« 「ビオラ」 | トップページ | 「海若(わたつみ)」 »

2018年10月 2日 (火)

小鳥の鳴き声

片山さつき氏の入閣が固まったとか、ネットニュースに出ていますね、
スッゴク頭の良いお方らしい、幼いころから天才で知られたお方だとか、
周囲の者らが皆馬鹿に見えるのだろうなぁ~~~、
天才、秀才は、ナニかの学術的研究者になられたらエエと思う、政治家にはバカの方が向いているような気がするがどうなのだろう???

家島諸島に坊勢(ボウゼ)って島がある、ここでカラスミが特産品として売り出し中だとか、これもネット・ニュウース、
チョウザメの卵のキャビア、サケ・マスの卵のイクラ、ニシンの卵のカズノコ、タラの卵のカラシ明太子、そしてボラの卵のカラスミ、
わたし、未だに、カラスミだけは一度も食べた経験がない、
魚の肝も珍味だよなぁ~、
アンコウの肝、ハギの肝、ホシザメの肝…播磨灘でホシザメを偶然釣って、この肝は絶品だった、
瀬戸内海にはボラはぎょうさん居ますわ、播磨灘にもムチャクチャ仰山居る、が、釣り人らは敬遠してあまり釣りたがらない、釣趣がいまいちなのだよなぁ~~、
偶然釣れたりすることもあって、わたしは、刺身で食べるが、白身でスッゴク美味しいよ、が、料理が大変だ非常に難しい、話すと長くなるから詳しく話せないのが残念、
坊勢のカラスミ、食べてみたいなぁ~~、

今日の播磨灘は鏡のようなベタ凪だと思う、
フグ釣りシーズンになっている、
が、わたし、今日は先日撒いた大根の芽がだいぶ大きくなってきたので、コレの間引き作業をしようと思う、海へは出ない、できるだけ自宅から離れないようにしとる、

午前9時に歯医者予約してあって、入れ歯・二回目調整のつもりだ、少し粘っこいオハギを食べたら上あごの方の入れ歯がオハギにクッツイテ外れてしまった、いつも口の中でカラカラ動いているような感じがあって、賑やかではあるがもう少し静かに落ち着いた態度であって欲しい、

チッ・ギジギジ、チッ・ギジギジ、と、鳴く小鳥の声が先ほどからずっと聞こえている、姿は見えない、なんて名の鳥だろう???
小鳥の鳴き声は、楽譜に採り辛いですなぁ~~~、あたりまえのことながら彼・彼女らは五線譜では唄っとらん、
が、間違いなく、唄っとる!!!
(シジュウカラかもと思っとります、向かいが小高い林なので野鳥がやたら多いのです)

ウヌ!!!
ノーベル賞???
波平には関係ない話だなぁ~~~
否、そうでもない、
オブジーボにはエッカクお世話になっとる、

|
|

« 「ビオラ」 | トップページ | 「海若(わたつみ)」 »

コメント

メシアンに「鳥のカタログ」という作品があります、

投稿: 久我山散人 | 2018年10月 3日 (水) 05時40分

久我山散人さん

ありがとうございます、
さっそく、ユーチューで聴いてみました、
なるほどなぁ~~~

が、フト思いました、
ヤッパ、超難しいと、
演奏されている鳴き声は、音として聴こえる、これは音楽とは言えないのでは???

音楽ってのは、ヤッパ、人の心の問題ですかなぁ~~~
なんちゃってdown

投稿: 隠居波平 | 2018年10月 3日 (水) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ビオラ」 | トップページ | 「海若(わたつみ)」 »