« ご遺族の大きな愛を感じます | トップページ | 「豊洲」市場の誕生を祝って、 »

2018年10月11日 (木)

250円のコーヒーが超美味しかった

トランプ氏が25パーセント嫌いになったと言うた米国のシンガーソングライターのテイラー・スウイフトさんの曲を昨日からユーチュー検索で聴きまくっていましてね…
彼女は28歳の超美人だ、身体をくねらせて極めてエッチな歌詞を歌う、今年の曲・End Game(エンド・ゲーム)なんぞは、コレ音楽かな、と、思ってしまう、エクスタシー賛歌の曲か??? が、音楽なのだよねぇ~~、1日でユーチュー再生800万回だそうな、
こんな彼女が、トランプ氏を批判しとるのですよね、で、トランプ氏は25パーセント彼女が嫌いになった、と、言うた、完全に敵に回すとヤバすぎる、ってことかな、

わたし、彼女の曲のドレかを尺八譜に採取して吹いてやろうと思っとるわけだけれど…
もう無理ですわ、彼女の曲はあの美貌とエッチ歌詞が中心だ、後期高齢者が歌うような曲じゃない、少なくとも、老人施設で吹いたって誰も唱和してくれないことデッタイ確実、お釈迦様も苦笑いだと思う、

一昨日ブログアップしたフランスのシャンソン、“シャルル・アズナヴールの曲「愛にために死す」”だけれど、コレはエエ曲だと思う、で、もっと彼の曲を探ってみようと15曲の五線譜楽譜を図書館で見つけてひと思案したけれど…コレも、もう、尺八譜への採取は止めますわ、フランスの国民性満載の曲で歌詞を邦訳したのを読んで曲を味わおうとするのは邪道だと思う、やめた方がエエ、

昨日は知り合いの近くにお住いの音楽爺さんT氏と出会ってしばらく楽しく過ごした、
T氏はわたしよりだいぶ年長のお方でひょっとしたら80半ばを過ぎていらっしゃると思う、往年の神戸ジャズ界のモダンボーイ、どんな楽譜でも初見で見事に弾かれます、ギターが特にお得意、氏のお話はチョットしたことがわたしには凄く参考になり勉強になる、

氏に誘われて、いっしょに音楽喫茶(寂れた商店街に1軒だけ素人の音楽好きが集う店がある、250円でコーヒーを注文する必要がある)へ行きましてね、略1時間楽しんだ、
軽口叩きながら聴いているのだが、大きなアンプでガンガン音を響かせての演奏だ、けっこう大きな声で話しながら聴いていてもデンデン演奏の邪魔にはならん、
わたし、フト気付きました、T氏の身体が動いている、と、
その身体の動きが実にサマになっとる!!!
スウイグしとると言うのかな…、
否、時に間違いがちな素人楽団の演奏だ、氏はこの演奏の微かな間違い(特に拍子)を自分の身体で無意識に修正しながら聴いておられた、
が、辛抱しきれなくなったようで、氏は持参してきた袋からマラカス(手にもって振ると中に入れてある砂などがシャカ・シャカと鳴るリズム取りの楽器)を取り出し演奏にあわせて鳴らし始めた、演奏者の一人が顔を上げて氏を観て、気合を入れなおした、
コレをきっかけに、演奏が冴えはじめたのがわたしにも判った、
この後、わたし、氏に請うて、拍子取りのコツを教えていただいた、
250円のコーヒーが超美味しかった、

|
|

« ご遺族の大きな愛を感じます | トップページ | 「豊洲」市場の誕生を祝って、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご遺族の大きな愛を感じます | トップページ | 「豊洲」市場の誕生を祝って、 »