« 「愛にために死す」「柿の実採り」 | トップページ | 250円のコーヒーが超美味しかった »

2018年10月10日 (水)

ご遺族の大きな愛を感じます

わが家は、住所は“自由が丘ウン丁目ウン番地”ですが、丘状の団地の最も低い位置でしてね、以前は蝮(マムシ谷)と呼ばれていたようだ、
住まうようになって40数年経ちますが、向かいは小川を挟んでこんもりした雑木林で、野鳥がやたら多い、キツネやタヌキそして野兎などをたびたび見かけたが、さすがに最近は見かけなくなった、ヘビが庭に大きな顔で座って居たり、雉が庭先で大声で鳴き、肝をつぶしたり…
雑木林と小川の間はすべてタンボだったから、蛙の合唱がすごかったなぁ~、
カラスがいつも雑木林からわが家の様子を観ていましてね、名前を付けたりしていたが、
最近住まいを変えたようだ、カァ~太郎一家はドコへ行ったのだろう、

狭い庭に、果樹をイロイロ植えていましてね、このためか最近は蜘蛛の巣がやたら多い、毎朝、玄関郵便受けに朝刊を取りに出る際は、蜘蛛の巣を払いながら出ます、蜘蛛をやっつけてしまいたいが、ソレがデケン、逆です、苦労して作ったに違いない巣を壊してしまってゴメンねって感じで出来るだけ巣を壊さないよう注意しながら新聞朝刊を取りに出ます、
いつ頃からかわが家は朝刊だけの購読になった、年金生活者ですのでね、

動物園で飼育員が死亡、
が、ホワイトタイガーは死亡した飼育員の遺族の意向で殺処分をせず飼育を続けることになったそうな、
御遺族の大きな心を感じます、こんなご遺族を持つ飼育員さんがお亡くなりになった、惜しいことですなぁ~~、

魚釣りですが…
今の時期は、播磨灘ではフグ釣りシーズンです、
大きなショウサイフグが釣れます、イロイロな種類のフグが釣れますが、トラフグとショウサイフグしか持ち帰らない、
釣ったのは、その場(海)でサバキ、食べても安全な部位だけを持ち帰ります、
〆る際、フグは声を出して泣きます、グゥ・グゥと、
それを手早くサバキますが、1尾当たり3分とかからない、否、1分弱かな…
あっと言う間に、頭も、尻尾も、皮も、内臓も、剥ぎ取り切り捨てて、白い身だけを取り残します、わたし、今までに何尾の命を頂戴してきたのだろう…

ご遺族の大きな愛を感じます、
飼育員氏のご冥福をお祈りしています、

|
|

« 「愛にために死す」「柿の実採り」 | トップページ | 250円のコーヒーが超美味しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛にために死す」「柿の実採り」 | トップページ | 250円のコーヒーが超美味しかった »