« 輝け!!!! その二「空を見上げて」 | トップページ | 「神の手」 »

2018年10月 6日 (土)

彼にも、一句与えたまへ!!!!

大阪富田林署逃亡犯「樋田淳也」30歳は自転車で日本一周ですか…
48日の旅だったらしい…
どんな生い立ちだったのだろう???
かみさまは、酷なことをなさる、彼のことをホッタラカシになさったような気がする、
ナニが彼をこのような生き方に追い込んだのだろう???
犯した罪の数々のこと、もっと知りたいですなぁ~~~、

ひょっとしたら、犯してきた犯罪の数々は、彼自身が、生き続けるためにどうしても必要なことだったのかも…
道の駅で弁当やパンを盗もうとして捕まっとる、所持金は280円だったとか…
コレって犯罪かな???
犯罪には違いない、
が、かみさまはこの時も見ないふりをなさった、パンをお与えにならんかった…
かみさまのなさることに間違いが在ろうはずがない、
が、しかし…

因果という言葉がある、輪廻と言う言葉も…
大宇宙は現実に存在し、そこに命がやどっている、すべての命は、生まれて、そして死ぬ、グルグル回って、生まれたり死んだりする…

常不軽菩薩は今どこをホッツキ歩いているのだろう、
この菩薩は、出会う人ごとに、「あなたは尊いお方です」と、敬い礼拝なさったという、
会う人ごとに、「あなたは必ず菩薩の道を行じて仏になられるお方です」、と、いわれたらしい、

わたしも、小さな艇で単独日本1周航海をしたことがある、
思えば雑念・雑念のなか、社会から軽んじられ過ごし来たった末の現実逃避の中での出来事だった、決して奇麗で純な気持ちで行ったことではない、きれいな気持ちで、小舟で、日本列島単独周航なんぞとても不可能だ、と、いうてよかろうかと思う、
の、なかでの周航を終え母港に帰港し、気が抜けたような気持ちの中にあったとき、友人OMからメールが届いた、句が添えてあった、

 涼風や
 神舞(かみまひ)のごと
 帰港せり         清臣

この句が、心臓に突き刺さった、
 そうかぁ~~
 知らんかった
 神様の掌の中で漂っていたのかぁ~~~~

神よ!!!
彼にも、一句与えたまへ!!!!


|
|

« 輝け!!!! その二「空を見上げて」 | トップページ | 「神の手」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輝け!!!! その二「空を見上げて」 | トップページ | 「神の手」 »