« 「霜月十三日は小雨」 | トップページ | 「晩秋」 »

2018年11月17日 (土)

オタマジャクシ

楽しい豊かな曲趣がいつも湧き出る人生でありたい、
が、現実はなかなか厳しい、
今や、音の組み合わせ、テンポの取り方など等(楽理?)はホボ研究し尽くされ、コレを学びたいと思う者は多い、の、なか、ひょっとしたらわたし波平もその一人かも、
だが、残念ながら波平には、学ぶに足りる能力・素養が無い、貧弱すぎる、加えて歳取りすぎた、残念だ、残念だ、と、思いながら過ごす今日この頃だ、

が、が、が…
後期高齢隠居には人生残り少なくなった中ではあるが、余暇時間がタップリある、
コレを、愚痴・ボヤキだけで埋めるのはもったいない、
“愚痴・ボヤキ”を楽曲の形になし得ないか???
で、思い切って、毎日1曲作曲してみようかと思い立ったのだった、
無茶苦茶流作曲、
思い立って以来、今日も又、この中で生きようかと思っている、

愛妻が体調を崩していて、またまた、保養先別荘(?)へ出かけている、
わたしは、今、自宅でひとり朝食のつもりで食パンを千切り食っている、
食いつつ、今日の1曲を模索中、
自分の心の中を覗き、なんぞ音楽になり得る素材はないかいな、と、探している、
探しても、ナァ~ンも見つけられない、
が、生きているからは、無いはずは無い、デッタイにナニかある、コレを見つけるのが作曲の芯かもと思う、

で、とうとう見つけた、
この感興というか心の動きというか、の中に、オタマジャクシを放ってみる、
五線譜鉢のなかに泳がせてみる、
それを眺めて、わたしは、ひとり悦に入る、
ひょっとしたらエエ曲になし得るかも…と、
が、今日のオタマジャクシは泳がないのだよなぁ~~~
お陀仏寸前の体調のようだ、コレでは作曲に結び付け得ない、
今、午前6時チョイ前、
愛犬春子と一緒に千切り食ていた食パン、食い終えた、

この時間に軽四で走れば、かみさん保養中の別荘(?)まで30分とはかからない、
かみさんもボヤァ~としているに違いない、
様子を見に行ってみようと思う、
オタマジャクシ、泳いでくれくかも…

|
|

« 「霜月十三日は小雨」 | トップページ | 「晩秋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「霜月十三日は小雨」 | トップページ | 「晩秋」 »