたが、無くて、が、動画で楽譜が映るのが在ったから、苦心惨憺してすこし尺八譜へ採り込みました、
が、なんと、ト音記号・ヘ音記号がマゼコジャになった楽譜でソレも変ホ長調譜、
吹奏可能な音域が狭い尺八で吹けるような曲じゃないですわ、
が、音域は都度都度にオクターブひっくり返して対応し、変ホ長調譜は⇒3度下げてハ長調に移調した後尺八譜へ採取、
30小節ほど採取したら、もう疲れてしまって…降参しました、
が、勉強にはなった、こんなケッタイナ曲もあるのだ、と、わかった、

幼い子供の弾んだ気持ちを曲ったものらしいが、わしゃ子犬の気持ちなら判るが、本物の人間の子供のことはワッカラン、子供が出来なかったからなぁ~
自分が幼かったころの気持ち???
これは時に思い出すこともある、
が、78歳のズズイが思い出すのだから、もう錆びているし、腐ってもいる、純なものとは言い難い、
30小節ほど採取したら、この曲にはどうも大人の欺瞞が潜んでいるような気がしてきて離れたくなった、もう、離れましょう、
ユーチューブで幼い子供が大人ぶってこの曲を弾いているのを観るのは、わたしには苦痛です、可哀そうだって思ってしまう、

なんぼ隠居のヒマつぶしだとは言え、ヤッパ残り少ない人生は有効に使いたいじゃないですか、
有効に、ねぇ~~~、
とか言うて、下手尺八吹いとれば世話ないや

「ゴリウォーグのケークウォーク」ただし、ほんの少しだけ


| | コメント (0)
|

2018年10月13日 (土)

「ダマレ!!ホロホロ鳥」


Img065
ギギギィー、ジィ、ジィ、テテテ…
なんと汚い鳴き声だこと…
ホロホロと情緒深くささやくような鳴き声かと思っとった、
「旅の夜風」の歌詞に“ホロホロ鳥よ♪♪”ってくだりがありますよね、
ソレッテどんな鳴き声だろうとネットで調べたのですわ、
なんと申しましょうか、聴いている間に、なんだかわたしの凹んだ人生みたいだなって思った、
で、この気持ちで1曲作ったら、こんな曲になった、

「旅の夜風」

コレええ曲ですなぁ~~、

| | コメント (0)
|

2018年10月12日 (金)

「干し柿作りの唄」

今朝はフト「タケちゃんマン」ってのがあったな、と、思い出し、テーマ曲を今一度聴いてみたくなった、おもろいですなぁ~~~、バカバカしくてメッチャおもろい、
コレですわ、
尺八でも吹いてみたいと、五線譜楽譜を探すが無料閲覧可能なのは見つからなかった、
残念、

今日は日差しが望めそうですな、
干し柿作りをしよう!!!
大粒な渋柿を50採っている、
内10に焼酎付けて甘柿に変身させようと思う、
残り40を干し柿にする、

皮を剥いて、寸時約4・5秒の間熱湯に浸し、紐で結わえて、軒下に吊るします、
吊るし終えて、今日の1曲を作りに取り掛かった、
事前にナァ~~ンも考えていなかった、
柿の皮を剥く際、皮剥の音がする、
♪♪ヅルヅル♪♪
で、そこから始めたら、このような曲になった、
書き始めから、一気に最後まで書いて、約5分の作曲です、
勝手気ままに書き散らす、音楽になっていなくても構わんのです、
あぁ~、朝起きぬけに「タケちゃんマン」を視聴していた影響かな???


Img063

| | コメント (2)
|

2018年10月11日 (木)

「豊洲」市場の誕生を祝って、

「豊洲」

Img061

今日、豊洲市場が完成し動き始めた、
記念の曲で祝おうと思ったのだった、行進曲風な威勢の良いのがエエと思った、
が、こんな悩み抱えた曲になってしもうた、

IT社会だ、昔ながらの卸売り市場は、今後生きる道を探し続けることになる、
車が大渋滞の様子がTVに映っていた、
が、海側に関連の船は1隻も見られない、
海路の活用が図られるべきかと思う、

難産だったですなぁ~~、
これからのこの市場の生きる道をおもんばかると、こんな曲しか作れんかった、

| | コメント (0)
|

250円のコーヒーが超美味しかった

トランプ氏が25パーセント嫌いになったと言うた米国のシンガーソングライターのテイラー・スウイフトさんの曲を昨日からユーチュー検索で聴きまくっていましてね…
彼女は28歳の超美人だ、身体をくねらせて極めてエッチな歌詞を歌う、今年の曲・End Game(エンド・ゲーム)なんぞは、コレ音楽かな、と、思ってしまう、エクスタシー賛歌の曲か??? が、音楽なのだよねぇ~~、1日でユーチュー再生800万回だそうな、
こんな彼女が、トランプ氏を批判しとるのですよね、で、トランプ氏は25パーセント彼女が嫌いになった、と、言うた、完全に敵に回すとヤバすぎる、ってことかな、

わたし、彼女の曲のドレかを尺八譜に採取して吹いてやろうと思っとるわけだけれど…
もう無理ですわ、彼女の曲はあの美貌とエッチ歌詞が中心だ、後期高齢者が歌うような曲じゃない、少なくとも、老人施設で吹いたって誰も唱和してくれないことデッタイ確実、お釈迦様も苦笑いだと思う、

一昨日ブログアップしたフランスのシャンソン、“シャルル・アズナヴールの曲「愛にために死す」”だけれど、コレはエエ曲だと思う、で、もっと彼の曲を探ってみようと15曲の五線譜楽譜を図書館で見つけてひと思案したけれど…コレも、もう、尺八譜への採取は止めますわ、フランスの国民性満載の曲で歌詞を邦訳したのを読んで曲を味わおうとするのは邪道だと思う、やめた方がエエ、

昨日は知り合いの近くにお住いの音楽爺さんT氏と出会ってしばらく楽しく過ごした、
T氏はわたしよりだいぶ年長のお方でひょっとしたら80半ばを過ぎていらっしゃると思う、往年の神戸ジャズ界のモダンボーイ、どんな楽譜でも初見で見事に弾かれます、ギターが特にお得意、氏のお話はチョットしたことがわたしには凄く参考になり勉強になる、

氏に誘われて、いっしょに音楽喫茶(寂れた商店街に1軒だけ素人の音楽好きが集う店がある、250円でコーヒーを注文する必要がある)へ行きましてね、略1時間楽しんだ、
軽口叩きながら聴いているのだが、大きなアンプでガンガン音を響かせての演奏だ、けっこう大きな声で話しながら聴いていてもデンデン演奏の邪魔にはならん、
わたし、フト気付きました、T氏の身体が動いている、と、
その身体の動きが実にサマになっとる!!!
スウイグしとると言うのかな…、
否、時に間違いがちな素人楽団の演奏だ、氏はこの演奏の微かな間違い(特に拍子)を自分の身体で無意識に修正しながら聴いておられた、
が、辛抱しきれなくなったようで、氏は持参してきた袋からマラカス(手にもって振ると中に入れてある砂などがシャカ・シャカと鳴るリズム取りの楽器)を取り出し演奏にあわせて鳴らし始めた、演奏者の一人が顔を上げて氏を観て、気合を入れなおした、
コレをきっかけに、演奏が冴えはじめたのがわたしにも判った、
この後、わたし、氏に請うて、拍子取りのコツを教えていただいた、
250円のコーヒーが超美味しかった、

| | コメント (0)
|

2018年10月10日 (水)

ご遺族の大きな愛を感じます

わが家は、住所は“自由が丘ウン丁目ウン番地”ですが、丘状の団地の最も低い位置でしてね、以前は蝮(マムシ谷)と呼ばれていたようだ、
住まうようになって40数年経ちますが、向かいは小川を挟んでこんもりした雑木林で、野鳥がやたら多い、キツネやタヌキそして野兎などをたびたび見かけたが、さすがに最近は見かけなくなった、ヘビが庭に大きな顔で座って居たり、雉が庭先で大声で鳴き、肝をつぶしたり…
雑木林と小川の間はすべてタンボだったから、蛙の合唱がすごかったなぁ~、
カラスがいつも雑木林からわが家の様子を観ていましてね、名前を付けたりしていたが、
最近住まいを変えたようだ、カァ~太郎一家はドコへ行ったのだろう、

狭い庭に、果樹をイロイロ植えていましてね、このためか最近は蜘蛛の巣がやたら多い、毎朝、玄関郵便受けに朝刊を取りに出る際は、蜘蛛の巣を払いながら出ます、蜘蛛をやっつけてしまいたいが、ソレがデケン、逆です、苦労して作ったに違いない巣を壊してしまってゴメンねって感じで出来るだけ巣を壊さないよう注意しながら新聞朝刊を取りに出ます、
いつ頃からかわが家は朝刊だけの購読になった、年金生活者ですのでね、

動物園で飼育員が死亡、
が、ホワイトタイガーは死亡した飼育員の遺族の意向で殺処分をせず飼育を続けることになったそうな、
御遺族の大きな心を感じます、こんなご遺族を持つ飼育員さんがお亡くなりになった、惜しいことですなぁ~~、

魚釣りですが…
今の時期は、播磨灘ではフグ釣りシーズンです、
大きなショウサイフグが釣れます、イロイロな種類のフグが釣れますが、トラフグとショウサイフグしか持ち帰らない、
釣ったのは、その場(海)でサバキ、食べても安全な部位だけを持ち帰ります、
〆る際、フグは声を出して泣きます、グゥ・グゥと、
それを手早くサバキますが、1尾当たり3分とかからない、否、1分弱かな…
あっと言う間に、頭も、尻尾も、皮も、内臓も、剥ぎ取り切り捨てて、白い身だけを取り残します、わたし、今までに何尾の命を頂戴してきたのだろう…

ご遺族の大きな愛を感じます、
飼育員氏のご冥福をお祈りしています、

| | コメント (0)
|

2018年10月 9日 (火)

「愛にために死す」「柿の実採り」

「愛にために死す」シャルル・アズナヴール作曲

「柿の実採り」波平のごまかし駄作

アズナヴール作曲の尺八採取譜は何タラ権に抵触の恐れがあるように思うからアップデケン、
わたし・波平の「柿の実採り」は、大丈夫、尺八譜をアップ、五線譜への転換採取はめんどくさいから今回は勘弁していただく、

Img060


| | コメント (0)
|

生きた楽譜にスキルアップ

今年は4月以降沖へ出ていない、が、長年の習性で、釣りキチ感覚が勝手に動く、コレによると、今日からの1週間、海は絶好の釣り日和だと思う、
わたしは、出掛けるつもりはない、
沖釣りは、釣りする以前に海と向き合う気力が必要だ、ココが今カラッポの状態、
今日は、わが家の渋柿を採取し、干し柿にする作業をしようと思う、

さて、音楽の話、
フランス・シャンソン界の巨匠・シャルル・アズナヴールの曲群を、一昨日以降、片端からユーチューブで聴きまくっている、
当初はは違和感をこらえながらだった、わたし、シャンソンは苦手だ、
堪えながら聴き続ける間、次第に落ち着いて聴けるようになって来て、今朝はナント急に親しみを感じて自分でビックリしている、
昨日は三木市立図書館へ出かけ、収蔵図書の中から11曲アズナヴール氏作曲の楽譜を見つけ借り出してきた、ユーチューを聴く際に、この楽譜を見ながら聴くので聴きごたえに大きな差が生じる、(ピアノ伴奏・解説付シャンソン名曲アルバムと、シャンソン・ベスト100の2冊・楽譜に歌詞も付けてある、フランス語の下に和訳がある)、
どれか1曲、尺八で吹き得るのはないか探っている、
アレコレ聴き比べ、偏屈ヅヅイイでも曲趣に添え得るような曲はドレかを探した、
結果、「愛のために死す」を尺八譜へ採り込んでみようと決めた、

採取し始めて…ウヌ!!!
なんか変だ、
もしやと思って、既に採取済の整理ファイルを開き確かめたら、ナァ~ンだ、すでに採取済の曲だった、どうりで親しみが感じられたはずだ、
念のために、収録譜をあらためて点検し直した、シッカリ採取出来ていた、最近はこのような認知症気味物忘れがひどい、落ち込みつつの点検だ、

音楽はすべて楽譜に書き表し得るかというと、大いに疑問がある、と、いうより、不可能だと言うた方がエエ、と、思う、
わたしは、明暗流の虚無僧尺八の末徒だ、古典尺八それも虚無僧尺八にはホント簡略な譜面とも言い難いものがあるだけだ、コレで充分吹く者毎に納得して吹いている、もし、コレを五線譜に採取しようとしても不可能だ、音程が、音と次の音とのつながりが、関係が、五線譜では表現するすべがない、
って、ことは、
五線譜から⇒尺八譜へ採取の際、に、も、言い得ることだ、
既に採取済の「愛のために死す」の尺八譜、今日は、さらに一工夫して生きた楽譜にスキルアップさせてみたい、

| | コメント (0)
|

2018年10月 8日 (月)

「秋空」

畑で大根の様子を写真に撮ったり、柿を撮ったりしていて、フッと感興が湧いたので、遮二無二吹き散らして、譜に化けさせた、
曲名を「秋空」としたが、別に秋の空がどうだこうだってわけじゃない、
名前なんぞなんだってかまわん、
が、今日はエエ天気ですなぁ~~~
この作業を終えたら、図書館へ軽四走らせようと思っとったが、もう11時半だ、出掛けるのは昼食後にしますわ、

Img058

Img059


| | コメント (0)
|

食えんバカ

明石にある兵庫県立図書館だが今日は休館日、三木市立図書館は開いている、出掛けてみようと思う、シャルル・アズナーブルの楽曲を探りたい、
手元に“ポピュラーソングのすべて1001“を持っているが、氏の曲は1曲だけしか載っていない、もっと知りたい、
もし、適当な楽譜集に出会うことが出来たら、ひょっとしたら、しばらく没頭することになりそうな予感がある、

我が家の渋柿の実が黄色くなってきた、
ここ数日中に採って干し柿段取りしようと思う、

大根の種を撒いたのだったが、だいぶ大きくなった、
たびたび間引いて間引き菜を食べていたが、間引く都度妙な気がする、可哀そうだなぁ~、と、
大きくなった苗を残し、周辺の小さな苗を間引き採る、そうしないと、大根は育たない、
間引き採ったのは捨てない、おかずに食べる、
残った苗はやがて大きく育って太い大根になる、コレもやがては食べられる運命だ、

果実や、野菜や、そこらじゅうの命あるアレコレが、食膳を賑わす、
魚や、鶏卵や、牛や豚…
あったりまえのことながら、変な感傷に浸っている、

さぁ~今日も一日、頑張ろう!!!
1日1曲、あらたな命を生み出す、の、気持ちが、今のわたしを支えている、
なんと、大げさな…
バッカじゃなかろうか、イヤサ、わしゃ、ホンモノのバカに違いない、
それも食えんバカだ!!!

Pa0801012

Pa0800982
以前は、畑にはアレコレ植えてあった、生き生きしていた、が、今はこの始末、

| | コメント (0)
|

2018年10月 7日 (日)

腹が減ってシンドかった

台風一過、今朝はホボ無風状態、窓から酔芙蓉の花を観ているが葉も花も微動だにしない、
手入れが不十分なので、庭を歩くと蜘蛛の巣にとらまえられる、蜘蛛の巣の糸が掛かっていそうなあたりを行く際は腕を振り回しながら行く、あの強風にも、蜘蛛の巣は千切れたり壊れたりはしていない、ものすごい耐久力だ、糸が細いのですよね、細くて強い、
あぁ~、相撲の力士は短命だそうですね、横綱で長生きした人は少ないとか、強いけれど弱い、鍛えすぎるとヤバイ、余裕がほしい、
…プロスケーター・フィギュアスケートの織田信成さんが、すばらしい演技で観客を魅了したようですね、彼って、どこか余裕がある、スケールが大きい、コレが観客を魅了する、

9月まで全国数か所で、「ターナ風景の詩」展があったそうな、ターナは150年ほど前の英国の風景画家、波を描くのが得意だったらしい、嵐の海で揺れる蒸気船のマストに身体を縛り付けて波を観察したりしたらしい、代表作に「難破船」ってのがある、今朝の日経紙・16・17面に大きく掲載されていた、
波は、画家にとって魅力的な画材のようだ、筆頭は北斎の「冨獄三十六計」、日経紙7面にクーベルと言うフランス画家の「波」も載っている、ターナーから70年ほど後のお方だ、
時化た海の大きな波が描かれているが静かだ、既に写真技術が発達し、写真で撮ったのを絵にしたらしい、きれいな絵だが、止まっている、

最終面(32面)・私の履歴書に連載中のバイオリンニスト・前橋汀子氏の連載第7回目を読んでいたら、指導を受けていた斎藤秀雄先生から「…バイオリンは道具に過ぎない、大切なのは音楽の本質を伝え聴かせることだ、コレを忘れるな!!」と、幾度も聞かされた、と、あった、上述ターナーとクーベルの絵に対する向き合い方に思いが走る、


今日も、ナニかして隠居のヒマを潰すことになる、
見栄っ張りのエエ格好のなかで過ごそうとは思わない、
と、なると…
またまた、尺八の滅滅茶苦茶吹きが、わたし相応の過ごし方かと思う、

日々の食事は、最近、かみさんに代わってわたしがホボ(用意)万端代行しとる、
油断していたら、米や、パンが無くなってしまった、買いに行かねばならん、
なんで、日に3度も食事するのだろう…
試しに、昼食を摂らずにいたら、腹が減ってシンドかった、
難儀なことだ、

| | コメント (0)
|

2018年10月 6日 (土)

「神の手」


Img057_2

コレだって、曲と言えば言えなくもない、例によって気ままに吹いて譜取りしただけ、

さて、いつも変な曲(?)バッカシ吹いていると、気が狂うから、まともなのも時には吹いたりしないとダメだ、
森進一の歌に「花と蝶」ってのがある、彼が歌うとせかっくのすばらしい曲が汚れるような気がしてわたしはスカンのだが、ユーチューで偶然にバイオリンニスト・前橋汀子氏が弾くのを聴いてイタク感動した、このお方のバイオリンはすばらしい、
で、さっそく五線譜を探し出して、尺八譜へ採取し吹いてみた、
前橋汀子さんは、少し編曲して弾いておられる、この編曲がまた素晴らしく、コレも耳コピで採ってみたが、尺八で吹くにはイマイチだった、尺八には尺八の特性を生かす工夫があってしかるべきかと思う、とか言うても、わたしにそんなこと出来ようはずもない、が、とにかく吹いてみたのでココにアップする、

「花と蝶」

| | コメント (0)
|

彼にも、一句与えたまへ!!!!

大阪富田林署逃亡犯「樋田淳也」30歳は自転車で日本一周ですか…
48日の旅だったらしい…
どんな生い立ちだったのだろう???
かみさまは、酷なことをなさる、彼のことをホッタラカシになさったような気がする、
ナニが彼をこのような生き方に追い込んだのだろう???
犯した罪の数々のこと、もっと知りたいですなぁ~~~、

ひょっとしたら、犯してきた犯罪の数々は、彼自身が、生き続けるためにどうしても必要なことだったのかも…
道の駅で弁当やパンを盗もうとして捕まっとる、所持金は280円だったとか…
コレって犯罪かな???
犯罪には違いない、
が、かみさまはこの時も見ないふりをなさった、パンをお与えにならんかった…
かみさまのなさることに間違いが在ろうはずがない、
が、しかし…

因果という言葉がある、輪廻と言う言葉も…
大宇宙は現実に存在し、そこに命がやどっている、すべての命は、生まれて、そして死ぬ、グルグル回って、生まれたり死んだりする…

常不軽菩薩は今どこをホッツキ歩いているのだろう、
この菩薩は、出会う人ごとに、「あなたは尊いお方です」と、敬い礼拝なさったという、
会う人ごとに、「あなたは必ず菩薩の道を行じて仏になられるお方です」、と、いわれたらしい、

わたしも、小さな艇で単独日本1周航海をしたことがある、
思えば雑念・雑念のなか、社会から軽んじられ過ごし来たった末の現実逃避の中での出来事だった、決して奇麗で純な気持ちで行ったことではない、きれいな気持ちで、小舟で、日本列島単独周航なんぞとても不可能だ、と、いうてよかろうかと思う、
の、なかでの周航を終え母港に帰港し、気が抜けたような気持ちの中にあったとき、友人OMからメールが届いた、句が添えてあった、

 涼風や
 神舞(かみまひ)のごと
 帰港せり         清臣

この句が、心臓に突き刺さった、
 そうかぁ~~
 知らんかった
 神様の掌の中で漂っていたのかぁ~~~~

神よ!!!
彼にも、一句与えたまへ!!!!


| | コメント (0)
|

2018年10月 5日 (金)

輝け!!!! その二「空を見上げて」

「空を見上げて」修正譜

今、試し吹いて、一気に修正しました、
まったく別の曲になったようにも聴こえますが、わたしには、同じ曲です、
曲想がってことですがね…
ヤッパ、実際に竹吹きながら作らないと、感じがイマイチ掴み採れんってことですわ、

Img056


| | コメント (0)
|

輝け!!!!

秋が深まりつつある、夜明けは遅く、夕方のお日様はツルベ落とし、
長年釣キチやってきたので、空を見上げる習性が身体に沁みついている、
空を、見上げて、見上げて…、歳食った、
わが人生を反省する気はない、
悔やむことバッカだから、反省なんてもう無駄なこと、今さらどうしようもない、
が、が、どうしてこうも物憂いのだろう???

楽しい、明るい曲を作曲してみたい、
が、ソレ、どうしてもデケン、

アップの「空を見上げて」だが、さきほど庭へ出て空を見上げてみたが、ナア~~ンも見えんかった、
夏なら、もう夜が明けている、が、未だ夜の闇、

未だ試し吹きしていない、
試し吹いたら、キット、不満がウワ~と湧いて、手直し、手直しで、別の曲になってしまうと思う、
そうなったら、このアップ譜は削除する、
って、ことは…
この譜は短命なめぐりあわせの中、
寸時の命よ!!!
輝け!!!!

「空を見上げて」

午前11:10 削除し、修正譜を次のボログにアップしました、

| | コメント (0)
|

2018年10月 4日 (木)

「秋雨」

台風25号はまだ遠い、が、濃い曇り空、朝方から少し雨模様、降ったりやんだり…
の、なか、今日は体調が良いのかかみさんが、久しぶりに庭へ出て草むしりをしている、
それを、仏間からガラス戸越しに観ている、
嬉しくなって、そのままを譜に採ってみたのである、

Img054

| | コメント (2)
|

危機アレコレ

先の21号台風襲来時の関空連絡橋へ大型船が走錨事故を起こし衝突したのを受けて、対策が練られ始めたようだ、今朝の日経に関連記事が載っていた、
 風速20メートルの場合(予想される場合)は、錨の鎖の伸出量は水深の3倍+90m、
 風速30メートルの場合は、水深の4倍+145m、
が、必要だそうな、9割以上これから下回っとる、と、ある、

インドネシアの地震・津波では、同国が設置した津波観測用のブイがすべて作動しなかったらしい、予算不足で維持管理がデケンかったためだとある、死者1400人を超えている、

ノーベル賞がらみで癌治療薬・オブジーボが広く知られるようになった、コレも今朝の日経にあったのだが、更に進んだガン新薬が開発中だそうな、CAR-Tという薬らしい、

第4次安倍改造内閣の話題が、これからしばらく続くことになるのだろううなぁ~~~、
新閣僚らの過去探り、や、失言のことなど、など、
が、トランプ氏はナニ言われても馬の耳に念仏みたいだ、コレ政治家の鏡ってことかな、

わたし、バカ遊び(作曲のまねごと)だけれど…
公害というか、自宅害というか…
尺八を無茶苦茶吹きするところからスタートしますのでね、
コレが毎日毎日ですのでね、
かみさんの神経が耐えきれないようですわ、
まことに残念ながら、もう限界に来ていましてね、頓挫の危機にあります、
で、
対策を講じつつありますが…効果があるかどうか???
対策ですが、FinaLe(作曲ソフト)の活用を考えています、
すでに、試しているのですが、尺八無茶吹きの方がわたしには断然優れている、便利だ、発想をごく自然に吹き確かめることがデケル、
作曲(?)は、微細な心の動き、感情の揺らぎをどう捉えるかが、肝要だと思う、
ココが、人工頭脳(FinaLe(作曲ソフト)ではダメだ、
使い方がわかっとらんってことに尽きるが、オモロナイ、

| | コメント (0)
|

2018年10月 3日 (水)

「凪の海で」

「海若」に少し気にいらない箇所があり修復してみたが、ナンカ変だ、どうしてもナンカ気にいらない、で、バカバカしくなって、何の気なしにデタラメ尺八吹いていて、フッと思って手早く譜に採ったのがコレですわ、
もう、考えないのだ、そのままに書き直して試し吹いてみた、

Img052

| | コメント (0)
|

「海若(わたつみ)」

万葉集第三巻に瀬戸内海・播磨灘を謳った短歌がある…

海若(わたつみ)は 霊(くす)しきものか 淡路(あはぢ)島 中に立て置きて 白波(しらなみ)を 伊予(いよ)に廻(めぐ)らし 座待月(ゐまちづき) 明石(あかし)の門(と)ゆは 夕(ゆふ)されば 潮(しほ)を満(み)たしめ 明けされば 潮を干(ひ)しむ 潮騒(しほさゐ)の 波(なみ)を恐(かしこ)み 淡路島 磯隠(いそかく)りゐて 何時(いつ)しかも この夜(よ)の明けむと さもらふに 眠(い)の寝(ね)かてねば 滝(たぎ)の上(うへ)の 浅野(あさの)の雉(きぎし) 明けぬとし 立ち騒(さわ)くらし いざ児等(こども) あへて漕(こ)ぎ出(で)む にはも静(しづ)けし


久しぶりに、岩波文庫・万葉集を取り出し、付箋のページを再読した、いつかコレを作曲してみたいと思っとった、
例によって、無茶苦茶流だけれど、播磨の海の曲を創ってみよう、
音楽のコト、ナァ~ンも勉強せぬまま油断油断で、気が付いたらこの歳だ、
もう開き直るしかない、

Img053

今、試し吹いたら、気にいらない箇所があった、で、先にアップのトイレ替えました、
12時53分、

試し吹きつつ、気がチョイ他へ遊びに出て、
ナンジャソレ!!!
で、別の曲を連れて戻った、
それも、ついでにこの後アップしてみようかと思う、

| | コメント (0)
|

2018年10月 2日 (火)

小鳥の鳴き声

片山さつき氏の入閣が固まったとか、ネットニュースに出ていますね、
スッゴク頭の良いお方らしい、幼いころから天才で知られたお方だとか、
周囲の者らが皆馬鹿に見えるのだろうなぁ~~~、
天才、秀才は、ナニかの学術的研究者になられたらエエと思う、政治家にはバカの方が向いているような気がするがどうなのだろう???

家島諸島に坊勢(ボウゼ)って島がある、ここでカラスミが特産品として売り出し中だとか、これもネット・ニュウース、
チョウザメの卵のキャビア、サケ・マスの卵のイクラ、ニシンの卵のカズノコ、タラの卵のカラシ明太子、そしてボラの卵のカラスミ、
わたし、未だに、カラスミだけは一度も食べた経験がない、
魚の肝も珍味だよなぁ~、
アンコウの肝、ハギの肝、ホシザメの肝…播磨灘でホシザメを偶然釣って、この肝は絶品だった、
瀬戸内海にはボラはぎょうさん居ますわ、播磨灘にもムチャクチャ仰山居る、が、釣り人らは敬遠してあまり釣りたがらない、釣趣がいまいちなのだよなぁ~~、
偶然釣れたりすることもあって、わたしは、刺身で食べるが、白身でスッゴク美味しいよ、が、料理が大変だ非常に難しい、話すと長くなるから詳しく話せないのが残念、
坊勢のカラスミ、食べてみたいなぁ~~、

今日の播磨灘は鏡のようなベタ凪だと思う、
フグ釣りシーズンになっている、
が、わたし、今日は先日撒いた大根の芽がだいぶ大きくなってきたので、コレの間引き作業をしようと思う、海へは出ない、できるだけ自宅から離れないようにしとる、

午前9時に歯医者予約してあって、入れ歯・二回目調整のつもりだ、少し粘っこいオハギを食べたら上あごの方の入れ歯がオハギにクッツイテ外れてしまった、いつも口の中でカラカラ動いているような感じがあって、賑やかではあるがもう少し静かに落ち着いた態度であって欲しい、

チッ・ギジギジ、チッ・ギジギジ、と、鳴く小鳥の声が先ほどからずっと聞こえている、姿は見えない、なんて名の鳥だろう???
小鳥の鳴き声は、楽譜に採り辛いですなぁ~~~、あたりまえのことながら彼・彼女らは五線譜では唄っとらん、
が、間違いなく、唄っとる!!!
(シジュウカラかもと思っとります、向かいが小高い林なので野鳥がやたら多いのです)

ウヌ!!!
ノーベル賞???
波平には関係ない話だなぁ~~~
否、そうでもない、
オブジーボにはエッカクお世話になっとる、

| | コメント (2)
|

2018年10月 1日 (月)

「ビオラ」

ビオラという名の小さな可愛らしい草花がある、
今、鉢に植えると、冬~春まで、賑やかに花壇を彩る、
株毎に七色あって、取り合わせを脳裏に描きながら植える、今日かみさんがどうしても植えたいというから、ホームセンターに連れて出て買ってきた、
ひとかぶ70円だった、15株買った、

何色のビオラを買おうか、と、真剣に選んでいる痩せこけたかみさんを観ていて、ワシャ妙に切なくなった、
帰宅し、この気持ちをそのまま楽譜に書き取ったつもりだが、どないじゃろう???
楽譜を書きつつ、冬が観え、春が見えたような気がした、
無茶苦茶流の作曲も、ココまでくれば現世の突き当りだろうか???

アァ~、この曲は、尺八では吹奏不可能ですわ、音域が広すぎます、
が、頭の中では鳴っていて、ハショルことがデケンかった、
試し吹きもデケン曲を創ったって、どうしようもないがヨォ~~~

しかたがないから、MIDIファイルしてみた、
どうじゃろか、お聴きいただくことデケルかな???
画面を下に追ってください、2ページ目にアップしています、

Img046

Img047_2

「ビオラ」のmidiです
「20181001.mid」をダウンロード


| | コメント (0)
|

「嵐明の朝」

台風24号が去って、静かな朝を迎えた、
こんなこと言うて、台風被害に難儀なお方も多いのに…

愛犬・春子と朝の散歩、帰宅して、今日の1曲書いてみた、

台風ってのは、生命体そのものですよねぇ~~
生まれ・育ち・大きく大きく動きまくり、老いて、亡くなる、
楽譜を書きつつ強くこのことを想った、

楽譜は一気に書きます、考えると想いが汚れてくるような気がするから、
曲自体の出来不出来は考えないことにしている、
考えたって、わたしのチカラではどうにもならんことだ、

今日は、病院受診日、わたしじゃない、わたしは車のアッシークン、
台風が去ってよかった、暴風雨のなかだったらどうしようかと思っとった、

あぁ~、未だ試し吹きは出来ていない、
尺八吹くのは朝8時以降からに決めている、今は、未だ早すぎる、

Img044


Img045

| | コメント (0)
|

« 2018年9月 | トップページ